Report

2013-2014 浮城のまち行田クリテリウム第1戦

本日は埼玉県行田市で実施された、「2013-2014 浮城のまち行田クリテリウム第1戦」にブログ「40代のロードバイク日記」でもお世話になっている、シクロさんと共に参加してきたので、その様子をレポートしたいと思う。本当は房総グランプリに申し込んで出る予定だったが、コース図を見てDNFしてしまった・・・・(埼玉クリテは4戦で争うので、それなら4戦とも出ようと思ったのもあるのですが・・)
【レース情報&形式】
大会    :2013-2014 浮城のまち行田クリテリウム
(平成25 年度埼玉県クリテリウム競技大会)
第1戦:12 月15 日(日)
第2戦:1 月12 日(日)
第3戦:1 月26 日(日)
第4戦:2 月23 日(日)
距離    :13.5km(2.7km×5周)
クラス   :M2(マスター2), 36~49歳(JCF臨時登録者)
シリーズ  :シリーズ順位は4戦合計で得たポイントの合算で決定。
(1位/5点、2位/3点、3位/2点、4位/1点)
【コース】
以下のコースを反時計回り
20131215-course.jpg
こちらのクリテリウムは来年の2月までの計4回開催され、全4戦でのシリーズ・ポイント制で争われる。12月~2月は基本的にオフシーズンなのだが、このようなクリテリウムレースを開催してくれるのは有難い。ちなみに前回出場したクリテリウムと同様に各周1位にはポイント賞として500円が還元されので、意外とでかい・・・(5周回1位だと2500円分)
今日も朝5時半にレンタカーを借り、埼玉県の行田へ向かう。片道約100kmぐらいなのだが、朝は東北道の羽生ICに向かわず、関越方面で大宮を超えてから一般道で現地へ。一般道は渋滞はしてなかったが、信号が多いのが少しストレスだった。自分の出走時間にはかなりの余裕がある状況で到着。駐車場は行田市役所総合体育館なのだが、ローラーが出来る場所が指定してあり、いつものようにアップが出来ない感じ。結局ローラーには乗らず、そのまま出走可能な状態で受付へ。
ちょうどシクロさんが出場するグランドマスタークラスが開始されるところだった。出場人数は少なめだが、3周回目ぐらいまで観戦して受付へ。シクロさんは2周目からは常に1位で独走~。このクラスとレベルでは一人抜けていたのでは?
受付を終えて暫くするとレースを終えたシクロさん登場。何と1位だったそうで素晴らしい結果だった。自分も頑張らないと思い、その辺の道を走ってアップするも寒さもあり、体は中々温まらない状況で出走準備に入る。
今回のクラスはエントリー数を見ても他のクラスよりも多くて45人ぐらいはいそうな感じだった。早めに並んだこともあり、前から2列目でスタート位置を確保。前のクラスの出発を待ち、9時半過ぎにレース開始。
1周目
コースの下見をしていない関係もあり、スタート直後から15位ぐらいの場所で最初のコーナーを超える。更に次のコーナーを曲がると向かい風の洗礼が・・・・ 何よりも路面の悪さが顕著で空気圧を高めに入れた愛車が跳ねまくる。。向かい風の中、1kmぐらいの直線を走り抜けるが後ろから前へ行こうという選手、向かい風で失速して落ちてくる選手と早速動き出す。前を見ると少し中切れで、追いつきたい選手達でまくって合流。その後2ヵ所のコーナーを経て追い風区間で少し元気に。最初の周から脚も心拍も結構いっぱいいっぱい。やはり昨日130km走ってスプリント練習した体は疲労がかなり残っていたようだ。1周目は結局20位ぐらいで通過して2周目へ。
2周目
2ヵ所のコーナーを経て向かい風区間までは1周目と変わらない感じ。向かい風区間の途中で前を見ると5‐6人ぐらいが離れていくのが見えて、明らかな中切れが発生。それほど車幅が広くない農道で向かい風にさらされた集団は横にいっぱいになっており、抜きたくても抜けない状況で、後ろから同じように思っている選手からも「左右どっちでも良いから空けてくれ~」と叫び声が。。確かにここで差が開くと二度と追いつけないが、何とか隙間を縫って前へ。先頭とは少し離されており、向かい風区間終了地点のコーナーを曲がって横風に。ここでも単独で少しペースを上げて前へ行くが二人が完全に抜け出しており、差は10m~20mという状況。横風区間のコーナーを曲がり、追い風区間でこの日最大の追い込みで周りの選手をごぼう抜きにして、単独で二人に何とかブリッジ。後ろを見ると自分に付いて追いついてきた選手はいないようだった。
残りのコーナーを一番後ろでこなして、ホームストレート区間で始めて先頭で引くが、脚的にも心拍的にも少しキツかったので、すぐさま後ろへ。
後ろの集団との差は20mぐらい?
IMG_0321.jpg

