Report

第28回ツール・ド・八ヶ岳

今年もヒルクライムシーズン開幕。と言う事で、28回ツール・ド・八ヶ岳に参加してきました。
レース情報
大会  :第28回ツール・ド・八ヶ岳
距離  :25 km
標高差 :1,300 m
平均勾配:5.4%
クラス :男子D(36歳?40歳)
2014-Yatsugadake-Course.jpg
Yatsugadake0017.jpg
公式結果
クラス別順位:19位/141人中
総合順位  :105位/956人中
タイム   :1:17:11
トップ差  :+0:09:14
平均時速  :19.43 km/h
Garmin記録

Summary
Data
Distance
23.54 km
Time
1:17:03
Calories
1,011 C
Avg Temperature
3.3 °C
Avg Speed
18.3 km/h
Max Speed
44.2 km/h
Elevation Gain
1,292 m
Elevation Loss
13 m
Min Elevation
839 m
Max Elevation
2,118 m
Avg HR
165 bpm
Max HR
170 bpm
Avg Cadence
75 rpm
Max Cadence
109 rpm

 
【前日編】
今回は輪行で現地へ。レンタカーは自由度が高いが最近の高速代、ガソリン代が結構バカにならないのと、色々とインターネットを見ていると、長野新幹線に新しいE7系という新型の車両が導入され、グランクラスと言うグリーン車を超える席があるそうな。これは乗らねばなるまいと、輪行を決意したのだ。
昼過ぎに家を出て東京駅までは自走。その後輪行袋に自転車を入れて、15時過ぎの新幹線あさま号に乗り込み、佐久平には16時半頃に到着。往路は普通のあさま号で我慢。復路はグランクラスなるものに乗るのだ!
2014_Tour_de_Yatsugadake_0009.jpg
現地はどんよりとした曇り空で少し風が強いので、さっさと自転車を組み立てて、本日の宿へ。今回の宿は中込という地名の場所にあったので、佐久平からは自転車で少し走ったところ。佐久市の旧市街?といったところか?

その後、チームメイトから連絡があり、当初はご夫婦で来られる予定が、1人になってしまったとのことで晩ご飯を一緒に頂くことに。佐久平まで列車で戻る必要があったので、近くを散策して1時間に1本しか無い列車まで時間を潰す。この時期の佐久市は桜が丁度満開。晴れていて、寒く無ければ最高なんだが、曇り空では少し辛いか。。。
2014_Tour_de_Yatsugadake_0013.jpg
小海線で佐久平へ向うが、周りは学校の部活帰りの高校生ばかり。何となくほのぼのとしていて、良い感じ。その後佐久平に到着するとチームメイトがお出迎え。まずは魚民で軽く炭水化物やらビールやら頂く。チームメイトがかなりこの辺りは詳しいそうで、その後は隣にある美味しい蕎麦屋へ。「くるみ蕎麦」という初めてのお蕎麦を頂く。くるみをペースト状にした器につゆを注ぎ、蕎麦を頂く。「美味い」と思わず声が出る。くるみの甘いペーストと蕎麦つゆが絶妙で本当に美味しい。
2014_Tour_de_Yatsugadake_0026.jpg
明日もあるので、20時過ぎに列車で中込まで戻り、翌日の朝食を買い込んで就寝!
【レース編】
朝5時半起床で昨日コンビニで買ったオニギリ、パン、ヨーグルトを頂く。ブログ仲間のdorokeさんから電話がかかってくると、何と既に駐車場に到着しているとのこと。自分は未だにホテルだと言うのに、早い。。。。7時前にホテルをチェックアウトして、会場のある八千穂を目指す。距離的には13kmぐらいだろうか。。アップには丁度良い距離だった。
2014_Tour_de_Yatsugadake_0031.jpg

