Review

Fast Forward – F6R Carbon チューブラー 240s ホイールセット

前回のブログに書いた通り、当初購入したCampagnolo Bullet Ultra 80 Cult 2 Way Fit カーボンホイールセットは、間違えた商品が届いたため、返品を実施。(まだ返金されてませんが。。)
そこで、本当にCampagnolo Bullet Ultra 80 Cult 2 Way Fit を再度購入するのか?という自問の結果、また一昨日のツール・ド・ジャパン 西湖ステージで多数の自転車を確認、且つ今後ヒルクライムのレースも考慮した結果、あえてチューブレスにこだわる必要は無いのでは?という自問自答と最近ではチューブラータイヤもテープによる接着を含めて大分とタイヤ交換にかかる工数も減っている事実を確認、カーボンホイールとチューブラータイヤにおける重量の軽減と自分の貯金の関係も含めて、最終的にはFast Forward – F6R Carbon チューブラー 240s ホイールセットContinental – Competition チューブラータイヤを決戦ホイールセットの位置づけで購入しました。
Fast Forward – F6R Carbon チューブラー 240s ホイールセット

ご存知の通り、このホイールはロードレースからヒルクライムまでオールマイティに使える事です。また前回は平地のみを考えて80mmのリムハイトを検討しましたが、ロードレースにおけるハンドリングなども考慮して60mmのリムハイトのホイールの購入となりました。Campagnolo – Bora OneやZipp404, Fulcrum – Racing Speedなどのホイールと比較して相当悩みましたが、色々なブログのインプレや雑誌のレビューなどを見てFast Forwardのホイールが一番良さそうなので購入することとなりました。金銭的にも4万円程Campagnolo Bullet Ultra 80 Cult 2 Way Fit よりも安いので、こちらの差額を利用する形でチューブラータイヤやリムテープを購入しました。予定では次回のセオフェスでデビューさせたいのですが、初回の利用時が落車みたいなオチにはなりたくないので、逆に安全運転になるかも知れませんね(笑)
ちなみにチューブラータイヤは使った事が無いので、非常に楽しみです。パンクに強そうなタイヤを選んだつもりですが、なにぶん経験が無いので色々なブログを読みあさって今後の情報収集に当てれればと思ってます。。。
Continental – Competition チューブラータイヤ

MIYATA(ミヤタ)TTP-1 チューブラーリムテープ 16mm×20m MIYATA(ミヤタ)TTP-1 チューブラーリムテープ 16mm×20m
商品詳細を見る

ピックアップ記事

  1. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  3. ゴールデンウィークに東北を巡る旅@秋田&青森
  4. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 2018 サロベツ100マイルロード大会

関連記事

  1. Review

    Contour+ ウェアラブルビデオカメラ

    ContourContourというメーカーをご存じでしょうか?…

  2. Review

    自転車用ナンバープレートを作ってみた

    ヒルクライムの大会では、受付で渡されたナンバーシールをヘルメットや自転…

  3. Review

    BikND Helium Bike Case

    日本国内において、自分のロードバイクを輪行などで持ち運ぶ方はかなり多い…

  4. Review

    DURA-ACE 7090 Di2

    本日ショップから、愛車のMadoneへDURA-ACE 7090 Di…

  5. Review

    TANITA インナースキャン50V 体組織計

    自宅にあるOMRONの体重計が昨年10月ぐらいに故障して、これまで体重…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

最近の記事

  1. ツール・ド・はなわ(LE TOUR DE HANAWA)
  2. 第 13 回 セオサイクル・サイクルフェスティバル(セオフェ…
  3. ツール・ド・おきなわ 2018
  4. 2018 JBCF しゅうなんクリテリウム
  5. 2018 JBCF 大星山ヒルクライム
PAGE TOP