Report

第7回セオサイクル・サイクルフェスティバル (セオフェス)

セオサイクル・サイクルフェスティバルことセオフェスに本日参加してきました。場所は千葉県成田市にある下総フレンドリーパーク。ここは秋の下総クリテで入賞した縁起の良い場所です。
今回の参加クラスはJCRC-D・E相当と記載のあった「初級者」クラス。人数が多いので全部で3つの組に別れてのレースとなりましたが、自分は「初級者1組」で出走することとなりました。
【レース情報&形式】
大会  :第7回セオサイクル・サイクルフェスティバル
距離  :15km
クラス :初級者-1組
HP    :http://sunday-sunday.net/race/2012/1125seo/top.html
本日のレースが14時45分からと午後からだったので、レンタカーもいつもより遅めの9時に借りて、荷物を積み込み下総フレンドリーパークへ向かいます。途中高速のS.Aで昼食を取り、12時前ぐらいに無事到着。フレンドリーパークの駐車場は既にいっぱいのため、受付だけ済ませて今回は下総支所/旧町役場の駐車場に車を停めることとなりました。利根川河川敷の駐車場もあったのですが、下が舗装されているかの違いで下総支所側を選択したのは正解でした。というのもタイヤが泥で汚れない&ローラー台するのにも汚れないので何かと便利なのです。
PB250009.jpg
車から自転車を出して、再度公園へ向かいます。まだ時間があるので、公園内にあるブースや上級者のレースをしばらく楽しみました。本日は快晴ということもあって、芝生の公園でチームや家族でピクニック気分?のように皆楽しそうに過ごしていましたね。何とも平和な感じで良いです?。
PB250012.jpg
PB250026.jpg
PB250004.jpg
程なくして駐車場に戻って3本ローラーでアップを開始します。セオフェスは過去2度参加を申込んでどちらもDNSということで、今回初の参加だったのですが昨日から調子を崩しており、アップ中も少し咳が出ていやな感じでしたが、それほど追い込まずに30分脚を廻しました。その後はタイヤとホイールを先日購入した決戦用のFast Forward F6Rカーボンホイール + Continental Competition チューブラータイヤに換装し、いよいよレースモードに突入です。
PB250024.jpg
会場に戻ると「レース初参加2組」がいよいよ最終回を迎えており、「レース初参加3組」がいよいよ出走準備というところでした。その後「レース初参加3組」がスタートした後に、特にやることも知り合いもいないので、招集場所で待機していました。程なくして「レース初参加3組」のレースが終了し、いよいよ我らが「初級者1組」の出番。1.5kmのコースを10周の15kmで争われます。秋の下総クリテと同様に今回も無事前から2列目をGETです。
【初級者-1組レース】
レースが始まってクリートキャッチも無事に決まり、前から3番手ぐらいでレースを開始することが出来ました。1周目は特に大きな飛び出しも無く、難なく終了。2周目に入り、個人的にペースが遅いかなと思って、運動広場の辺で大外から一気に先頭へ。下りも併せて暫く先頭を走りましたが、ずっと惹いていると疲れるのでさっさと先頭交代。この後先頭に立った方と後ろにはスペースがあったので、少し2人での逃げの体制になった(多分この方は2人で逃げようとした?)のですが、自分の今の実力ではとても逃げれるような力は無いので、申し訳なく後ろに下がって集団に入りました。この方も一緒に逃げる相手がいないので、程なくして集団に戻られました。(なにぶん実力不足なものですみません)
その後はずっと同じような展開でたまにアタックが入るも直ぐに吸収を繰り返し、自分も運動公園から下って野球場の手前ぐらいまで何回か先頭を走らせてもらいました。ある程度前目でレース展開をしていたのですが、今回は極力他人の迷惑にならない走りをすることを心がけていました。もちろん好きで迷惑をかける人はいないのですが、特にカーブで膨らんだりせずに前の人のラインを極力キープすること、追い抜くときも右側から追い抜くなど基本的なことですが、今後JCRC等で走ることも考えて、結構意識しながら走ったつもりです。このおかげで、カーブなどは非常にスムーズに走れたのではないか?と思っています。後は積極的な声かけ。他人を罵るのではなく、「ラインキープ」、「右います」など自分と相手の安全を守る為の声かけのおかげで比較的個人としては安全に走れたと思っています。一方で意図的ではないにしても、かなりの角度で入って来られる方もいたので、少し怖かったです。
そしてレースは残り2周へ突入する時、野球場からの登りで右斜め前におられた方が、一気に左端に寄りました。正直この瞬間、絶対落車したと思いました。斜行というかツールとかで最後のアタックの際に後ろの選手を振り払おうと横にズレる動きそのもので、ブレーキを使わなければ前のタイヤに完全に突っ込まれていたと思います。この時は思わず「オイッ!」と声が出てしまいましたが、ともかくお互いに落車せず、無事に走れた事だけは良かったです。
レースは最終10周目になって、少しペースアップ。下総のコースは狭いので最終周は極力前目にいることが最後のアタックに挑戦できるかの分かれ道です。そういう意味ではかなり上手いレース展開ができて、野球場を回ったところでは大外3番-4番手ぐらいに位置することができました。そしていよいよ最後の登りが始まった所でアタック開始するも、右回りのインにいたのですが、前の選手が切れ込んで来たときに躊躇してしまい、少しペースダウン。その後何とかスプリントするも、不完全燃焼的なスプリント(下半持たず。。。)で、最後のゴールライン前で2人に交わされて何ともダメダメなゴール前のスプリント勝負でした。結果は10位。登りの前までの位置取りを考えると非常に残念な結果でしたが、これもレース。このような勝負を何回も繰り替えすことで色々とタイミングも含めて学べるんだろうと思っています。ともかく落車せずに無事完走できたので、最低限のノルマは達成したということで(本当は賞品欲しかった。。。)、今シーズン最後のロードレースが終了しました。残るは来週の箱根ターンパイクのヒルクライムのみです。こちらは昨年の記録を更新できるよう頑張りたいと思います!
本日ご一緒させて頂いた皆様、どうもありがとうございました。

