Report

2014 (第11回) Mt.富士ヒルクライム

6月1日に開催されたMt.富士ヒルクライムに今年も参加してきたので、早速レポートしたいと思う。結論から言うと、ミッションコンプリート!
レース情報
大会  :富士の国やまなし 第10回Mt.富士ヒルクライム
距離  :25km (計測部分24km)
標高差 :1,270m(計測部分1,255m)
勾配  :平均5.2%、最大7.8%
クラス :男子35~39歳クラス(第3スタート)
コースプロファイル
2014mt-fuji course_map
2013Mt-Fuji-Course-Profile.jpg
公式結果
タイム   :1:14:51.700
平均時速  :19.24km/h
クラス別順位:56位/909人中(男子35~39歳クラス)
TOP差   :13:06
男子総合順位:261位/5,592人中(主催者選抜を除く)
Garmin記録

Summary
Data
Distance
24.02 km
Time
1:15:08
Calories
1,224 C
Avg Temperature
19.0 °C
Avg Speed
19.1 km/h
Max Speed
39.9 km/h
Elevation Gain
1,255 m
Elevation Loss
28 m
Min Elevation
1,067 m
Max Elevation
2,296 m
Avg HR
172 bpm
Max HR
180 bpm
Avg Cadence
77 rpm
Max Cadence
104 rpm
Avg Power
272 W
Max Power
542 W
Left/Right Balance
51/49 %
Left/Right Torque
Effectiveness
90/90 %
Left/Right Pedal
Smoothness
30/28 %
Normalized Power (NP)
279 W
Intensity Factor (IF)
1.21
Training Stress Score
183.8

※ データはゴール後16秒近く放置していたのも含んでいます。
2014年5月31日(土)、朝早く起きて病院に薬を取りに行き、その足で大会会場のある富士北嶺公園へ向かった。到着は12時半過ぎ。駐車場では知り合いに合って談笑。その後は受付を済ませて暫く自転車ブースやイベントなどを見学してからホテルへ。
2014-Mt-Fuji003
一緒に泊まるメンバーはまだ到着していないので、昨年同様河口湖、西湖への1人で走って足慣らし。今回がパイオニアペダリングモニターを利用した初のライドであったが、ペダリングの効率はあまり高くない。家のローラーでまた矯正でもするかと、特に気に留めずに走ることに。ともかく天気も良くて西湖から見る富士山も綺麗だった。
2014-Mt-Fuji006
ライド後、友人達が到着するまではホテルの大浴場でゆっくり。その後友人達が到着して食事だったけど、かなり豪華な食事だった。メインディッシュ以外にも半分バイキングで、ビール含めてかなり食べ過ぎてしまう。
2014-Mt-Fuji010
食事後は部屋でマッタリと過ごして翌日に向けさっさと就寝。
2014年6月1日(日)、これまでの富士ヒルクライムでは一度として見た事の無いような快晴。ただし気温も夏並みにかなり暑い。ホテルが3時から弁当を用意してくれたので、自分は3時半ぐらいに頂く。友人は今日の天気なら荷物を預けるのは不要とのことで、5時起床、6時に出発するというかなりノンビリした行程だったので、スタートが一番早く、荷物を預ける必要のある自分は5時前に出発。
2014-Mt-Fuji020
アップを兼ねてスタート地点までの登り基調の9kmを約40分ぐらいで到着。その後は自転車を自身のスタート地点に置いて、チームメイトと談笑したり、更なる軽量化に努めるなど時間を潰す。そんなこんなで開会式が始まる。今回のゲストはインターマックスの今中さん、シャ乱Qのまことさん、モデルの日向涼子さん、道端カレンさん、お笑いから小島よしおさん。特に女性以外の3人は全員自分と同じ第3スタートとのこと。また後から出て来たリザルトを見ると、スピードスケートの高木美帆選手等も出場していた模様。
2014-Mt-Fuji032
開会式直後は主催者選抜の100名。ここは過去の大会やその他大会の実績等で選ばれた猛者達。その後は女子がスタートしていよいよ自分の第3スタート。今回は競技場からスタートだったので、計測開始地点まではのんびりとパレード走行で5分程走るといよいよ計測開始。
序盤は勾配もキツイので抑えめに。特に2週間自転車に乗れてないので呼吸と心拍に不安がある状況。最初はアウターローで走るもキツくなる勾配に併せてインナーへ。周りのペースが早いのか?それとも自分が遅いのか?は分からないが付いて行こうとすると心拍があっという間に高くなり、血液が脚に行き届かない感じ。またアウターに戻してケイデンスを低め、呼吸をしやすい状態に何とか持っていきたいが、どうも上手く行かない。脚は重くなるし呼吸も苦しいので、無理せずに自分のペースで1合目までで約17分ぐらいと思ったよりも遅い。。
2合目からは少し勾配が緩くなるが、どうもキツイ勾配でアウターローにしたことが原因で少し脚がお疲れ気味。後ろからどんどん被せてくるトレインに乗っては降りを繰り返しながら走り、勾配が緩んだところでは極力踏む。何とか12分を切って3合目へ突入。
3合目もそれほどキツイ勾配が続く訳ではないが、所々にちょっとした勾配の坂が待ち受けている感じ。その辺はダンシング等で切り抜け、2合目と同様にトレインに乗って、降りてを繰り返して走る。しかし追い越すことがほとんど無く、追い越されるばかり。しかも脚も呼吸も不完全で中々自分の思い通りに動かない。
4合目から最期のゴールまでは山岳スプリット区間、平坦区間を含む頑張らないといけない区間。緩斜面はトレインのおかげもあり、良いペースで走れるもやはり所々あるキツイ勾配が辛い。ダンシング等するも脚がかなりお疲れな状況。平坦区間に入って飛ばしている時に1時間11分ぐらいだったので、何とか15分は切れるか?と思っていたら残り1kmの看板が。登りの1kmは恐らく3分はかかる。ということは1時間15分をギリギリ切れるか?という状況である事を理解し、とにかくもがく。最期ゴールが見えてからの直線が永遠に続くかのような長さ。。勾配もキツイので、残り1分という状況でもゴールが中々近づかない。最期は手元のサイコンで1時間15分の7秒ぐらい前にゴールし、早速ネットでラップを見て何とか目標であるシルバーを達成できた事を知って安堵。チーム名とは1時間12分台と絶好調でした。
5合目では写真を撮ったり、友人を待って他の知り合いと話をするなどで時間を潰す。去年までだったら防寒着が絶対必要な富士山だが、今日の暑さは半端じゃなくて半袖でも平気なぐらい。
2014-Mt-Fuji033
友人全員が揃い、ゆっくりと下山してうどんを頂き、宿まで自走。お風呂に入りたかったが、14時まで入れないとのことで、渋滞も考慮して解散。その後は中央道を渋滞も無く家まで難なくドライブして到着。自転車も洗車してさっぱりしました。
2014-Mt-Fuji037
今年で富士ヒルクライムは卒業と決めていたので、最期に目標であるシルバーをゲットできて良かったです。また天候にも恵まれ、素晴らしい1日を過ごせた今回の大会でした。
自転車車載動画

