JCRC

2014 JCRCロードシリーズ第3戦 in 群馬CSC

本日はJCRCロードシリーズ第3戦 in 群馬CSCに参加するため、朝は3時起きでレンタカーを借りて現地へ。正直ここ2週間全くという程運動はしていないのに、食べる量は変わらず?または増えてしまってるので、体重増もそうだが、お腹周りがかなりポッコリ&脂肪が付き始めてきてしまった。。。
今日も朝から大量にカロリーを補給し、無事に現地へ7時半過ぎに到着。
20140413001.jpg
早速ローラーでアップを行い、試走に向うも時間的に試走が打ち切られていたところで、結局試走できず。。。
その後は、群馬CSCへと続く坂道でアップを行い、心拍を上げておく。2週間休んでいると心拍があっという間に上がるのには驚いた。。。その後招集時間に併せて並ぶも、いきなり後ろのチェーンが内側に落ちて絡まるというトラブル。。暫く外れない状況だったが、何とか直して列に並ぶともちろん最後尾だった。
コース概要
今回のコースは群馬CSCでこれまでも幾度も走ったコース。アップダウンが多く、ヘアピンチックなカーブもあり、中々走り応えのある1周6kmのコースで比較的好きな方。
gcsc_circuit.gif
レース編

1周目:ローリングスタートで、ヘアピンカーブを超えるところまでは先導するバイクの追い抜き厳禁でスタート。これはお決まりだが、本日はここまでに既に最後尾から前方へ位置取り成功。大きな動きも無く進むと最期の心臓破りの坂で、4-5人程抜け出て逃げるような形に。集団はそのまま少し距離を置いた状況で1周目を終える。
2周目:2周目も1周目とそれ程変わらない状況。逃げが前の方を走っているが、何とも微妙な距離。自分が前に出て先頭を牽くことも度々だったが、集団のペースはそれ程早くないので、逃げられるかなと思ったら、逆に前の方がペースを落としたようで、無事に吸収。
3周目:Zクラスが丁度重なって、非常に走りにくい混走状態へ。一気に右から巻くって抜いていったと思うとその後ペースが上がらずにDクラスが前に出れない蓋をされたような状態へ。Zクラスを利用して後ろに付いたり、前に飛び出すのは紳士協定に違反?するのか、皆後ろで少しストレスを溜めながら?走っている。ペースもそれ程上がらずにそのまま3周目が終了。。。
4周目:この周もタイミングが合えば先頭を走ることしばしば。心臓破りまでは集団の中で普通に走り抜く。心臓破りの坂で少しペースを上げた方がおり、その方にすかさず付いて最期頂上付近では交わして先頭でバックストレートの下りへ。ここで合図して後ろの方に先頭変わってもらったけど、JCRC賞が欲しかったのでホームストレート前で行く気満々だったら、前の二人が牽いたお礼か、自分がJCRC賞を欲していたのを察知したのか、自分に先頭を譲ってくれて無事にJCRC賞をゲット。
5周目:最終周もZクラスとの昆走状況で走りにくかったが、アタックも無く走り抜けて一気に心臓破りの坂までやってきた。ここでも決定的なアタックは誰もかけないので、自分も少し強度が高かったが最期の坂を我慢し、集団はいよいよ最期のスプリントへ備えることに。。。前回は早掛しすぎたので、今回は誰かが掛けるまではタイミングを見計らって待機。すると前に誰もおらず風よけが無い状況でスプリントが始まってしまった。こうなったら行くしか無いが、最期の最期で交わされて着外でゴール。
正直勝てそうな雰囲気はかなりあったので、ここで逃したのは痛かった。。。後、集団のまま走っていると思っていたら、1人だけ逃げていたことがリザルトボードを見て発覚。JCRC賞は1着ではなく、2着だった模様。。。
ただし、久しぶりに楽しくレースを最期まで走り抜けたのは良かったかなと。。。ただ、今日も自分の後ろでは最期のスプリント時に落車があったようなので、気を付けたいところだ。。。
その後は表彰式で1人だけ賞状ではなく、JCRC賞のタオルをかざして記念撮影。知り合いやチームメイトと談笑し、午後3時前に帰宅。その後バイクを洗車したのだが、どうもスピードのセンサーが故障したのか、測れなくなってしまった。ケイデンスは問題ないんだけど。。。暫く悪戦苦闘するも結局治らないので、ちょっと考えないと。。
2014 JCRCロードシリーズ第3戦 in 群馬CSC D-2クラス リザルト
順位        :9位(出走30人中)
Laps       :5
距離        :30km
タイム :0:50:15.595
TOP差 :0:00:11.687