3周目
先頭3人で走るも自分の状況的にはあまり良くない。本当に昨日走ってなければ良かったと後悔しながらも向かい風区間へ。自分が遅いので少し遅めのローテーションになってしまったが、何とかこなしてその後の区間もローテをしながら4周目に無事入ることができた。ここで後ろを見ると少し離れているようで、集団できても追いつくには結構厳しそうな距離。この時点でこのまま3人で逃げれば入賞できると思って頑張ってペダルを踏む。
この辺からは自分達のグループ外の選手たちが落ちてきたりしていて、コーナー等で被ったりと大変だった。何とか付いていきたいが、別グループの選手達とコーナーで重なって10mぐらい離されてしまい、追い風区間で踏みまくって何とか追いついてホームストレートにまた戻ってきた。
後ろとは大分差がついた模様
IMG_0397.jpg
4周目
残り2周。3周目よりは余力のある感じでローテをしながら向かい風区間、横風区間そして追い風区間と走り抜けていく。4周目で始めて何事もなく1周を走り切れた感じ。コーナー区間でも先頭で走ることもあり、無駄なインターバルを減らすセコイ作戦?も上手くいった感じ(笑) そしていよいよ最終週へ。
最終周
ホームストレートからのコーナー2回は何事もなく終了。向かい風区間もローテしながら走るが、後から聞くとペースが落ちていて牽制しているように見え、ひょっとすると後ろの集団が追いつくかも?とシクロさん談。(単純に自分が向かい風区間で疲れきってたのが原因です。) その後は横風区間でまずは1人がペースアップで、ここは逃がさずきっちりと捕まえる。そして追い風区間に入って、ペースを上げて先頭へ。今日の自分はスプリントしても既に乳酸いっぱいいっぱいの脚では間違いなく遅れることは分かっている。なので、最後の2つのコーナーを先頭で走って前に残りの二人を出さず、そのまま逃げ切る作戦までは良かったが、最後のホームストレートでのスプリントではやっぱりすぐに脚が限界に。案の定二人に抜かれて3位でゴール。
最終コーナーの前で先頭へ
IMG_0559.jpg
スプリント開始であっさり抜かれる
IMG_0561.jpg
最後は疲れ切ってゴール
IMG_0573.jpg
今日のレース展開から考えると最後3位というのは、実力や余力的にもまぁ妥当だったと思う。優勝した方、2位の方とも労をねぎらって、シクロさんと暫く談笑。走っているときにシクロさんからの声援はしっかり聞こえたし、力になった。本当にありがとうございます。またたくさん写真を撮っていただいて感謝です。
ともかく寒いので一度車に戻って、防寒着を着込んで再度受付会場へ。すぐさまシクロさんのクラスの表彰式が開始されてたので、手持ちのiPhoneで撮影~。その後かなり待たされてようやくと自分のクラスのリザルトが張り出され、自分も3位で表彰式に出席。本当はレース後10分を目途に表彰式と記載していたにも関わらず、1時間ぐらい待たされたこともあり、3位までに入った選手も結構表彰式には出ずに帰っていた模様。1月、2月はもっと寒くなるだろうから、この辺は何かしら暖を取れる仕組みが無いと同じ事が起こるかも・・・・
シクロさんとは表彰式後に駐車場まで愛犬サンディーとご一緒してお別れし、無事に帰ってきました。年内最後のロードレースで着に入れたので満足のいく締めくくりとなったかな~。
M2(マスター2)公式リザルト
順位   :3位(出走:46人, DNF5人)
距離   :13.5km
タイム  :0:21:52.372
平均時速:37.03 km/h
TOP差  :00:00.876

