Road Ride

奥多摩周遊風張峠+鶴峠ロングライド

昨日は初めての200km超えのロングライドに出かけました。檜原街道、奥多摩周遊道路を経て鶴峠、上野原、道志道、最後は尾根幹とアップダウンを含む走り応えのあるコースでした。
奥多摩周遊+鶴峠ロングライドコース(クリックすると大きな画面で見れます)
Course.jpg
自宅?武蔵五日市
朝4時に家を出て、多摩川沿いを稲城まで走ってそこからは久しぶりに多摩川サイクリングロードに入り、福生南公園まで進みます。その後武蔵五日市まで、緩い登り貴重な県道7号線を進んで行きました。朝の多摩川サイクリングロードはジョギングや犬の散歩など相変わらず人も多かったですが、稲城辺りから上はサイクリングロードも整備されており、道幅も下流よりは少し広いのでまだ走りやすいですね。でも長距離を走るということもあり、いつもと違ってかなり抑え気味のペースで疲れが溜まらないように走りました。
朝の多摩川サイクリングロード
P9150031.jpg
武蔵五日市駅
P9150032.jpg
武蔵五日市?風張峠
武蔵五日市駅前を左折するといよいよ檜原街道です。ここから奥多摩周遊道路を経て風張峠までは距離約33km、標高差が850m以上と登り貴重な道を進んで行きます。朝の檜原街道はまだ朝日が当たらずに暗い箇所と山の上の方が逆に朝日で照らされていて明るくなっており、明暗のコントラストが非常に綺麗でした。自転車に乗っている身としては、まだ日に照らされずに気温も低い状態だったので、非常に走りやすかったです。
朝の檜原街道
P9150033.jpg
檜原街道を進んで秋川渓谷を抜け、甲武トンネルと側との分岐点を奥多摩側へ進むといよいよ本格的な登りが始まります。この辺は意外と勾配もあって10%ぐらいの坂もいくつかありました。その後いよいよ奥多摩周遊道路を入ります。昨年来た時には料金所の後があったのですが、今は完全に無くなっていました。ここからは都民の森まで約3.3km程度なのですが、平均勾配が7.3%もあって中々ハードでした。
奥多摩湖周遊道路入口
P9150036.jpg
都民の森に着いて、暫く休憩。檜原街道を含めて自転車乗りに人気のコースだけあって、かなりの方々が休憩中にも登って来られました。都民の森ではソフトクリームを食べて、水分補給、ボトルにも補給して風張峠を目指します。
都民の森にあるオブジェ
P9150039.jpg
都民の森から風張峠までは約3km程で150m程登ります。ただし勾配はそれほどキツく無いので、これまで登ってきた道から比べるとかなり楽に感じました。風張峠を超えるといよいよダウンヒルの始まりです。まずは月夜見駐車場へ向かいます。ここで奥多摩湖の絶景をしばし眺めてから、奥多摩湖まで一気に下りました。
風張峠
P9150041.jpg
奥多摩湖
P9150047.jpg
奥多摩湖
P9150049.jpg
奥多摩湖?道志みち
風張峠からのダウンヒルで一気に下った後、そこから山梨県小菅村を経て有名な鶴峠を再度登ります。鶴峠は上野原方面から登ってくると結構な距離とアップダウンのある道であり、ある意味檜原街道と似ていますが、今回は奥多摩側から登ったこともあり、標高差はそれほど無かったのですが、勾配に関してはかなりキツかったです。鶴峠に至る道はまでは激しい勾配の地帯とフラットまたは若干下りを含む地帯が混ざっています。ちなみに登りだけに関して言うと、平均10%は超えており、一番キツいところで14.8%も勾配がありました。また九十九折が激しいので、インコースだとひょっとすると20%超えの勾配の場所があるかも知れません。距離的には5km程なので、意外と早く峠までは辿り着けました。
鶴峠まではコスモスの花が綺麗な場所がありました
P9150054.jpg
鶴峠
P9150056.jpg
鶴峠からは上野原市街まで下り貴重な道をダウンヒルと行きたいところですが、所々に登りの箇所もあり、また距離的にも少しありましたが10時半ぐらいには上野原市街のコンビニに到着し、早めの昼食を取りました。
鶴峠を下った辺はかかしが有名なのか、多数のかかしがありました。
P9150059.jpg
田舎の景色が心地よかったです。
P9150060.jpg
