2011JCRC最終戦 兼 第4回KWMAX

【レース情報】
大会  :2011JCRC最終戦 兼 第4回KWMAX
距離  :10km
クラス :ファーストタイマー H (Xクラス/脚力認定)

【結果】
順位  :16位(23人中/DNF含)
タイム :0:17:46.871
TOP差 :01:46.745
平均時速:33.74km/h

2011年12月11日に開催された、JCRC(日本サイクルレーシングクラブ)主催の最終戦に参加してきました。場所は千葉県成田市近くのNATS(日本自動車大学校)です。

これまでのの経験は主にヒルクライムがメインでしたが、自転車仲間とトレインを組んで走る楽しさや下総での練習から、一度ロードレースに出てみたいと思うのがきっかけでした。本当はセオ・フェスティバルでロードレースを経験する予定だったのですが、直前に風邪を引いてしまい、あえなくダウンでDNSでした。

JCRCにはS,A,B,C,D,E,Fならびに女性やシニアの方々のクラス等があるのですが、初めて参加する方はXクラスで脚力認定を行い、その後自分の脚力にあったクラスに振り分けられるという仕組みです。

さて、実際のレースの方ですが車を持っていない自分はいつもレンタカーを借りて移動します。ただし自宅マンション近くは結構駐車違反の取り締まりが多いこともあり、且つ今回6時30分に開門、初めて参加ということで、朝早くに車を借りるのも難儀なので前日に車を借りて、横浜の万葉倶楽部で一晩過ごして現地入りしました。今回の敵はやはり体調。11月後半の風邪で2週間以上ロードバイクに乗れていないし、この日も咳が止まらない状況。かなり危うい状態でした。

さて、到着後に受付を済ませ、試走に向かいます。周りはいかにも百戦錬磨というような方々ばかりでどーなることかと思いながら、試走でアップをしていました。

舞台となったNATS

今回自分はファーストタイマーHというクラスで参加しました。1周1kmのコースを10周するんですが、実際のスタート前に周りから「国体選手」とか「S級」とかの声が聞こえてきて、「そんなレベルの高い人が初参加のクラスで一緒に走るの?」という感じでビビリまくりでした。

最初のコーナで落車続出

9時25分過ぎ、いよいよスタートです。自分は先頭から3番目ぐらい後の列からスタートしたのですが、いきなり飛び出した方々がいて、ついていくのか迷いましたが、そのうち落ちてくるのでは?最初から病み上がり(とうか病んでる状態)で飛ばすと後が持たないと思い、3番手グループの中でレースを続けていました。

今回思い知ったのですが、2週間以上ロードバイクに乗っていないと持久力が相当落ちていたようで、呼吸と心拍が相当キツかったです。後は練習不足もあり足がいつもと違って重い・・・・ 途中で前を引こうと頑張るもすぐに力つきて後ろに下がるばかりでした。ともかく心拍等もキツキツで最終ラップ、途中までは良かったのですが最後のコーナー前の下り坂で何人かに抜かれ、最終コーナーを回ってからも抜かれ、そのままゴール

関連記事

  1. 2019 JBCF 西日本ロードクラシック

  2. 2014 JCRCロードシリーズ第1戦 in ひたちなか

  3. 2015 浮城のまち行田クリテリウム 第4戦

  4. 2019 奄美大島チャレンジサイクリング

  5. 日本の蔵王ヒルクライム・エコ2013に参戦

  6. 2018 サロベツ100マイルロード大会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。