ピックアップ記事

  1. Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
  2. 宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  3. さぁ、はじめよう
  4. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 2017 Spinneys Dubai 92 Cycle Challenge

関連記事

  1. Report

    Tour Of Japan 2015 – Tokyo Stage

    一昨日はツアー・オブ・ジャパンの最終日が東京で行われるということで、大…

  2. Report

    富士の国やまなし 第8回Mt.富士ヒルクライム

    【レース情報】大会  :富士の国やまなし 第8回Mt.富士ヒルクライム…

  3. Report

    2017 JBCF大⽥原クリテリウム

    7月29日は栃木県大田原市で開催された第1回 JBCF 大⽥原クリテリ…

  4. Report

    2016 JBCF 東日本ロードクラシック 南魚沼大会

    10月15日、16日と新潟県の南魚沼市で開催された、第2回 JBCF …

  5. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦記 2 –…

    8月25日、すでにUCI Gran Fondo World Champ…

  6. Report

    ツール・ド・宮古島2016参戦記

    昨年度に続き、ツール・ド・宮古島のロードレースに参加したのでレポートで…

コメント

    • みきおじ
    • 2014年 6月 01日

    Snufkin様
    富士山ヒルクライムお疲れ様でした。
    シルバーおめでとうございます。
    私の同僚もブロンズに入れたみたいで
    喜んでいました。
    パイオニアぺダリングモニターは如何ですか?
    私もイベント等で試してみて、とんでもなく低い
    効率だったのでがっかりした次第です。
    既にここまで走れるSnufkinさんが、さらに早く
    なられていまいますと、いつご一緒に走れる
    ことやら・・・
    私なりに精進いたします。

    • Snufkin777
    • 2014年 6月 02日

    >みきおじさん
    人それぞれの目標を持って参加していますが、目標を達成できた喜びは皆同じですよね。自分も思えば最初の参加の際には1時間50分台だったような記憶が。。。パイオニアのペダリングモニターはまだレビュー出来る程使いこなしてはいないのですが、面白いですよ。ただし、サイコンの方が少しバグっぽいのを見つけてしまったので、バグか仕様か確認したいと思ってます。(今日もローラー乗ってる時にいきなり認識しなくなり、ログが壊れたりしました)
    特に速くならないと走れないということは無いので、機会があればポタリングでも行きましょう!

  1. 自転車が間に合って本当に良かったですね!
    (^∀^)
    参加されたお客様にも写真を見せてもらいましたが、「ものすごく天気が良くて景色も楽しめた」とおっしゃっていました♪
    タイムもさすが、速いですね!
    ( ?д?)

    • Snufkin777
    • 2014年 6月 02日

    >まっちゃんさん
    お久しぶりですね。天気はこれまでで最高でしたが気温も最高でした(笑)
    タイムは何とか75分を切ることができましたが、身体が重かったですよ?。

    • doroke
    • 2014年 6月 03日

    といきたいところですが・・・ちょっと意外なタイムでした。
    まあ、2週間近く走れなかったのが、かなり影響しているみたいですね。。。
    でも、シルバーおめでとうございます!!! よかったです。
    今度お会いできるレースはどのレースなんでしょう??
    来年の八ヶ岳かな・・・

    • Snufkin777
    • 2014年 6月 03日

    >dorokeさん
    タイムに関してはちょっと残念でしたね。体重も増えてたこともあるのですが、やはり走れてなかったので特に呼吸系、心拍がいつもよりも10以上高かったのと何だかんだで体が重いというか、脚が思ったよりも踏めなかったという感じでしょうか。。。いずれにしてもシルバー取れたのは嬉しいですよ。
    次回のレース、八ヶ岳になりそうな予感ですね?。今から楽しみです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. Report

    2017 Spinneys Dubai 92 Cycle Challenge
  3. Trip Ride

    Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
  4. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. ロードレースの魅力

    さぁ、はじめよう
PAGE TOP