Garmin記録

距離
12.53 km
タイム
21:48
平均スピード
34.5 km/h
カロリー
278 C
平均気温
8.9 °C
最高速
49.7 km/h
平均心拍
161 bpm
最高心拍
171 bpm
高度上昇値
91 m
高度ロス
92 m
MinElevation
15 m
MaxElevation
24 m
平均バイクケイデンス
91 rpm
最高バイクケイデンス
120 rpm

周回ラップ

Lap
Time
Dist(km)
Ave/Speed
1
4:31.0
2.49
33.1
2
4:14.0
2.52
35.7
3
4:20.0
2.51
34.7
4
4:22.0
2.51
34.5
5
4:21.0
2.51
34.6

ピックアップ記事

  1. さぁ、はじめよう
  2. 宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  3. Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
  4. 秋葉街道縦断ライド
  5. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. Report

    ツール・ド・北海道 市民レースA 2nd Stage速報

    今日の速報は以下のとおり出場カテゴリ:上級者距離:67km標高差…

  2. Report

    富士の国やまなし 第8回Mt.富士ヒルクライム

    【レース情報】大会  :富士の国やまなし 第8回Mt.富士ヒルクライム…

  3. JCRC

    2013 JCRCロードシリーズ第3戦 in 群馬CSC

    4/20に「2013 JCRCロードシリーズ第3戦 in 群馬CSC」…

  4. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦記 2 –…

    8月25日、すでにUCI Gran Fondo World Champ…

  5. Report

    2015 JBCF東日本ロードクラシック 南魚沼大会

    9月19日、20日と新潟県の南魚沼市で開催された、南魚沼タイムトライア…

  6. JCRC

    2014 JCRCロードシリーズ第6戦 in 群馬CSC

    2014年7月12日、13日と群馬県のサイクルスポーツセンターで行われ…

コメント

    • shimagnolo
    • 2013年 12月 16日

    シクロさんともど立派な成績、おめでとうございます。
    1位は言うに及ばず、上位の入賞者はいずれ劣らぬ実力者ぞろいでしょう。その中で3位で表彰台に立って今年を締めくくれたのは素晴らしいことでしたね。
    来年はさらに上位を目指して励んでください。期待していますよ!

    • doroke
    • 2013年 12月 16日

    なんかさっくり表彰台に登っちゃいましたね。
    でも、これもリスク覚悟での飛び出しがあったからだと思うと同時に、これまでの努力の結果だと思います。
    おめでとうございます。すごく嬉しいのと同時に、来年どこかのレースでも一緒に走れる日をすごく楽しみにしています。私も負けませんよw

    • Snufkin777
    • 2013年 12月 16日

    >shimaさん
    ありがとうございます。表彰台は初めてなので素直に嬉しかったですよ~。
    来年も頑張りたいと思います!

    • Snufkin777
    • 2013年 12月 16日

    >dorokeさん
    スプリント勝負だと厳しいので、このような逃げで人を絞って表彰台というのが合ってるのかもしれませんね。来年はdorokeさんともレースでまたご一緒&切磋琢磨できることを切に願ってますよ! 待ってます!
    怪我さえなければ、年末年始の休み中にどこかに走りに行ければ良かったんですけどね~。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. Trip Ride

    秋葉街道縦断ライド
  3. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. Trip Ride

    Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
  5. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
PAGE TOP