富士の国やまなし 第9回Mt.富士ヒルクライム

【レース情報】
大会  :富士の国やまなし 9Mt.富士ヒルクライム
距離  :24km
標高差 :1,255m
平均勾配:5.2%
最大勾配:7.8%
クラス :ロードレーサー男子3539

【公式結果】
順位  :281/920人中
タイム :1:25:45
平均時速:16.9 km/h

計測ポイント スプリット ラップ
Start 00:00:00  
19km 01:10:17 1:10:17
20km 01:14:10 0:03:53
Finish 01:25:45 0:11:35

今日はMt.富士ヒルクライムに参加してきました。この大会は去年に続いて2回目なのですが、日本一人気のある大会ですね。。。 参加者が5,500人を超える大会は日本全国でもここだけな気がします。
【レース前日】
他の大会と同様に土曜日に受付、日曜日にレースというパターンなのですがこの大会はメーカーのブースが一番多いので、見るだけでも結構楽しめます。また屋台もそこそこ出ているので、今回はこちらで吉田うどんのカップメンを頂きました。その後は各社の新しいロードバイクを試乗したり、買い物したりとして過ごしました。受付には早く着いてしまったのですが、丁度受付時間になって受付に行くところで、Funrideのハシケンさんを見つけて、一緒に写真を撮ってもらいました。中々良い男です。 その後はキクミミモータースの初音ミクさんと写真も撮ってもらったりしました。

受付後は宿に戻ってお風呂、夕食、それからは同行したメンバーと飲みだったんですが、前日には全く自転車に乗らずに練習しませんでした。と言うのも、翌日の天気予報がいつの間にか「雨」に変わっていて、走る前からDNSかも?なんて思っていたのです。
↓先導車はスポンサーのベンツ、誰か買ってくれないかな。。。。

【レース当日】
そんなこんなで、今日は朝4時に起きてまずは天気を確認。すると雨振ってないじゃないですかーということで、宿からスタート地点までは12km程アップを兼ねて走りました。トイレに行ったり、荷物を預けたりして、いよいよ自分の属する第6ウェーブのスタートです。計測地点まではゆっくり、前回試走したイメージで平均15.5kmまでなら最後の勾配が緩やかな地点で16kmまで持っていけることが分かっていたので、計測地点からは力まずスタートできました。他の方々と一緒に走ると、少し自分よりペースの早い人などを捕まえていつもの1人なら確実に脱落するであろう、スピードで走れたりするので良いですね。自分も何人の方々の後ろを付かせて頂きました。また抜きつ抜かれつのデッドヒートも楽しかったです。

今回はFunrideにあった各距離地点での目安のタイムを目指す予定でしたが、こちらのタイム表を忘れて結局普通に走りました。平均時速は前と違って16.4kmぐらいをずっと維持して最後の平坦区間までこれたのですが、ここが向かい風でスピードが出なくて、平均速度は16.9kmでタイムも1時間25分台でした。もう少し頑張れたら1時間24分台だったかも知れないですが、目標の1時間半は切れたので大満足です。

途中で小雨が振りましたが、頂上は天気が何とか持ってました。ただし以前と違って到着するとそのまま荷物をもらって、下山というようなせわしない感じはしました。ここでは俳優の鶴見辰吾さんが隣に居たので握手してもらいました(笑)
荷物をもらって、下山、本格的な雨でかなり濡れましたがいつもの吉田うどんを頂いて、帰宅の途に着きました。
今回は写真をほとんどとってないのですが、また後からアップデートしたいと思います。
自転車車載動画はこちらから
【富士ヒルクライム ハイライト

【富士ヒルクライム 1/5

【富士ヒルクライム 2/5

【富士ヒルクライム 3/5

【富士ヒルクライム 4/5

【富士ヒルクライム 5/5

関連記事

  1. 2014 JCRCロードシリーズ第1戦 in ひたちなか

  2. 【第7回セオサイクル・サイクルフェスティバル】申込完了

  3. 2017 東京ワンダーレース~味の素スタジアムステージ~

  4. 第 13 回 セオサイクル・サイクルフェスティバル(セオフェス)

  5. 2015 JBCF知多半島・美浜クリテリウム

  6. 2017 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-1

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。