「キングオブヒルクライム富士山」前日

 「キングオブヒルクライム富士山」こと、KOH富士山に行って来ましたので、まずは前日の様子からレポートしたいと思います。
9/30には台風が上陸との話もありましたが、土曜日は至って快晴。いつものニッポンレンタカーで車を借りて、いざ受付場所である、静岡県富士宮市南陵へ向かいます。今回は朝8時に車を借りて、家に戻って荷物を積み込んだので大体9時過ぎに出発したのですが、高速道路もほとんど渋滞が無く、11時半前には現地に着いてしまいました。。
KOH_Fuji0001_.jpg
KOH_Fuji0020_.jpg
受付は13時30分からだったので、せっかくだからと車でコースを試走して富士山5合目まで行って来ました。何人かの人達は恐らく試走されていたみたいですね。5合目まで登ってられた方もおられました。
今回のコース、富士山スカイラインに入ってからが急勾配でキツイエリアだと思ってたのですが、意外とスタート地点からも勾配が9%以上ある標識が幾つも目につきました。少し下りもあるので、この結果平均勾配が6.9%なのでしょう。蔵王よりも少し楽ですが、距離が26.5km、1,800mも登るので距離、標高差共に現状日本で開催されるヒルクライムでは、最長&最高でかなりキツそうです。
富士山5合目で椎茸茶を購入し、受付まで再度戻ったのですが、あまりにもの規模の小ささと広大な敷地のギャップにビックリ。。。今回の大会、参加者の募集を延長して集めてましたが、パンフレットを見て理解できました。。。全体の参加者が約800人、自分の参加するU-40には175人しかエントリーがありません。これまでの大会は最低300人はいたので、かなり少ないですね。恐らく同じ日に赤城山ヒルクライムが開催されるので、皆そっちに流れたものと思われます。。。
KOH_Fuji0024_.jpg



本当はブースなどで時間を潰す予定だったのですが、予定がくるったので朝霧高原までドライブし、途中でアイスクリームやら明日の朝ご飯などを買い出し、宿に向かいました。
宿では特にやる事もなかったのですが、ともかく眠くて21時には就寝という、少しもったいない前日を過ごした感じです。

関連記事

  1. 2018 JBCF しゅうなんクリテリウム

  2. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦記 3 – コモ湖畔をイージーライド

  3. 2017 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-1

  4. 日本の蔵王ヒルクライム・エコ2013に参戦

  5. ツール・ド・宮古島2015参戦記 – 2日目

  6. 2017 JBCF大⽥原クリテリウム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。