Report

2014 JBCF 宇都宮クリテリウム

本年度から、実業団チームに加入し、JBCF開幕戦となる宇都宮クリテリウムへ参加したので初戦をレポート

大会名称/リザルト

大会名: 第1回 JBCF 宇都宮クリテリウム
レースカテゴリ: クリテリウム
距離: 29.7km(2.7km×11Lap)
クラス: E3
コース: Course Map

栃木県 宇都宮清原工業団地内

順位: 82位(142人中)
Time: 0:40:41.2
Top差:
平均速度: 42.3 km/h
 走行データ: Garmin Connect

レースレポート

今回は3連休の最期の日曜日に開催されるということで、レンタカーの手配が間に合わず(予約でいっぱいだった)、新幹線輪行で向う事に。受付が前日の土曜だったので、朝10時ぐらいから東京駅まで18km程ノンビリと走って輪行、東京からは新幹線の自由席で宇都宮へ。

東京から45分で宇都宮に到着。直後に既に到着していたチームメイトと駅前で人が並んでいるお店で餃子を食う。もっちりとした食感はとても美味しかった。

その後は、ライセンスコントロールの為に会場へ自走で移動。宇都宮駅から10km程度の距離にある宇都宮清原工業団地で試走して15時からライセンスコントロール。他チームメンバーとも合流しまして夜は宇都宮市内でメンバーと餃子。翌日レースだったこともあり、早めに就寝。

 

レース当日の日曜日、チームメンバーが朝一番の出走ということもあり、8時半ぐらいに会場入りして応援。自分は本年度から走るのでE3という一番下のクラスですが、E2という一つ上のクラスを見てその速さに驚く。さすがに宇都宮ブリッツェンがイベントに絡んでいることもあり、かなり多くのお客さんが入っていたので、走る選手はやる気が起きること間違いなし。
 
その後は少し他のレースも見ながら、ブースを見たり昼ご飯を食べたりと自分の出場レースに備える。E3クラスはJPTレースの後だったので、ほとんどプロの走りは見れませんでしたが、それでも少し垣間見えた彼らの走りを見ると恐ろしく速かった。恐らく自分が出ても1周回付いて行けないのでは?ないかというスピード。。。数段レベルが違うことが見ていても十分に分かる。。。

ホテルから会場まで自走してきたものの、大分と時間も空いたので、アップは近くの道路で10km程インターバルをかけながら実施し、いよいよ午後2時50分からのレースに向けて準備完了。今回のクラスには参加者が147名もいた関係もあり、危険と判断されたのか、ローリングスタートでの開始となるとのこと。

出走サインを終え、約1時間前の午後2時過ぎに並んだ位置的には前から5、6列目ぐらい。

号砲が鳴り、いよいよレーススタート。最初の周はローリングスタートと言いながらも40km/hオーバーで進む。

バイクからクラクションが鳴り、本格的にレースがスタートすると何人かが一気にペースを上げる。今回のレースは最終着順を争う形ではなく、11周する3, 5, 7, 9, 11の奇数周でのスプリントポイント順で争われるポイントレース。なので奇数周における位置取り、最終コーナーを回ってからの競り合いはJCRCには無い激しさだった。

最初は様子見をしていたこともあり、特にスプリントには絡まず30-50番手ぐらいの位置で走っていたが、3周目ぐらいの第2コーナーでいきなり落車発生。相当数がニュートラルで次の周に復活した模様。その後は徐々に番手を上げ、先頭を牽いたり、7周回目にはスプリントを狙いにいくも5番手?ぐらいで通過。これだけ人が多いとポジション取りと仕掛けどころというのが本当に大事なことであるのが良く分かる。

その後も先頭集団前方で走って最終周へ。第4コーナーを回って残り300m?ぐらいの最期のスプリント勝負というところで10番手ぐらいのポジション。なかなか良い位置でまさにこれから最後のスプリントという所で目の前の2名が落車。ブレーキをかけるも間に合うはずも無く、コケた選手へ突っ込みジャックナイフで自転車ごと一回転。そこには自分の後ろにいたチームメイトも巻き込まれてしまった模様。最終周ということ、自転車自体は何とか走れたので、そのままゴールまで走りって完走だけ果たす。

