General Race

2014 (第29回) 全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍

9月7日に開催された乗鞍ヒルクライムに今年も参加してきたレポートです。
レース情報
大会  :第29回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
距離  :20.5 km
標高差 :1,260m
勾配  :平均6.1%
クラス :男子D(36~40歳クラス)
※ 天候不良でコースは大雪渓までの19.1kmへ変更
コースプロファイル
Norikura-course.jpg
norikura-course-profile.jpg
公式結果
タイム   :1:05:39.056
平均時速  :16.8 km/h
クラス別順位:36位/386人中(男子Dクラス)
TOP差   :+9:42.178
Garmin記録

Summary
Data
Distance
18.17 km
Time
1:05:39
Calories
1,011 C
Avg Temperature
14.1 °C
Avg Speed
16.7 km/h
Max Speed
31.3 km/h
Elevation Gain
1,224 m
Elevation Loss
28 m
Min Elevation
 m
Max Elevation
 m
Avg HR
162 bpm
Max HR
169 bpm
Avg Cadence
 rpm
Max Cadence
 rpm
Avg Power
260 W
Max Power
619 W
Left/Right Balance
53/47 %
Left/Right Torque
Effectiveness
91/90 %
Left/Right Pedal
Smoothness
30/28 %
Normalized Power (NP)
266 W >
Intensity Factor (IF)
1.15
Training Stress Score
144.1

9月6日の土曜日、前日の仕事が遅くなりレンタカーの時間をかなり遅くして10時から借りる事に。
そこから準備をして出発すると、長野方面へ向う中央道は既に渋滞でした。何とか昼過ぎには渋滞を抜け出し、宿泊先のある乗鞍へは16時前に到着。その後は受付を済ませ、ブースを見学し、知り合いの方にご挨拶して宿へチェックイン。
2014-Norikura003.jpg
宿でも昨年お会いした方がおられたので、色々とお話させて頂きました。相変わらず食事の量も多く、温泉も素晴らしかったです。
そして、9月7日決戦の朝。降り続いていた雨は激しさを増してモチベーションはかなり下がってました。
外が少し明るくなり、外に出てみると雨の強さはそれほどでも無かったので、一安心。朝食を済ませ、荷物を預けて整列に向いました。自分のスタートは最初のチャンピオンクラスがスタートしてから1時間後なので、かなり余裕があったのですが、何とここで頂上付近の天候不良でコースの短縮が発表され、且つ準備に30分程かかるとのことで、30分後ろ倒しになりました。
最初は自転車を置いて並んでいたものの、アップをしてないので並ぶのを捨てて少しでもアップということで、近辺の坂を登り下りして体を温めました。
2014-Norikura017.jpg
その後、クラスの列に並ぶと大分と後ろの方。それでもスタート地点についてみると、そんなに前が大きく離れている訳でもなさそうでした。スタート後はまずはダッシュして一番前の集団に追いつきます。その後は去年と同じ展開で、まずは集団の中でどれだけ長い間生き残れるか。。。こちらはそれ程昨年と変わらず、速攻で千切れました。
基本は自分のペース、前に良いペースの方がおられれば、付いてペースを保って走りますが、最初のチェックポイントは昨年とそれほど変わらずでした。その後は抜きつ、抜かれつの走りをしたりと、まぁむちゃくちゃ追い込んでる訳では無いけど、それなりに頑張って走り、位ヶ原のあるチェックポイント2までは淡々と。。去年より30秒ぐらいタイムが遅かった。
その後の4kmぐらいはまさに九十九折含めて脚に来ている状況で踏ん張るも、残り少しと言うところでフロントのチェーンが落ちると言う不幸。直すのに1分近く経過し、その後は、なるべく踏み切れるように踏んで無事完走となりました。
当初はフルコースでの1時間10分切りが目標だったのですが、何とかギリギリ達成できたかもの結果となってしまいました。
ともかく、上の天候は晴れていたので結構眺めも良かったです。
2014-Norikura039.jpg
2014-Norikura031.jpg
ゴール後は程々で、下山の列に並んでいざ下山。
表彰式には目をくれず、速攻で車を走らせて帰宅するべく走ります。そんな中、ひまわり畑の綺麗な場所を確認したので、写真を撮ってまた渋滞、携帯でのやり取りなど多忙な状況でした。。
2014-Norikura043.jpg
昼食後は家まで高速道路であっという間で、長いようで短い2日間が無事終了となりました。
自転車車載動画

ピックアップ記事

  1. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 秋葉街道縦断ライド
  5. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. General Race

    2012 第9回Mt.富士ヒルクライム申し込み

    今日はMt.富士ヒルクライムの申し込み開始日でした。昼の12時から受付…

  2. General Race

    ツール・ド・北海道 市民レースA 2nd Stage速報

    今日の速報は以下のとおり出場カテゴリ:上級者距離:67km標高差…

  3. General Race

    袖ケ浦チャレンジ2018

    本来はJBCFの鴨川クリテなどに出場も考えたのだが、翌日にチャリティラ…

  4. General Race

    第28回ツール・ド・八ヶ岳

    今年もヒルクライムシーズン開幕。と言う事で、28回ツール・ド・八ヶ岳に…

  5. General Race

    2013 Mt.富士ヒルクライム(考察編)

    少しばかり遅くなりましたが、富士ヒルクライムのシュミレーションをしてい…

  6. General Race

    第24回 ツール・ド・八ヶ岳

    【レース情報】大会  :第24回 ツール・ド・八ヶ岳距離  :25km…

コメント

  1. 乗鞍走られたんですか! 天候不順でコース短縮は残念でしたね。しかも途中でチェーン落ち!不運でした。
    そんなモチベーションが下がりそうな状況でも、目標を達成できたかも…というところがすごいです。
    僕はレースではなく紅葉を求めて走りに行きたくなりました。
    どうもお疲れさまでした。

    • Snufkin777
    • 2014年 9月 10日

    >shimaさん
    天候不順は残念でしたが、乗鞍無事に走り切りました。チェーン落ちはダンシング時にフロントを変速してしまったのもあるかもですね。まぁしょうがないかなと・・・・
    紅葉は良いですね?。自分もまた磐梯山に行ってみたいです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

最近の記事

  1. 2018 JBCF しゅうなんクリテリウム
  2. 2018 JBCF 大星山ヒルクライム
  3. 2018 JBCF おおいたサイクルロードレース
  4. 2018 JBCF おおいた いこいの道クリテリウム
  5. 2018 JBCF 南魚沼ロードレース – Da…
PAGE TOP