第7回セオサイクル・サイクルフェスティバル 初級者-1組 公式リザルト
順位 :10位(出走:33人、完走:30人)
Laps:10
距離 :15km
タイム :22:50.802
TOP差 :00:01
平均時速:39.39 km/h
Garmin記録

距離
15.08 km
タイム
22:56
平均スピード
39.4 km/h
カロリー
310 C
平均気温
10.2 °C
最高速
52.7 km/h
平均心拍
160 bpm
最高心拍
177 bpm
高度上昇値
89 m
高度ロス
88 m
MinElevation
0 m
MaxElevation
13 m
平均バイクケイデンス
97rpm
最高バイクケイデンス
129 rpm
 
Lap
Time
Dist(km)

Ave/Speed
1
2:22.4
1.52
38.5
2
2:16.0
1.52
40.1
3
2.20.0
1.51
38.7
4
2:19.0
1.51
39.2
5
2:20.0
1.51
38.9
6
2:23.0
1.52
38.3
7
2:20.0
1.52
38.5
8
2:18.0< /span>
1.51
39.5
9
2:16.0
1.51
40.0
10
1:59.9
1.45
43.5
 
 
 
 
概要
22:56:2
15.08
39.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

上級者クラス:レースの模様(デジカメで取った映像を繋げました)

ピックアップ記事

  1. さぁ、はじめよう
  2. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. Report

    【2012 JCA 全日本ヒルクライムシリーズ】受付開始

    JCAが主催する2012年のヒルクライムレースの受付が開始されました。…

  2. Report

    2016 UCI Gran Fondo World Championship参戦記 – …

    2016年9月1日からオーストラリアのパースで開催された「UCI Gr…

  3. Report

    2015 JBCF 石川サイクルロードレース

    土日と福島県の石川町で開催された、第14回 JBCF 石川サイクルロー…

  4. Report

    第27回全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍 – 前日 

    8/25-26で乗鞍ヒルクライムに参加して来ました。昨年から2回目…

  5. Report

    2016 JBCFみやだクリテリウム

    前日のみやだ高原ヒルクライムに続き、翌日はクリテリウムにも参加したので…

  6. Report

    2016 JBCF 栂池高原ヒルクライム

    今週末は長野県栂池高原で開催された、栂池高原ヒルクライムに参加してきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  3. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. Trip Ride

    Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
  5. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
PAGE TOP