Review

BONTRAGER Paradigm RXXXLサドルを使ってみて

さて、この前購入した BONTRAGER Paradigm RXXXLサドルですが、素人目線での個人的なレビューを書きたいと思います。ちなみにこのレビューを記載するまでに、以下のとおりライドしました。
3/17 約111km
3/18 約13km
3/19 約25km
3/20 約132km
【感想】
サドルを交換して初日に111km程走った感想としては、これまで使っていたサドルと比べると「堅い」というのが正直な感想です。サドルはマイクロファイバーが主であり、レールはカーボンということで軽さを実現しています。これまで使っていたAffinityは合皮でサドル自体が覆われていたのと、今回のサドル以上にクッションが効いていました。こちらが突然マイクロファイバー、カーボンレールに変わったものですから、最初は板の上に座っているような感覚でした。
【痛みは?】
実際に初ライドで使用した結果、お尻が痛くなりました。これまでのサドルでは、体形が変わった影響もあるのでしょうが、股、脚とお尻の付け根が擦れるという感じで痛みを伴いましたが、今回痛くなったのはどちらかというと臀部というか、やはり座骨近辺ですかね。
その後はローラー台で2日間利用しましたが、前日に痛くなった箇所に痛みが残っているかと言うとそういうこともなく、30分程度のライドでは痛みという観点では、特に意識するようなことは無かったです。
昨日132km程乗りましたが、お尻は痛くなりました。痛くなった場所は初日とそれほど変わりませんが、座骨付近が押さえ付けられたような鈍痛が徐々にやってくるイメージです。
なお、ここで付け加えておきますが、痛みに関しては「一度痛くなった後に耐えられなくなる」という類いのものではなく、サドル上でとあるポジションになると徐々に痛んでくるという感じで、ポジションを変えたり体重の移動で幾分にも楽になることもありますし、痛みが消えることもあります。またスイートスポット的なポジションがあり、こちらに入ると痛みは起こりません。座骨やお尻の角度、座り方などに依存するようですね。
【総括】
まず、サドルを変えたことで痛みが若干出ているのは事実ですが、これはサドルが合わないというよりは、自分が自転車に乗っている時のポジションに大きく依存しているということです。
下の写真のように、自分は自転車に乗っている間、後ろに前にとポジションを変更することが多いです。ただどこかの本にも書いていたかも知れないですが、スイートスポット的な場所に上手く座れると痛みは出ないので、フォーム的な部分が大きいですね。(まぁ、サドルが合わなければ100kmも走れないでしょうし)
sadle01.jpg
後はサドルの真ん中が空洞になっていて、体重でしなって負荷を分散させる的な要素もあると思うのですが、上からサドルを押してもそれほどしなる感じがしないので、やはりサドル自体は堅いのではと思っています。個人的にはもう少ししなるともっと負荷が分散されて、痛みがでないのでは?何て思ったりしています。?
sadle02.jpg
最後はサドル自体の角度でしょうね。ほんの少しですが、このサドルは後ろが上がっているようなので完全に平面ということではなさそうです。どのような角度が一番フォームが落ち着いて、お尻が痛くならないポジションを取れるのか?というのが次の課題になりそうです。個人的には少しサドルの前を下げ、後ろ側で支えるような感じが良いのでは?と思っています。こちらは今後試してみて、どうなるかを確認したいと思います。
と言う事で、現時点ではまだまだこのサドルが本当に自分に合っているのか?ということは分かりません。少なくとも誰にでも使えるサドルでは無いとは思いますが、ある程度しっかりとロードバイクに乗って、フォーム等が的確でないと、同様に痛みが出る人も多いのでは?と思います。
ただし、一番良いポジションが見つかった時には、軽さや堅さを含めて痛みも感じずに快適なライドもできる気がします。可能であればショップから借りて暫く乗ってみるのがいいでしょうね。それも100kmを超えるロングが良いのでは?と思います。あまり約に立つ感想では無いとは思いますが、取り敢えずのレビューでした。
2013/4/2追記
サドルを2mm程度下げた後、全然痛みがでなくなりました。ポジションが悪かったのも痛みが発生していた原因のようでした。誰かが記載していましたが、どんなサドルでもちゃんとポジションが取れて、フォームがしっかりしていれば100kmぐらいは大丈夫なのだとか。。。200kmオーバーのロングでどうなるかは別途検証してみたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  3. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 2017 サロベツ100マイルロード大会

関連記事

  1. Review

    飛行機輪行のためにPolaris EVA Bike Podを購入

    これまで幾度となく電車を利用した輪行は実施したことがあるのですが、飛行…

  2. Review

    ZOOT 2015 ULTRA TRI BAG 2.0

    これまでは、購入したDe Soto トランスパックVIを遠征時には利用…

  3. Review

    DashWare – ツール・ド・八ヶ岳を編集

    前回ご紹介した、DashWareで2012 ツール・ド・八ヶ岳のフル動…

  4. Review

    DURA-ACE 7090 Di2

    本日ショップから、愛車のMadoneへDURA-ACE 7090 Di…

  5. Review

    パイオニアペダリングモニター装着!

    3月に申し込んだパイオニアの新型ペダリングモニターの装着が無事完了し、…

  6. Review

    GIANT PROPEL ADVANCED SLを購入

    去る2014年12月30日に愛車のTREK Madone6.9SSLの…

コメント

  1. わかりやすい説明でありました。
    スペシャのtoupe やrominが穴空きサドルで興味があります。
    そして今回のこのボントレガーのサドル
    どちらも座ってみると坐骨のあたりが痛くなるようです。
    どちらも同じような癖?があるのだろうなと感じました。
    後は後ろの反りですね。
    サドル上でお尻の位置がある程度選べるのもよい情報ですね。
    反っているサドルてピンポイントで座るようなイメージもありますからそう言う意味でもこのサドル
    興味ありです。
    さてスペシャのtoupeにするかボントのParadigm RXXXLもう少し考えて見ます。
    一番良いのはサドルを借りて試して見れるのが一番良いのですけどね。

    • Snufkin777
    • 2013年 3月 23日

    まっくろくろすけさん
    個人的なインプレッションなので、どれだけ当てはまるかは分かりませんが、少しでも役立つようであれば、幸いです。
    今サドル選びで色々と考え中なんですね。Paradigm RXXXLは確かにサドル上でお尻の位置を動かすこともできるので、ポジション変更もできるのですが本当はピンポイントで座る必要があるのかも知れないですね。この辺はまだ分からないですが、自分自身が乗って「ここ」という場所が分かるまでは色々と試すことになるだろうと思ったりしています。
    やはり試乗で少しでも構わないので「乗ってみる」というのが購入前に一番出来るといいですね。ちなみにTREKを扱っているバイクプラスとかなら、試乗ができるかも知れません。。サドル選びは色々と難しいですが、一番適したものを購入できることを願ってます?。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. ツール・ド・はなわ(LE TOUR DE HANAWA)
  2. 第 13 回 セオサイクル・サイクルフェスティバル(セオフェ…
  3. ツール・ド・おきなわ 2018
  4. 2018 JBCF しゅうなんクリテリウム
  5. 2018 JBCF 大星山ヒルクライム
PAGE TOP