General Race

今週末はツール・ド・北海道

 今週末の9月14日?16日はツール・ド・北海道が開催されます。
今回の舞台はニセコを中心とした山岳を含むコースとなりますが、何と言ってもプロが走るコースの一部を市民レースとして走る事が出来るのが魅力の一つです。プロレースの観戦も楽しいのですが、今回はこれまでトレーニングを実施してきて、自分自身がどれぐらい走れるのか?という指標が欲しかったこともあり、この市民レースに申込をしていました。本当は秩父宮杯に申し込む予定だったのですが、申し込むのを忘れて受付終了になってしまっていたというオチはあるのですが・・・・
と言う事で、今回のツール・ド・北海道の市民レースもプロと同日開催となります。受付が9月13日ということもあり、自分は有給を使って金曜はお休み、移動とすることとしています。
レースに先立ち、先日市民レースプログラムが届きました。こちらには今大会のレギュレーションを含む注意事項なども記載されているのですが、ロードレースらしくバイクの重量規定等もあり、かなりこちらは厳しくチェックされるようです。開会式への参加が必須だったり、表彰式などはサンダル不可、出走サインなどJBCFやプロと変わらない受付ですね。
2013-09-11-22-07-41.jpg
今回の大会は市民レースとは言え、公道を使う日本では数少ないロードレースですから、パトカーの先導など含めてそれなりの体制で望みますし、これまたプロのような気分を味わえるのが魅力的ですね。以下のように隊列などの順番もきっちり決まっているようです。
2013-09-11-22-07-15.jpg
気になるのはやはり、足切り。以下のように通過時刻も基本はヒルクライムまでは集団に残っていることが前提の内容になっています。ちなみに足切りはBコーススタート地点となりますが、ここまでにも結構アップダウンがあるようですので、脚を残しながら頑張らないと。。。
2013-09-11-22-08-16.jpg 
実は今回申し込んだ市民Aは正直言うと今の自分にはひょっとするとまだオーバースペックな可能性もありますが、沖縄の市民210km完走するなら、この大会でもやはり足切されずに最低完走はしたいところです。コース的には87km程で獲得標高1,800mぐらいあり、且つ800m以上のヒルクライムを含むのでどちらかと言うとヒルクライム力が非常に求められるコース設定です。
登りに関しては、乗鞍含めてそれなりに頑張ってきたこともあるので、800mのヒルクライムまでは当然集団の中で残っていることが条件になるでしょうし、ヒルクライムもロードレースの中に入っていることを考慮すると、何とか先頭から離されても10分以内に抑えたいところですが、どうなることやら。。。ただ、それなりに練習もしてきたので、出場する以上当然一番上を目指して走ることは言うまでもありません。
一番悩ましいのは天気ですね。土曜から月曜までずっと雨マークが付いています。関東でも涼しくなってきているのに、更に寒い北海道で雨に降られながらのレースは中々に辛そうです。。。
飛行機輪行も初めてなので、色んなことを学べそうな週末になりそう。

ピックアップ記事

  1. 2019 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  2. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 2017 サロベツ100マイルロード大会
  5. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 1/2

関連記事

  1. General Race

    スーパーヒルクライム2011 in TOYO TIRES ターンパイク

    【レース情報】大会  :スーパーヒルクライム2011 in TOYO …

  2. General Race

    2013 Mt.富士ヒルクライム(レース編)

    2013年6月2日に開催された「富士の国やまなし 第10回Mt.富士ヒ…

  3. General Race

    「キングオブヒルクライム富士山」前々日

    日曜日「キングオブヒルクライム富士山」の大会に向けて、準備してきました…

  4. General Race

    【秋のしもふさクリテ in フレンドリーパーク下総】申込完了

    スポーツエントリーのページを見ていると、セオフェスなどが行われている「…

  5. General Race

    明後日は車坂ヒルクライム

    今日は朝からローラー予定でしたが、思いのほか調子が悪くて止めました。過…

  6. General Race

    スーパーヒルクライム2010 in TOYO TIRES ターンパイク

    【レース情報】大会  :スーパーヒルクライム2010 in TOYO …

コメント

    • shima(gnolo)
    • 2013年 9月 12日

    自転車をスポーツとして追求すれば、レースへのエントリーはごく自然な成り行きでしょうね。
    ツール・ド・北海道のように大きな大会へのエントリーを目標に自転車と関わる日常では、練習のし甲斐もあると思います。
    大人になると競技のような緊張する場面に出会うことが少なくなるので、その意味でもレースにエントリーするのは貴重だと思います。
    それにしても大きな大会になると、市民レースと言えども本物のプロのレースのような雰囲気なんですね。
    くれぐれも怪我などせぬよう、悔いのない走りをしてください。
    ご健闘を祈ってます。

    • Snufkin777
    • 2013年 9月 12日

    >shimaさん
    昔から一度初めてのめり込むと結構とことんやる性格のようなので、社会人である以上、仕事とのバランスを取りながらですが、楽めているのが何よりだと思っています。このようなレースはある程度のレベルでないと出場できないこともあること、またそのレベルであるからこその楽しさもあるので、せっかくの機会ですから楽んできますね。本当に天気だけが心配ですが・・・・
    とは言っても、あくまで趣味の延長なので無理はしないように頑張ってきます!

    • doroke
    • 2013年 9月 12日

    楽しそうです。いいよなあ北海道。
    やっぱり小さな自転車後進国の日本では、北海道の広大な土地くらいしかロードレースが出来ないですからね・・・あっツールド沖縄もあったか・・
    とにかくレース後のブログを楽しみに待ってます!!

    • Snufkin777
    • 2013年 9月 12日

    >dorokeさん
    今回はレースですが、北海道を走れるということ自体は楽しみですよね。
    今日は仕事が長引き、帰ってからの準備が少し手間取りました。輪行袋はセミハードなのですが、何とか収納が完了したところです。月曜日には戻ってくるのでまたブログアップしますね。では行ってきます?。

    • シクロ
    • 2013年 9月 13日

    こんにちは。もう受付を済ませたころでしょうか?
    こんなレースあるんですね。とても興味深く拝読させて頂きました、もっと練習していつかは出て見たいです。
    天気が心配ですがどうぞお気を付けて楽しまれてください。
    レポート楽しみにしてま?す。

    • Snufkin777
    • 2013年 9月 13日

    >シクロさん
    こんばんわ。昼の飛行機でしたので、千歳には2時前、レンタカーで移動して5時ぐらいに無事に宿につきました。受付もその後すぐに終わらせましたが、何だかんだと結構遠いですね。ただし信号がほとんどなく、森林や牧草地を走れる環境を目の辺りにするとやはり羨ましいですね。
    今回は雨のレースになる模様なので、来年もぜひ出れるよう頑張りたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

最近の記事

  1. ツール・ド・おきなわ 2019
  2. 2019 JBCF 石川サイクルロードレース
  3. 2019 サロベツ100マイルロード大会
  4. Niseko Classic 2019
  5. 信州〜会津へ絶景ライド
PAGE TOP