Review

TANITA インナースキャン50V 体組織計

自宅にあるOMRONの体重計が昨年10月ぐらいに故障して、これまで体重を自宅では計っていなかったのですが、日々の体調管理とダイエット?の意識を高めることも含めて、「TANITA インナースキャン50V 体組織計」を購入しました。OMRONの体組織計等と比較して非常に悩んだのですが、きちんとした筋肉量などを計るのは手で持つ体組織計が精度が高いということ、アスリートモードと言う比較機能やSDカードへの保管ができることが決め手となって、今回こちらの機器を購入しました。OMRONの製品はAndroid系のモバイルと通信できたりするのですが、iPhoneの対応は無かったので今回は見合わせました。
TANITAインナースキャン50V BC-622-BK

こちらの体組織計が到着して早2日。早速ですが色々と機能があるのですが、その中で2つだけご紹介を。興味のある方は、TANIAの公式ページをご確認ください。
MBA(My Body Analyzer)機能
この機能は、1,000人を超える?アスリートデータのデータと計測した自分の筋肉特性を比較して、ビギナー、アマチュア、セミアスリート、アスリートの4つのカテゴリのどこに属するかを判断してくれます。ちなみにカテゴリは以下になります。
622_1_3_2.gif
そして本日朝に測定した結果、自分は以下のようにアマチュアに属しているということで判別されました。(液晶の中の走っている人が属しているカテゴリです)
MBA.jpg
80kg台からのダイエットや筋トレで、まだまだ痩せる余地があるとは言え、筋肉と言う観点では中々良いのでは?と自分で思っております。。。
部位測定
左腕、右腕、左足、右足、体幹部の筋肉量、脂肪率が個別に測定されます。普通であれば、全身だけの表示で問題無いのですが、筋トレ関係で強化をどの部分でするべきなのか?という観点で、筋肉量が左右比べると右に寄っているなどの比較に使えますね。
後はSDカードにデータが記録されるので、必要な時には付属のソフトウェアをパソコンにインストールして、SDカードからデータを読み込み、PCでこれらのデータを管理できるのがいいですね。早速ですが使わせてもらっています。
以前のOMRON製の体重計の時には、体内年齢は40代でしたが、今の体重や体脂肪等は実年齢よりも下がってきているので、モチベーションアップです。毎朝のローラー台後に測定することを日課として、今後は記録を残して行こうかと考え中です?。
PS
しっかし体組織計もピンからキリまで色々と種類もあれば、値段の幅も広いので、選ぶのは悩みますね?

ピックアップ記事

  1. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  3. Make a Wish Charity Bicycle Ride 2017 in…
  4. さぁ、はじめよう
  5. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. Review

    ベネクス リカバリーウェア購入後のレビュー

    以前ベネクス リカバリーウェアを購入したことを書きました(こちらの記事…

  2. Review

    ELITE V-ARION Parabolic Inertial ローラー

    ローラー台の記録を書いているのに、肝心なローラー台に関して書いていない…

  3. Review

    Wiggleから久しぶりにお買い物

    ロードレースで鎖骨を骨折してから、自転車に乗れない日々が続いていますが…

  4. Review

    Castelli – Estremo ウィンターサイクリンググローブ

    前回紹介した、Gore自「Gore Bike Wear – Oxyge…

  5. Review

    硬化ガラスコーティング剤 – AQUADROP GLASS COAT PREMIUM

    GIANT PROPEL Advanced SLを購入したことをきっか…

コメント

  1. …ちなみに、お値段はいかほどですか…?
    (;゚∀゚)

    • Snufkin777
    • 2013年 2月 11日

    値段は結構しましたよ。。。。 AMAZONで18,000円近く。。。
    こんなに高いのいらないと思いきや、色々と見ている内にポチってしまいました。。 数年は使って元取らないといけないですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. ツール・ド・はなわ(LE TOUR DE HANAWA)
  2. 第 13 回 セオサイクル・サイクルフェスティバル(セオフェ…
  3. ツール・ド・おきなわ 2018
  4. 2018 JBCF しゅうなんクリテリウム
  5. 2018 JBCF 大星山ヒルクライム
PAGE TOP