30分程度の休憩、ストレッチなどをこなして上野原から今度は道志道までまたアップダウンのある山道を進みましたが、ここでアクシデント。自分は左膝の半月板断裂しており、日常生活や自転車に乗っている分には影響がそれほど無いので医者とも話をして放置しています。その反面、左膝を無意識にかばってしまい、右膝のように体重をかけるということは中々しないのですが、ヒルクライム等の繰り返しで結構負担がかかっていたみたいで、膝自体ではなく過去に長い間かけて治癒した腸脛靭帯炎になるかも?的な違和感と痛みが出始めました。
これはマズいということで、痛みが出てからまずは自転車を降りてストレッチ、マシになったらまた自転車に乗って進むという感じで一気にペースダウン。道志みちまではこれまた登りメインのコースで膝に負担がかかり、何度も降りてはストレッチをするという繰り返しと、緩い勾配でもインナーローで負担がかからないように、ゆっくりと自転車を漕ぐ羽目になりました。途中で秋山温泉を超え、道志みちまではかなりの時間がかかったと思いますし、平均速度も一気に落ちました。。。唯一の救いは平地で漕ぐ分にはそれほど痛みが無かったので何とか家に辿り着く事だけを考えて走り続け、ようやく道志みちのコンビニに辿り着きました。
秋山温泉
P9150064.jpg
道志みち?自宅
道志みちに出てからは下り貴重なので、膝にはそれほど負担はかかりませんが、暫く乗っているとやはり違和感が出てくるので、たまに休憩して休み休み帰って来ました。特に最後の関門である尾根幹にも若干のアップダウンがあり、登りの度に膝に痛みが走らないように気を付けながら走りました。
稲城からは多摩川添いに走るだけでしたので、登りも無く若干の違和感がありながらも何とか無事に帰宅できました。膝が痛くなる前の上野原には午前11時前には着いており、帰宅が午後4時なので、後半の90kmぐらいを5時間以上かけたことになります。膝が痛くならなければ、休憩も少なくてもっと早く帰って来れたとは思うのですがしょうがないですね。
家に帰ってからは途中通り雨に振られたこともあり、自転車を綺麗に洗車、その後はシャワーを浴びて入念にストレッチとマッサージをしたのですが、夜に左膝周辺の違和感で何度も目が覚めました。少し体を休めてまた復活に向けて養生したいと思います。
【奥多摩周遊風張峠+鶴峠ロングライド】
距離     : 225.58 km
タイム    : 8:51:54
平均スピード : 25.4 km/h
カロリー   : 4,437C
平均気温   : 24.5 °C
最高速    : 62.8 km/h
平均心拍   : 128 bpm
最高心拍   : 160 bpm
高度上昇値  : 2,536 m
高度ロス   : 2,541 m
MinElevation  : -1 m
MaxElevation : 1,136 m
平均バイクケイデンス:72 rpm
最高バイクケイデンス:152 rpm

関連記事

  1. 奥多摩周遊+風張峠ロングライド
  2. チーム練と小山田周回
  3. ショップ朝練参加
  4. 藤野周遊ロングライド
  5. Mt.富士ヒルクライム試走
  6. 小川郷からプチヒルクライム
  7. 相模湖周遊ロングライド
  8. 稲城往復

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top Products

AQUADROP GLASS COAT PREMIUM

98.75

Buy NowRead Review

XeNTiS SQUAD 4.2 Tubular Carbon Silver Line, Standard / BLACK MATT

94

Buy NowRead Review

ギザ ナノ ブレーキライト ブレーキ連動リアライト

93.333333333333

Buy NowRead Review

BikND Helium Bike Case

90

Buy NowRead Review

UVEX sportstyle 104 vario

88

Buy NowRead Review

PAGE TOP