Review

ELITE V-ARION Parabolic Inertial ローラー

Elite - V-Arion Parabolic Inertial ローラー
7.3

8.0 /10

音/振動

5.0 /10

負荷

8.0 /10

価格

8.0 /10

Pros

  • 負荷調整可能
  • 比較的簡単に折畳み可能
  • 脱輪防止機能

Cons

  • 振動(特に階下)
  • 若干負荷が弱い

ローラー台の記録を書いているのに、肝心なローラー台に関して書いていないことに気がつきました。トレーニングメニューも後から書いてみたいと思いますが、ここでは家で使っているローラー台について書いてみたいと思います。
今使っているローラー台は、ELITEのV-ARIONという3本ローラーです。このローラー台、3本ローラーなのに負荷も3段階で調節することができます。

Elite – V-Arion Parabolic Inertial ローラー

負荷装置は一番高い3に設定していつも乗っているのですが、これで実走時と比較するとよりほんのちょっぴり負荷があるかな?という感じだと思っています。平地では無いけれど、坂を漕いでいる感じでもない、何とも微妙な負荷加減です・・・
このローラー台、実はローラー自体の端が盛り上がっていて、誤ってローラーから落ちないように工夫されています。初めて乗った時にも非常に助けられましたし、今でも疲れている状態の時には、端の盛り上がりで助けられることもしばしばあります。3本ローラーから転倒する話はよく聞きますが、この機能のおかげで今までローラー台から落ちたことは最初慣れない時の1回ですんでいます(笑)
静粛性に関しては、今のところ20km/h台だととっても静かです。いつも30-40km/hぐらいで乗るのですが、その時にはある程度の音がします。そして45km/hオーバーになると「ブーン」という地響きのような音がして振動します。自分はマンションの廊下でローラー台に乗っているのですが、下の階も同じ作りなので廊下になること、隣が階段ということもあり騒音に関してはマットを引いているだけで今のところ苦情はもらってないので、大丈夫かな?と思ってます(笑)
YouTubeとかでたまに見る、慣れると3本ローラーでも手放しできるというやつですが、これもチャレンジしました。最初は片手でも怖かったのですが、タイミングというかコツがあるみたいで、今では何とか手放しで3本ローラーにも乗れるようになりました。
ダンシングは出来なくはないですが、恐る恐るなのであまり練習にはならない感じですかね。新しいELITE E-MOTIONの3本ローラーであれば、ダンシングも出来るみたいでこちらも欲しいなぁと物欲をそそられます。
自分のローラー台トレーニングは毎朝の30分程度が日課です。ただ廊下で乗っているだけだと何の面白みもないので、自分はBluetoothのコードレスイヤホンをして、少し離れた机においてあるiPhoneから音楽を聴いていつも走っています。それでもトレーニング中に高負荷状態で走っている時には音楽が聞こえていない状態もしばしばありますが・・・
最近固定式のローラー台を筋力負荷の練習のために少し欲しいと思うようになってきましたが、お金の関係で我慢、我慢な今日この頃です。

ピックアップ記事

  1. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  5. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2

関連記事

  1. Review

    Gore Bike Wear – Oxygen Windstopper Soft She…

    自転車に乗り始めた2009年に購入したパールイズミ製の冬用ジャケットが…

  2. Review

    DashWare – ツール・ド・八ヶ岳を編集

    前回ご紹介した、DashWareで2012 ツール・ド・八ヶ岳のフル動…

  3. Review

    De Soto トランスパックVI を購入

    自家用車は持ってないので、遠征の際にはレンタカーを借りる事が多いのです…

  4. Review

    Contour+ ウェアラブルビデオカメラ

    ContourContourというメーカーをご存じでしょうか?…

  5. Review

    ZOOT 2015 ULTRA TRI BAG 2.0

    これまでは、購入したDe Soto トランスパックVIを遠征時には利用…

  6. Review

    BikND Helium Bike Case

    日本国内において、自分のロードバイクを輪行などで持ち運ぶ方はかなり多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. UCI GRAN FONDO WORLD SERIES &#…
  2. 2018 JBCF宇都宮ロードレース
  3. 2018 JBCF宇都宮クリテリウム
  4. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  5. ゴールデンウィークに東北を巡る旅@秋田&青森
PAGE TOP