Review

Wiggle商品の返品と関税の払戻について

 Wiggleから間違ったホイールが届いた件で、土曜日に関税局へ関税の払戻手続きと返品の処理をしに伺いました。色々と手続きがあったのですが、今後の為にも纏めておきたいと思います。恐らく他のサイトを見ると、実施の方法等が違う場合もありそうなので、あくまで自分の場合ということで参考にしてもらえればと思います。
1. 事前準備
1-1. 違約品の証明
間違った商品が届いたことを証明する為に写真を用意したり、書類でも不備があるのであれば、これら違約品として証明できるものを準備します。
1-2. Wiggleへの連絡
Wiggleに間違った商品が届いた事を、写真を添付してメールで自分の注文書番号などを添えて連絡します。Wiggle側より返品手続き等に関して案内が来て始めて、Wiggle Online上で返品手続きを行います。
1-3. 関税払戻に必要な書類等の準備
関税の払戻に関しては、色々と準備する書類が必要です。自分は以下の書類を準備しました。
違約品等の輸出に係る関税払戻し(減額・控除)申請書(税関様式T-1640)
関税局のHPにあるFAQより、「違約品等の輸出に係る関税払戻し(減額・控除)申請書(税関様式T-1640)」をダウンロードしておきます。2部必要になりますが、コピーされるので1部でも問題無いと思います。(場所が分かりづらいのでリンクを貼っておきました)
関税払い戻し 
Wiggleのオンライン注文画面の画面キャプチャ
インターネットで購入した商品であることを証明する為に、Wiggleのマイアカウントから、自分が今回インターネットで注文した商品の画面などの画面キャプチャを取得、印刷して書類としました。
Order.jpg 
WiggleのInvoice
商品到着時に箱に付いていた、英語、日本語それぞれのInvoice(領収書)を準備しました。こちらも実際に自分が購入して受け取った事を証明する為に用意したものとなります。
Invoice.jpg 
Wiggleのメール
先のWiggleとのメールでのやり取りにおいて、Wiggle側が非を認めて返品の依頼をしているメールを印刷して準備しておきます。
Wiggle返品手続きの際の書類
Wiggleで返品手続きを行った際、同封するように言われる書類を印刷して準備しておきます。
return.jpg 
国際郵便課税通知書
商品到着時に郵便局の方に渡された書類です。課税されたことをが記載されているのでこちらも必要です。
国際郵便課税通知書 
国税(収納金/整理)資金 納付書・領収証書
こちらも商品到着時に郵便局の方に渡されたものです。こちらも必要なので準備します。
納付書 
CUSTOM DECLARATION
発送元であるイギリスにて税関を通ったことを証明する書類です。こちらにはCN22などの記載がありますが、返品する際にこちらが無いと問題になる可能性があるので、必ず準備します。商品到着時の箱に貼付けられているか、紙が入っているようです。
Custom-Declaration.jpg 
印鑑
こちらは書類に印をしたり、間違った箇所への訂正印として使うので必ず持参します。
銀行のカードまたは通帳
払戻をどこの口座へ入金するのかを書類に記載する必要があるため、銀行カードや通帳などを持参しておきます。
EMSの送付状
郵便局からEMSの送付状を入手し、入力しておきます。
2. 関税返金手続き並びに返品処理
関税の返金手続きを実施する為には、返品する商品を税関に持ち込んで検査、違約品であることを税関職員に確認、証明してもらう必要があります。その後郵便局からEMSで返品するのですが、一連の流れに関して纏めます。
2-1. 税関へのアポイント
まずは、税務局のHPから最寄りの税関を探して、電話、違約品を返品するので確認をお願いしたいことを伝えます。後で税関職員に聞いたのですが、意外とこの手続きを実施できる人が少ないらしく、可能な限り事前に電話連絡の上、日時を決めて来て欲しいとの事でした。いきなり行くと、時間がかかったり、対応出来る人がいなかったりする可能性もありそうです。。。。
2-2. 税関での検査と関税払戻の手続き
アポイントした日時に、事前準備で用意した書類と返品する商品を持って税関へ伺います。ここでは違約品の写真や書類のコピーなどを税関職員が質問等を含めて行います。その後、返品が可能な商品と判断されれば、書類として用意した「違約品等の輸出に係る関税払戻し(減額・控除)申請書(税関様式T-1640)」へ職員の指示のもと、入力を行います。なお、実際に入力した際に以下のような区分となりますので、覚えておくと良いでしょう。
【輸入貨物欄】
品名:輸入した品名全て
価格:輸入した品物の金額合計
関税額:職員が教えてくれるので指示に従う
【輸出貨物欄】
品名:返品する商品名(間違った品物名をカッコで区切って下に記載)
価格:返品する商品の金額合計
税関での検査が終了すると、その場で返品する品物を最後の梱包を行います。Wiggleから同封要望のあるものとInvoiceのコピー、担当者とのメールのやり取りなど、揉めないように関係無いと思われても、入れといた方が良いと思われる書類は全て同封しました。今回は関税局の方にコピーしてお願いしましたが、事前に自分でコピーしておくと良いと思われます。自身での梱包が終了すると、関税局員が関税局のシールと印を押してくれます。こちらを持って、郵便局へ行き返品を行います。
Japan-Custom.jpg 
2-3. 返品
郵便局ではEMSで返品を行います。こちらでもらった領収書等は控えて再度関税局へ行きます。関税局員がEMSの領収書等のコピーを取って、全ての処理が完了となります。返品する箱には必ず日本語で「返品」、英語で「Shipped Goods Failed-Sale」と記載しないと行けませんので、気をつけましょう!
pack.jpg 
3. 最後に
今回対応して思った事は、関税局と郵便局を行き来しないと行けない事があるということです。私は「横浜税関川崎外郵出張所」で処理を行いましたが、この税関は郵便局内に併設されており、処理がスムーズに行えるとても便利な場所でした。更にアポを取って土曜日での対応も可能でした。(ただし担当職員がおり、午前中だけとの指定あり)皆さんもこれらの処理をする際には、土日に対応可能であるのかを郵便局の受付窓口の空き時間、税関職員の対応可否を含めて事前に確認しておくことが一番良いと思いました。
関税局 


4. その後(2012/11/15追記)
無事にWiggleで返品処理が受付、完了するとメールで通知が来ると共に自身のアカウントより送料含めてマイナス処理されていることを確認しました。これで全ての処理が完了(一応お金が戻って来ているかの確認はしてからですが。。。)になります。
money-back.jpg

ピックアップ記事

  1. 宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  2. Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 秋葉街道縦断ライド

関連記事

  1. Review

    Quad Lock Case for iPhone6Plusを投入

    これまでSmartPhoneをジャージのバックポケットに入れて走ること…

  2. Review

    Castelli – Estremo ウィンターサイクリンググローブ

    前回紹介した、Gore自「Gore Bike Wear – Oxyge…

  3. Review

    Contour+ ウェアラブルビデオカメラ

    ContourContourというメーカーをご存じでしょうか?…

  4. Review

    ZOOT 2015 ULTRA TRI BAG 2.0

    これまでは、購入したDe Soto トランスパックVIを遠征時には利用…

  5. Review

    GIANT PROPEL ADVANCED SLを購入

    去る2014年12月30日に愛車のTREK Madone6.9SSLの…

  6. Review

    ロングライドの夏対策グッズ

    久しぶりのブログ更新です。愛車がコンポーネントの載せ替えでショップに入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. Trip Ride

    秋葉街道縦断ライド
  3. Trip Ride

    宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  4. Report

    2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. Trip Ride

    Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
PAGE TOP