レポート

第27回全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍 – レース編

【レース情報】
大会  :第27回全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍
距離  :20.5 km
標高差 :1,260m
平均勾配:6.1 %
最大勾配:12 %
クラス :男子D(36歳~40歳)
【公式結果】
順位  :177/580人中
タイム :1:21:03.924
平均時速:15.1 km/h

【Garmin情報】
距離            : 20.03 km
タイム         : 1:21:02
平均スピード: 14.8 km/h
最高速         : 30.8 km/h
高度上昇値   : 1,232 m
高度ロス      : 0 m
最低高度      : 1,467 m
最高高度      : 2,699 m
カロリー      : 1,116 C
平均気温      : 21.7 °C
平均心拍      : 163 bpm
最高心拍        :  170 bpm
平均バイクケイデンス: 73 rpm
最高バイクケイデンス: 109 rpm

レース当日
朝5時前に起床。早速朝食を取り、レースに向けての準備を開始。ただ自分の出場するクラスはチャンピオンクラスから遅れること1時間以上、午前8時過ぎにスタートのため、荷物を預けてから1時間半以上もありました。チャンピオンクラスのレーススタートを見送り、コースの近くにある裏道でアップを開始。本当はローラー台を持ち込みたかったのですが、いかんせん借りた車が小さくてとても積める状態ではありませんでした。
その後様子を見ながら1時間程軽くアップして時間を潰し、レースに備えます。


レース開始
今年から、ネット計測になったようで特に後ろからのスタートでも問題無かったのですが、せっかくだからと極力前の方に並んでスタートしました。最初こそ先頭集団近くで走っていましたが、程なく遅れ始めました。不思議なものでアップのときは同じコースで同じスピードで走っても心拍含めて落ち着いているのに、実際のレースが始まると一気に心拍が上がって苦しくなりました。。いきなりアップアップです・・・・
コース的に序盤は緩やかな勾配のため、極力34-21Tぐらいで踏んでいきます。平均時速も19km以上をキープしていたのでまずまずだったとは思います。しかしながらそれも長く続かず、勾配が上がるに連れ、徐々にペースも落ち始め、自分と同じぐらいのペースの人が通る度にくっついて凌いでました。

レース開始後15分ぐらいしてから、キクミミモータス(以下写真左)の方に抜かされました。。。暫くは後ろについて、一回は抜き返したのですが15分後には再度抜かれて程なく離されました。。。。 後でリザルトを見ると4分ぐらいの差がついていたようです。あのまま付いていければ、80分切れたのにな。。。


さて、レースも中盤になると勾配のキツさと併せて酸素の薄さもあるのでしょうが、かなり苦しかったです。10%を超える坂もちらほら出始めて、ダンシングしてもスピードが上げられずに、我慢の走りとなりました。序盤飛ばしすぎがたたった感があります。九十九折の度にアウトコースを選択して極力勾配が緩い場所を狙って走りました。。。。


レース後半になると森林限界を超えて、見晴らしが良くなります。快晴ということもあって、周りの景色は最高でした。心拍、足共にかなり限界近くでしたが、我慢しながら踏んでいきます。残り1kmを切った時点ではまだ1時間20分以内でした。残り300mで丁度1時間20分。最後の力を振り絞って何とか1時間20分台でのゴールを目指しましたが、残念ながら3秒程超えてしまいました。もう少しだったのに。。。。こういう所で、「あの時インをついてれば・・・」的な要素をヒシヒシと実感させられることになるとは・・・

ゴール後は荷物を受け取り、畳平のお土産屋さんでソフトクリームを頂いて、下山。自分が登ってきた道を走りながら所々で景色を堪能してゆっくりと下山しました。今回はブースでサングラスのモニターをしたので、アンケートをお渡ししてサングラスをゲット。直ぐに宿に戻ります。


8/30追記
レース開始からゴールまでの動画もアップしました。

9/3追記
ハイライト動画アップしました。

帰宅
夜のヤングなでしこのサッカー見たさに宿で温泉に浸かって12時半には乗鞍を後にしました。 乗鞍から松本へ向かう道でも少し渋滞がありましたが、中央道に入ると14時過ぎには掲示板状に既に小仏トンネルで渋滞の表示。。。15時半には渋滞にブチ当たり、結局渋滞を抜けたのが18時半過ぎ。。。そこから家まで飛ばして何とか19時半前に到着でした。。。しかし中央道の渋滞は毎回なので、本当に辛いですね。早く出ても渋滞になるなら、やっぱり夜遅く帰った方がいいのか?
その後はレンタカーを返して、サッカーの試合もそこそこに、疲れを感じたので就寝となりました。
レースに関しては、昨年が1時間44分台だったので、23分という大幅なタイム短縮で個人的には大満足です。体重が10kg減ったのは大きいですが、まだ残り10kg落とせる余地があるので、更に20分短縮できる→入賞という密かな野望を抱いた一日でもありました。。。

関連記事

  1. 2017 JBCF大⽥原クリテリウム
  2. 2016 Boardman Niseko Classic …
  3. 2015 JBCF おおいたサイクルロードレース
  4. 2016 UCI Gran Fondo World Champi…
  5. 2016 UCI Gran Fondo World Champi…
  6. 日本の蔵王ヒルクライム・エコ2012
  7. 2015 浮城のまち行田クリテリウム 第3戦
  8. 富士の国やまなし 第8回Mt.富士ヒルクライム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top Products

AQUADROP GLASS COAT PREMIUM

98.75

Buy NowRead Review

XeNTiS SQUAD 4.2 Tubular Carbon Silver Line, Standard / BLACK MATT

94

Buy NowRead Review

ギザ ナノ ブレーキライト ブレーキ連動リアライト

93.333333333333

Buy NowRead Review

BikND Helium Bike Case

90

Buy NowRead Review

UVEX sportstyle 104 vario

88

Buy NowRead Review

PAGE TOP