現地に到着し、受付を済ませると、これまた顔見知りに出会う。暫く談笑しているとチームメイト登場。dorokeさんは電話するも通じず、逆に再度電話もらうも出れず。。寒い中荷物を預けて、自分の組に並ぶ。今回は先頭を陣取った(笑)
その後、マトリックス安原監督のいつも面白い話を聞き、少し後ろにいたdorokeさんに挨拶をしてレース開始。
一番前に居たので、当然ながら最初は先頭。直ぐに二人が前に出て走り始めると少し勾配のある坂へ。ここで右から次々と自分を追い越して行く。寒い中待っていたおかげで、脚の感覚が全く無い。力が入っているのか?疲労しているのか?そんな感覚が無い、棒みたいな感じで足先が冷たい。。。これは失敗した。。。そんな中、先頭集団の一番後ろに去年と同様にポジションをゲットして、民家のある急勾配地点へ。去年はこの辺で切れたような気がするが、今年は何とか付いて行く。そんな中、dorokeさんが右から自分を追い越して行った。やはり速い! 自分は昨年無理をして付いて行った結果、後からかなり苦しい思いをしたので、無理せず自分のペースで登って行く。民家を超えた辺りで、少し先頭と間が空き始めたころに、何と目の前でdorokeさんが立ち止まるところ。どうもチェーン落ちしたようで、後から聞くと結構直すのが大変だったそうな。。。
レース中なので、そのままdorokeさんをパスして山の中へ。ペースはそれほど速くは無いが、とにかく脚が冷たくて温まるのはまだか、まだかという感じで走り続ける。そのうち、後ろのカテゴリから先頭の方々が自分をパスしていくが、本当に速い。。。たまに付いていくこともあるが、勾配が少し上がると切れてしまう。。この辺は体重のせいか?
ハーフコース前までの平坦区間などで平均速度を稼いで46分ぐらいでハーフコースを超える。その後は勾配が少しキツくなって、標高2,000mオーバ?の麦草峠まで九十九折れを含めたそこそこの勾配の坂を登り続ける。徐々に脚が重くなり、少し辛いところもあったが、無難に登って最期も少し余力を残した状況でゴール。手元のタイムでは1時間17分と昨年よりも6分もタイムを更新した。
2014_Tour_de_Yatsugadake_0041.jpg
2014_Tour_de_Yatsugadake_0043.jpg
その後は即座にゴールしたチームメイトと寒空の中、着替えてスキー場まで下るが、むちゃくちゃ寒い。気温はほぼ0度と真冬の状況で、手がかじかんで大変だった。ダウンジャケット含めてかなりの防寒着を持って来てたので助かったけど、本当に寒かった。。。
スキー場ではサービスされるキノコ汁を頂く。その後はdorokeさん、shimaさんにも会えた。知り合いとも少し話をして帰りの列車の関係もあり、あまり話す時間も無いまま、12時過ぎにリザルトが貼り出されるのを待って順位を確認して、チームメイトと下山。佐久平へと向って14時ぐらいに無事に到着。スキー場から佐久平まで何だかんだと40km以上あるので、丁度良い時間だった。
【E7新幹線グランクラス】
帰りの楽しみと言えば、今回の裏の目的である北陸新幹線向けに作られたE7系の新しい新幹線車両&グランクラス。シートはもはや飛行機のビジネスクラス、2:1という席順で18席しかない。しかも今回はレクサスのシートを制作している会社が作ったシートとのことで、楽しみだ。
輪行袋に自転車をしまい、駅でカレーライスを食べてホームで新幹線を待つ。
2014_Tour_de_Yatsugadake_0055.jpg
さすがに新しい新幹線らしく、綺麗でカッコ良かった。
2014_Tour_de_Yatsugadake_0063.jpg
そしてグランクラスへ入るとそこは豪華そのもの。輪行袋を置く場所だが、1席のシートを利用したので、前に横置きするとドアへはみ出す。しょうがないので、席と前の壁の間に縦置きすると何と収まった。残念ながら、このおかげで、脚のフットレストを伸ばせなかったが、豪華なシートでくつろいであっという間に東京駅に到着。機会があれば、また乗ってみたいが、値段が。。。
2014_Tour_de_Yatsugadake_0061.jpg

