General Race

「キングオブヒルクライム富士山」レース編

 【レース情報】
大会  :BikeNavi GP 2012「キングオブヒルクライム富士山」
距離  :26.5 km
標高差 :1,800m
平均勾配:6.9%
クラス :男子ロード・U-40(36歳?40歳の男子)
【公式結果】
クラス別順位:39位/111人中
総合順位  :183位/641人中
タイム   :1:51:00
平均時速  :14.32km/h
【Garmin情報】
距離                : 26.64 km
タイム            : 1:50:51
平均スピード: 14.4 km/h
最高速            : 34.3 km/h
高度上昇値    : 1,781 m
高度ロス        : 0 m
最低高度        : 543 m
最高高度        : 2,324 m
カロリー        : 1,482 C
平均気温        : 13.4 °C
平均心拍        : 160 bpm
最高心拍        : 169 bpm
平均バイクケイデンス: 76 rpm
最高バイクケイデンス: 105 rpm
KOH_FUJI.jpg
レース当日
朝4時起床。前日に購入した菓子パンを3つほど食べて、出発の準備。今回宿泊した旅館からレース会場まではおおよそ7kmで車で15分程度。朝5時過ぎには宿を出て、受付会場の南陵工業団地まで移動。
今回はローラー台を持って来ていたので、30分程アップ。やっぱりローラー台のアップは効率が良くて、汗もかくし負荷も自由だし、久しぶりに充実したアップでした。また金、土と脚を休めたおかげで、かなり軽くて調子が良さげ。アップの途中で一度荷物を預けに行ったけれど、出発前まで充分体を温めることができました。
今回の受付会場からスタート地点までは実は4km程離れていて、しかも勾配10%近くの坂を登るという結構キツイ移動でした。なるべく脚を使わないように軽いギアでのんびりとスタート地点に向かいました。
KOH_Fuji0031_.jpg
レース
今回は恐らくマスドスタートなので、スタートの計測開始は全員同じタイミングだと思われます。前から5番手ぐらいの列の一番右端に居たのですが、前方にDJとミス富士?の方が見えました。何とも気の抜けたカウントダウンの後、一斉にスタート。前の方がクリートキャッチをミスったので、少し初動が遅れましたが入賞できるレベルでは無いので、特に気にせずその後駐車している車を避けて、最初から結構厳しい勾配の坂を登っていきます。
程なくすると、同じカテゴリだけでなく前からも後ろからも色んなカテゴリの方々が混ざり合い、そんな中ペースの合う方について走ったり、単独で走ったり、でも距離も長いので後の方のことも考えながら、少し抑え気味で序盤は走りました。この序盤、思ったよりも勾配がキツくて普通に7-9%台の坂が出て来ます。その後5%前後の緩めの坂が混じったりとペース配分が中々難しいながらも、緩い勾配の箇所では極力踏んで頑張りました。距離が長いので水分とジェルの補給もここで一回行い、後半に備えました。
スタートから約1時間程度で、中間地点とも言える富士スカイラインの入り口へ。ここからは結構厳しめの坂が続き、ペースが落ちます。中間地点までは平均15km/h以上と結構自分でも頑張ってたので、何とか目標の2時間を切る為にも、平均時速が14km/h台でゴールできればと踏んで行きます。暫く走っていると少し勾配の緩いところもあったりと、自分の思い描いていた完全な激坂だけという訳では無かったのも、少し助かりました。途中で2度目のジェルを流し込んで、パワー切れにならないようにペースを維持します。すると大分と前に自分を抜いて行った方々に追いつき、追い抜く事ができました。こういうのを見ると、作戦勝ち?というか後半にバテないように体力を維持した結果だなぁとつくづく感じました。
道路沿いには残りの距離が書いている看板があるのですが、意外と1kmが長い。。。特に残り2kmのところで丁度1時間40分少し超えた程度だったので、これは1時間50分を切れるかな?とも思いましたが、残り1km地点で1時間48分近く?になっていて、これは無理だと諦めました。最後の方の坂は脚もかなり疲れていたので、思ったよりも遅かったみたいです。最後は何とか力を振り絞ってダンシングしてゴール。手元のGarminだと1時間50分台で目標の2時間切りは無事達成です。ただ今回一番残念だったのが、車載していたビデオカメラが1時間47分ぐらいで電池切れ。。。ゴールまでビデオを撮る事ができませんでした。仕様書には2時間?2時間半ぐらい持つって書いてあったのに。。。。
KOH_Fuji0034_.jpg
富士山5合目はとにかく寒かったです。昨日と違って天気が曇りだったのもありますが、長袖のシャツ、ジャケット、ウィンドブレーカーを着ていても寒い。。。 あまり長居せず、さっさと下山しました。。。
前回も記事にしていましたが、今回は高鉢駐車場から自転車を預けて、バスで下山しなければなりません。どうも距離が長く、一般道の交通制限も終わっている事から安全性を考慮して決定した背景があるようです。
KOH_Fuji0037_.jpg
高鉢駐車場では長蛇の列に並んで自転車を預けました。ただ毛布にくるんだりと1台、1台丁寧に積み込みされていたので、自転車に問題が発生する事は無いかなぁと少し安心。その後大型バスに乗り込み受付会場まで下山しました。ちなみにバスに乗っている間は疲れと気持ち良さでウトウトと何回も眠ってしまいました。意外とバスは便利かも?何て思いましたね。少し時間がかかるのが難ですが。。。。
受付会場に戻ってからはさっさと着替えを済ませ、自転車を返してもらって速報リザルトを確認。全員走り終えてない状況でしたので、何人が同じカテゴリで走ったのかは分かりませんが、39位でした。ただ全員のタイムの間が開いているので、人数がやっぱり相当少ないのが影響しているのかなぁと思いました。
夕方からは台風17号が来るということで、さっさと新東名に乗って帰宅。自転車を掃除して、レンタカーを返しに行きましたが、何とか台風の影響が出る前に帰宅できました。
赤城山ヒルクライムの影響もあるのでしょうが、コースと距離、標高差は現在日本一ですし、次回の参加も悩むところです。というか今回の人の少なさで次回開催されるのか?というのが一番怪しいですが。。。
最後の5分程度がバッテリ切れで映ってないですが、車載動画アップしました。
【ハイライト版】

