General Race

第8回セオサイクル・サイクルフェスティバル (セオフェス)

【レース情報&形式】
大会  :第8回セオサイクル・サイクルフェスティバル
距離  :15km(1.5km×10周)
クラス :初級者-2組
【コース】
 Shimofusa_course.jpg
  
セオフェスには過去4度申し込んで、今回が2回目の参加。
この大会は自転車店を営む、セオ・サイクルが企画、運営していることもあり、入賞者への豪華な賞品がとても有名だ。今年もJCRCのDクラスということで、レベル相応である「初級者」クラスへ参加してきた。
自分が参加するクラスは午後2時56分スタートと言うこともあり、朝はノンビリ。
10時にレンタカーを借り、家でバイクやウェアなどを積み込んで出発。日曜日の10時過ぎだったのだが、高速が全く渋滞しておらず、何のストレスも無く、そのまま大会が開催される千葉県成田市の下総運動公園へ到着。
既に公園駐車場が満車のため、利根川の河川敷にある臨時駐車場に停めて、バイクで公園まで行って受付を済ませる。ブース等は主には自転車の展示が多く、それほど今年は興味のあるものが無かったので、さらりと見てアップのために一度車まで戻る。昨日もだが、今日も秋晴れで雲一つない良い天気でとても気持ちが良かった。
会場内には沢山のブース&芝生の上でピクニック?
2013_Seo_Festival_0001.jpg
優勝商品は自転車。しかもかなり良い。。
2013_Seo_Festival_0002.jpg
13時30過ぎから軽くアップして、14時に再度公園へ移動。丁度初級者1組がコースインするところだった。その後は自分が参加する初級者2組だったので、そのまま一番前にバイク置いて位置を確保。その後公園内を歩いていると、ゴールデン・レトリバーを連れた大きな方を発見。「ん?これはブログで拝見したシクロさんでは?」と思い声を掛けてみると、やっぱりシクロさんでした。「今日のセオフェスでお会いしましょう」と挨拶をブログ上で交わしていたこともあり、レース開始までに少し談笑。
シクロさんは朝一番のレースだったそうですが、落車されたとのことでレース自体は不完全燃焼だったそうで結果的には残念だったようです。そうこうしている内に、招集がかかりました。シクロさんが一眼レフで写真を撮ってくれるとのことで、気合いが入る。
コースインする前にサイクルスポーツジャージを着ている隣の方が、「みんな初級者ですか?」と聞いている。後で知ったのだが、どうも本当にサイクルスポーツの方だった模様。
そんなこんなで、位置につきスタート。クリートキャッチと立ち上がりは自分で言うのもなんですが、パーフェクトでいきなりの先頭を引きます。下りきったところで先頭交代をして、まずは様子を見ながら走ると言う展開で1周目が終了。
2周目からももまだまだ集団に人が沢山残っている状況。
一度先頭交代をすると自分が入れる場所がかなり後ろになるので、後半は要注意だと思い、少し中切れっぽく空いたところに入る形を繰り返えす。。。。
自分的には少しペースが遅いと感じ、少し長い距離を右側から上がって先頭交代には積極的に加わる。幾度となく先頭を引いたが、展開的には大きな逃げも無く、集団のまま後半戦へと突入。自分にもっと圧倒的なパワーとスタミナがあれば、一人逃げでも良いのだろうが、そこまでのレベルでは無いのが残念。
残り3周ともなると、集団内でも前へ前へという動きも出始めた。まだ20数人が集団内に残っているので、このままスプリントに入って位置取りがマズいとかなり厳しい。ここでも少し先頭を引いて、いよいよ残り2周。
遂に後ろにいたアンカーの選手達がスプリントの落車等を避けるべく、ふるい落としの引きを始めた。自分的にはまだ余裕があるペースではあったが、集団は少しばかり減った?のかと思いきや、全然人数は変わらない。。そのままの状況で最終周へ突入。
最終周の位置は前方から15-20番手ぐらいだろうか。この頃は全員が前へ前へという感じだったのと、集団の真ん中で右にも人がいて、前へ行けない状況。そんな中、強烈なアタックが入ったが、集団はこれを見送った。自分的には追いたかったが何しろ位置が悪い。前に行きたくても隣にも前にも人がいるので身動きが取れない。。
そんな中、もう1人がアタック。こちらも少し距離が離れて下りに入った所で、何とかスプリントに行くべく右から前へ出ようとするが、カーブでインからアウトへ流れてきそうな落車の気配もあり、結局は思ったように前の位置をキープできず、いよいよゴール手前の坂に入る。
ここで一気に右側から突っ込む予定で頑張ったが、前が詰まって進めない。
その後一気にアウトに膨らんで今度は左から仕掛けるも距離も少なく、1?3人ぐらい抜いてゴール。
結果はTOPから2秒差の12位だった。
今回のレース、ペース的には自分は脚も心拍も余裕(とは言え、心拍は相当上がっていたが)であった。最初からラスト2周までは比較的自分のペースでレースを進められたことが収穫だったが、如何せん最終周の位置取りが悪かった。最終周で前に行く為には、もう少し前目の良い位置をキープしたかった。また人に塞がれて思うように走れなかったので、今回アタックした人のように、ポイントを絞ってレースを進めるべきだったかと。。。最後のスプリント等は位置の関係もあり、結果的には仕方が無いという感じ。。
何れにしても、集団スプリント前、スプリントにおける駆け引きがまだまだ出来ていない。
経験が浅いという事を実感させられた。
そういう意味ではもっと、クリテリウムを含むレースに出て経験を積まないといけない。
昨年と違って無茶な斜行や追い抜きなどは無く、怒号も無かったので参加者全員のレベルが上がったのか、マナーが向上したのか?ともかくこの組で落車無く走れたことは良かった。
ともかく、まだ入賞には手が届かず。。来年JCRCで級が上がると、セオフェスも中級者で出ないといけないのか。。。
レース後はシクロさんと暫く談笑し、リンゴを頂き帰宅。
冬の埼玉クリテリウムに出て経験を積むしかないかな。。参加費が高いが、考えてみるか・・・・
帰りは案の定渋滞に巻き込まれて、行きと違ってかなり時間がかかった。でも出発前に見れた夕日と成田空港から飛び立つ飛行機が出す飛行機雲は綺麗だった。。。
秋晴れの中レースを楽しんでいる人々
2013_Seo_Festival_0020.jpg
利根川に沈む夕日
2013_Seo_Festival_0039.jpg
初級者-2組 公式リザルト
順位      :12位(出走:37人, DNF8人)
距離    :15km
タイム :22:28.337
平均時速:40.04 km/h
TOP差   :00:02