ということで、実業団に入っての初レースは最終スプリント手前の落車に巻き込まれて何とか完走という結果に。

落車でシフトが曲がった・・・・

帰宅前は首が痛くてムチウチになるのではと思ったけど氷でずっと冷やしていたおかげもあり、思ったよりも症状は軽くなった。帰りはチームメイトと晩ご飯を食べ、車に乗せてもらって無事帰宅。初の実業団レースでの収穫としてはE3であれば自分も着を狙う事が出来そうだと分かった事。JCRCとはレースに参加している人数、体の接触も多いことが大きな違いとして感じたところ。次回のレースでは、落車せずに無事に走りきれればと思う。

 

ピックアップ記事

  1. 宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  2. 秋葉街道縦断ライド
  3. さぁ、はじめよう
  4. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 2017 Spinneys Dubai 92 Cycle Challenge

関連記事

  1. Report

    【秋のしもふさクリテ in フレンドリーパーク下総】申込完了

    スポーツエントリーのページを見ていると、セオフェスなどが行われている「…

  2. Report

    「第27回ツール・ド・八ヶ岳」申し込み開始

    早いもので、あっという間に1年が終わろうとしています。と言う事で、第…

  3. Report

    2014 春のとりでクリテ

    昨日は春のとりでクリテに参加してきたので、レポートを。。【レース情…

  4. Report

    FUNRiDE presents 富士チャレンジ 200

    ちょっと遅くなりましたが、富士チャレンジ200に参加したのでレポートで…

  5. Report

    2014 (第29回) 全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍

    9月7日に開催された乗鞍ヒルクライムに今年も参加してきたレポートです。…

  6. Report

    【ヒルクライムチャレンジシリーズ2012 箱根TOYO TIRES ターンパイク大会】申込完了

    今度のレース申込は「箱根TOYO TIRES ターンパイク」で行われる…

コメント

  1. Snufkinさんがいよいよ遠い所へ行ってしまった感じです。でも本当はいつものSnufkinさんと何も変わらないのですよね。
    自転車にかける意気込みが羨ましくもあり、やや眩しくもあります。
    今回もこれからも落車の危険がついて回ると思いますので、くれぐれも最小の怪我で最大の楽しみを追及してください。
    無事之名馬なり!は自転車にも言えることなのではないかと思います。

    • Snufkin
    • 2014年 3月 24日

    >shimaさん
    自分としては特には変わってないのですが、徐々にステップアップしていった流れでここまで来てしまいました。。落車に関しては今回は不可抗力的な部分はありましたが、それでも位置取りなどを気を付けていれば巻き込まれなかった可能性はありますよね。良い意味で色々と学んで行ければと思ってます?。

    • シクロ
    • 2014年 3月 24日

    お疲れ様でした~^^。
    すごい人数のレースだったんですね。
    怪我がなくて何より。
    週末走り見れるの楽しみにしてます。土曜日見てきましたが、土曜のコースはまた別の意味ですごいですよ~!

    • state
    • 2014年 3月 25日

    落車に巻き込まれて一回転されたとのこと、大事にいたらなくてよかったです!今後も激しいレースが続くようでちょっと心配ですが、心配しながらブログ拝見します。

    • Snufkin
    • 2014年 3月 25日

    >シクロさん
    週末のコースはかなり狭いので、今度は安全に走りきれることを目標にしますよ。。。
    また金曜日お伺いする際にご連絡しますね?。

    • Snufkin
    • 2014年 3月 25日

    >stateさん
    どうもご無沙汰です。今回は1回転した割にはそれほど大きな怪我も無かったので大丈夫ですよ。巻き込まれることはあっても、巻き込まないようにはしたいと思いますけどね。またどこかで走りにいきましょうね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Trip Ride

    秋葉街道縦断ライド
  2. ロードレースの魅力

    さぁ、はじめよう
  3. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. Trip Ride

    宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
PAGE TOP