2014_Tour_de_Yatsugadake_0060.jpg
東京駅からは自走で自宅まで飛ばして17時半ぐらいに無事帰宅。
今回は輪行だったこともあり、時間的には忙しなかったのであまり皆と話す時間が無かったのが残念だが、今年初めてのヒルクライムにしてはタイムも更新して良い感じ。富士ヒルクライムは1時間15分は恐らく切れるかも。。。
自転車車載動画

ピックアップ記事

  1. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. Report

    2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2

    大会3日目(自分にとっては2日目)は、111kmのセンチュリーレース。…

  2. Report

    東京ワンダーレース 〜味の素スタジアムステージ〜

    12月27日は年内最後のレースとして、東京の味の素スタジアムを舞台とし…

  3. JCRC

    【ツール・ド・ジャパン2012 西湖ステージ】前日&レース編

    昨日、今日とツール・ド・ジャパン2012 西湖ステージに参加して来まし…

  4. Report

    2015 JBCF 南魚沼タイムトライアル

    9月19日、20日と新潟県の南魚沼市で開催された、南魚沼タイムトライア…

  5. Report

    ツール・ド・おきなわ2013 参戦記 – レース編

    【レース情報&形式】大会  :第25回記念「ツール・ド・おきなわ2…

  6. Report

    2016 JBCF 群馬CSCロードレース Day-1

    群馬サイクルスポーツセンターにて4月23日から2日間開催された、JBC…

コメント

    • doroke
    • 2014年 4月 21日

    昨日は、久しぶりにご一緒に(ほんの少しですが)レースができて、とても楽しかったです。
    動画も熱く肩を組んだ画像もいただきますw
    記録更新並びに素晴らしい順位もおめでとうございます。記録を聞いた時には、「さすがだなあ」って素直に思いました。
    今回はコテンパンに負けてしまいましたが、次回はもっと長くスナフキンさんと競り合えるように練習いたします。
    でもお会いできてよかったです。今度ゴールデンウィークでお時間が合えば、一緒にロングライドしたいですね。

    • Snufkin777
    • 2014年 4月 21日

    >dorokeさん
    昨日はどうもお疲れ様でした。帰りの電車の関係もあって、少しバタバタしてしまいましたが、お会いできて良かったです。しかしチェーン落ち痛かったですね。あれが無ければ、きっとゴールまで自分を置き去りにしていたのではと思うぐらい軽やかでしたから(笑)
    富士で一緒に走れないのは残念ですが、GWは是非どこかご一緒しましょう!

    • state
    • 2014年 4月 21日

    お疲れさまでした。熱いレースとまだまだ冬の信州の山道とのコントラストが熱いですね。
    魚民の隣のお蕎麦屋さんといえば某K店ですね。美味しいのにボリュームもあって好きです!(食べたい!)
    最近当方は週末は家事か家族の世話で乗れてないのですが気候もよくなってきましたしぜひまた機会をみつけてご一緒お願いいたします。

    • Snufkin777
    • 2014年 4月 21日

    >stateさん
    どうもご無沙汰です。そういえばstateさんも信州の方は詳しかったですよね。家族サービスも大事ですが、時間のある際には是非どこかに走りにいきましょう!お待ちしてますよ?。

  1. ブログを読ませていただき、動画を見せていただいても、同じコースを走るレースに出走したという実感が湧きません。
    特に動画!YouTubeの小さな画面から殺気のようなものさえ感じられます。一緒に走ることはできないから、せめてこういう集団に抜かされてみたいとさえ思いました。
    dorokeさんが追い越す場面、路上に止まる場面もきっちり映ってますね。これを見たら無念に思うだろうな…
    それにしても、こういう動画を見ると自分が若くないことが残念でなりません。

    • Snufkin777
    • 2014年 4月 23日

    >shimaさん
    動画から殺気とは大袈裟な気がしますが(笑)、速い方々は本当に速いので、自分も後ろからあっと言う間に抜かされることが多いですよ。でも80歳の方が1時間25分で走られるのですから、shimaさんはまだまだこれから頑張れると言うことですよ!楽しさと苦しさが両立?するのがヒルクライムという気もするのですが、何よりも楽しさに勝るものは無いので、次回も是非ご参戦ください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Report

    2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 1/2
  2. Report

    2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  3. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
PAGE TOP