Garmin記録

距離
15.05 km
タイム
22:23
平均スピード
40.0 km/h
カロリー

291 C
平均気温
15.3 °C
最高速
51.2 km/h
平均心拍
162 bpm
最高心拍
178 bpm
高度上昇値
87 m
高度ロス
93 m
MinElevation
-2 m
MaxElevation
10 m
平均バイクケイデンス
95 rpm
最高バイクケイデンス
119 rpm

周回ラップ

Lap
Time
Dist(km)
Ave/Speed
1
2:21.4
1.50
38.2
2
2:18.0
1.52
39.7
3
2:21.0
1.51
38.6
4
2:11.0
1.51
41.5
5
2:21.0
1.52
38.7
6
2:18.0
1.50
39.1
7
2:15.0
1.52
40.7
8
2:17.0
1.50
39.5
9
2:12.0
1.52
41.3
10
1:58.6
1.45
44.0
 
 
 
 
概要
22:33.0
15.05
40.0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2013/11/25追記
ブログで知り合った「40代のロードバイク日記」のシクロさんに沢山写真を撮ってもらいました。そんな中から集団を引いている写真と、最後のゴールスプリントで大外でモガイている写真を。。。シクロさん、有り難うございました。
2013_Seo_Festival_climb.jpg
2013_Seo_Festival_Last.jpg

ピックアップ記事

  1. 2019 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  2. 2018 サロベツ100マイルロード大会
  3. Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
  4. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. General Race

    第27回全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍 – レース編

    【レース情報】大会  :第27回全日本マウンテンサイクリング in …

  2. General Race

    乗鞍HCのタイムを妄想してみる

    いよいよ明後日に迫った乗鞍ヒルクライムですが、天気の方が心配ですね。…

  3. General Race

    スーパーヒルクライム2011 in TOYO TIRES ターンパイク

    【レース情報】大会  :スーパーヒルクライム2011 in TOYO …

  4. General Race

    2014 – 第2回もてぎ7時間エンデューロ GW

    2014年5月5日は栃木県茂木市にあるツインリンクもてぎで開催された、…

  5. General Race

    ヒルクライムチャレンジシリーズ2012 箱根TOYO TIRES ターンパイク大会

    本日は「ヒルクライムチャレンジシリーズ2012 箱根TOYO TIRE…

  6. General Race

    第26回ツール・ド・八ヶ岳

    【レース情報】大会  :第26回ツール・ド・八ヶ岳距離  :15k…

コメント

  1. スナフキンさんが初心者で勝てないということは・・・私は三輪車クラスじゃないと入賞できないよ・・・
    このレースの速度からして・・・初心者と言う言葉はふさわしくないですね。
    スナフキンさんの実力からすると残念でしたね。
    補助輪クラス目指して頑張ります!!

    • Snufkin777
    • 2013年 11月 25日

    >dorokeさん
    セオフェスの初心者は、JCRCのD-Eクラス相当なので、実質初心者ではありません(笑)
    賞品も良いので、上のクラスの方もこっちで参加するぐらいですしね。
    ブログで知り合いになった、シクロさんが写真を撮ってくれました。最後のスプリントの位置を見て分かる通り、出遅れてますので、しょうがないですね。中々難しいです!

    • shimagnolo
    • 2013年 11月 26日

    平均速度が40km/hなのに初心者レースって、どこの世界の話でしょう。
    クラス名を信じてエントリーしたら大変なことになります。そういう人もいたんでしょうね。
    ドロケさんが補助輪付なら僕は三輪車でもダメですね。
    そこいらをうろうろ走っていてもすごい人がいますが、レース会場になるとレベルが違うんですねぇ。
    それにしても利根川の落日がきれいです。
    怪我なく無事に走り切られてよかったですね。

    • Snufkin777
    • 2013年 11月 26日

    >shimaさん
    レースが初めての方には「初参加クラス」があるので、ここで体験してからというのが流れのようです。いきなり初級者に出場すると確かに千切れて失格になるケースもあると思いますよ。過去自分の同僚が参加した時は、途中で先頭を引いてあっという間に疲れてDNFになってたので。。。
    目安としてJCRCのEクラス、Dクラスとありますが、そのクラスは明らかに初心者では無いですね。。。一般参加だと目安が分からないので確かに辛いところです。。。
    当日は空気も澄んでいて夕日がとても綺麗でした。秋を感じますね?。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. 信州〜会津へ絶景ライド
  2. ツール・ド・宮古島2019
  3. 2019 JBCF やいた片岡ロードレース
  4. 2019 JBCF 那須塩原クリテリウム
  5. 2019 JBCF 宇都宮クリテリウム
PAGE TOP