日本の蔵王ヒルクライム・エコ2010

【レース情報】
大会  :日本の蔵王ヒルクライム・エコ2010
距離  :18.75km
標高差 :1,334m
平均勾配:7.1%
クラス :Road C

【結果】
順位  :146位(219人中)
総合順位:498
タイム :1:48:19
平均時速:10.2km/h

【レポート】
今回は何と宮城県までヒルクライムレースに遠征です。

ちなみに東北には初めて行きました。レンタカーを借りて宮城県は遠刈田温泉までひたすら高速を走ります。休日ETC割り引きの恩恵で、2000円も高速代がかからなかったのはラッキーでした。

大会の受付を済ませ、初めての宮城県ということで気分は観光モード。早速今回のレースの舞台である蔵王エコーラインを車で上り、お釜を見に行きましたが、頂上付近は未だに雪に覆われており、エコーラーンの両端には雪壁が。。。。ここを明日走るのかと思うとウキウキしましたが、あまりにもの寒さに耐えれるのかとも思いました。。。。

その後は、車で色々と回って何か面白いものは無いかと探索、無事に宿につき明日のレースに向けてさっさと就寝しました。

レース当日、今回が初の大会ということで現地の子供達による太鼓の演奏など、気分を盛り上げてくれます。そしていよいよ自分のクラスがスタートしました。

八ヶ岳、表富士とこなしてきましたが、レースの難易度的には段々とキツくなっていると感じました。特に今回のコースは距離もそこそこありますし、平均勾配がこれまでで一番高い。。のでマイペースで上って行きます。

順位等も気にすること無く、いつものように足付き無しを目標に頑張りました。結果的には足付き無しで何とか完走。今回も目標達成です。

レースの後は、山形側に下りて蔵王温泉で体を温め、夜になってから空いている高速を走って家まで帰宅しました。
この大会は走ってて本当に気持ちよかったので、是非来年も参加したいです。

関連記事

  1. 第25回 ツール・ド・八ヶ岳

  2. 2017 東京ワンダーレース~味の素スタジアムステージ~

  3. 2015 JBCF東日本ロードクラシック 南魚沼大会

  4. 福島遠征 – 秋の磐梯吾妻スカイライン&檜原湖 その1

  5. 2014年度結果と2015年度の予定

  6. 第十回 明治神宮外苑大学クリテリウム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。