平均時速:35.81 km/h

Garmin記録 

< td width=”92″ valign=”top” style=”margin: 0px; padding: 0mm 5.4pt; border: none; outline: 0px; font-style: inherit; vertical-align: baseline; width: 92.15pt;”>857 m

距離
29.88 km
タイム
50:11
平均スピード
35.7 km/h
カロリー
652 C
平均気温
14.5 °C
最高速
55.4 km/h
平均心拍
164
最高心拍
179
高度上昇値
552 m
高度ロス
558 m
MinElevation
MaxElevation
916 m
平均バイクケイデンス
88 rpm
最高バイクケイデンス
124 rpm
Lap
Time
Distance
Avg Speed
1
10:05.0
5.97
35.6
2
10:05.0
5.96
35.5
3
10:08.0
5.98
35.4
4
9:57.0
5.98
36.1
5
9:55.8
5.98
36.1

ピックアップ記事

  1. 秋葉街道縦断ライド
  2. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 1/2
  3. ゴールデンウィークに東北を巡る旅@秋田&青森
  4. 2017 Spinneys Dubai 92 Cycle Challenge
  5. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. JCRC

    2018 JCRCロードシリーズ第2戦 in 群馬CSC 

    JBCFのレースが伊吹山のヒルクライムだったことから、DNS。その代わ…

  2. JCRC

    2014 JCRCロードシリーズ第6戦 in 群馬CSC

    2014年7月12日、13日と群馬県のサイクルスポーツセンターで行われ…

  3. JCRC

    2013 JCRCロードシリーズ第2戦 in 日本CSC(伊豆修善寺)

    本日、2013 JCRCロードシリーズ第2戦 in 日本CSC(伊豆修…

  4. JCRC

    JCRCシリーズ第6戦in群馬CSC – 前日編

    この土日は、JCRCシリーズ第6戦in群馬CSCに参戦してきました。…

  5. JCRC

    2014 JCRCロードシリーズ特別戦兼クラブ対抗戦 in 群馬CSC

    2014年7月12日、13日と群馬県のサイクルスポーツセンターで行われ…

  6. JCRC

    2011JCRC最終戦 兼 第4回KWMAX

    【レース情報】大会  :2011JCRC最終戦 兼 第4回KWMAX距…

コメント

    • doroke
    • 2014年 4月 14日

    JCRC賞おめでとうございます。
    といっても、スナフキンさんのレベルからいうと、順位としても納得がいかないようですね。
    でも、2週間も自転車に乗らずに、このレース展開はやはりさすがだなあと感じさせられました。
    八ヶ岳ではどうぞよろしくお願いいたします。

    • Snufkin
    • 2014年 4月 14日

    >dorokeさん
    本当はソックスの方が良かったんですけどね?。体が重くて絞れてない割には走れた方かなと思うのですが、楽しく走れたのは良かったです。正直朝のSufferestのビデオトレーニングの方がキツい(笑)
    八ヶ岳、こちらこそ宜しくお願いします?。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. UCI GRAN FONDO WORLD SERIES &#…
  2. 2018 JBCF宇都宮ロードレース
  3. 2018 JBCF宇都宮クリテリウム
  4. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  5. ゴールデンウィークに東北を巡る旅@秋田&青森
PAGE TOP