【フルーバージョン】

ピックアップ記事

  1. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  2. 宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  3. ゴールデンウィークに東北を巡る旅@秋田&青森
  4. 2018 サロベツ100マイルロード大会
  5. 秋葉街道縦断ライド

関連記事

  1. General Race

    【レース結果】秋のしもふさクリテ in フレンドリーパーク下総

    本日、「秋のしもふさクリテ 」に参加してきました。朝早いのと車を持って…

  2. General Race

    2014 (第11回) Mt.富士ヒルクライム

    6月1日に開催されたMt.富士ヒルクライムに今年も参加してきたので、早…

  3. General Race

    第五回表富士自転車登山競走大会

    【レース情報】大会  :表富士自転車登山競走大会 2010距離  :1…

  4. General Race

    第2回福島県ふるどの自転車ロードレース大会 1/2

    10月27日に開催される「第2回福島県ふるどの自転車ロードレース大会」…

  5. General Race

    第27回全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍 – レース編

    【レース情報】大会  :第27回全日本マウンテンサイクリング in …

  6. General Race

    乗鞍ヒルクライム速報

    今年は残念ながら昨晩の暴風雨によって路面があれたこと、頂上付近の風速が…

コメント

    • いっき
    • 2012年 10月 04日

    こんばんは!コメント戴いたので厚かましくもお邪魔しました。
    富士山、お互いお疲れ様でしたっ!
    と書こうと思ったら、Snufkin777さん、早いじゃないですかっ!
    ブログの動画に、自分が追い抜かれるところが写ってるかと思うと・・・怖くて再生できません。。。
    しかし、やはり参加者少なかったんでしょうか。
    スタートもゴール地点も人がギッシリって感じが無かったですね。
    来年も出たいとは思ってるんですが、運動会シーズンというのが子持ちには痛いところです。。。
    ではまたお邪魔しますね!

    • Snufkin777
    • 2012年 10月 05日

    いっきさん
    訪問ありがとうございます。いえいえ、ローラー台を始めてから少し早くなりましたが、上を見たらキリがないので、楽しく乗っています。KOH富士は日本最高峰のヒルクライムですが、800人ぐらいしかいなかったようですね。やはり赤城山のヒルクライムに相当流れたのかなと。。。
    今後とも宜しくお願いします?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. ツール・ド・はなわ(LE TOUR DE HANAWA)
  2. 第 13 回 セオサイクル・サイクルフェスティバル(セオフェ…
  3. ツール・ド・おきなわ 2018
  4. 2018 JBCF しゅうなんクリテリウム
  5. 2018 JBCF 大星山ヒルクライム
PAGE TOP