Review

硬化ガラスコーティング剤 – AQUADROP GLASS COAT PREMIUM

9.9

価格

10.0/10

光沢性

9.5/10

撥水性

10.0/10

硬化ガラス

10.0/10

Pros

  • 低価格
  • 強固なガラス皮膜
  • 撥水効果
  • 光沢が良い

Cons

  • 硬化時間

GIANT PROPEL Advanced SLを購入したことをきっかけに、フレームへの傷や汚れ対策としてガラスコーティング剤を試してみたいと思っていました。前のTREK MADONEは何も処理をしなかったこともあり、落車以外の小さな傷が沢山ついてしまったので、新車で外を走る前に何かしらの処理をしてみようと思い、色々と物色しました。

ガラスコーティング剤を見つける


インターネット等で探すとガラスコーティングではスーパーピカピカレインが結構人気な模様。ただし、値段も1万円近くとかなりのお値段。その後も真のガラスコーティング剤について色々と調べていくと、こちらのサイトに辿り着いたので、参考にさせて頂きました。(何せ素人なので良くわかっていません)こちらのサイトから引用すると、

スーパーピカピカレイン(市販品)・ウルトラピカピカレインやクォーツガラスコーティング(業務用)では無機溶剤をコーティングすることで空気中の水分と化学反応を起こし劣化のない無機質の石英ガラス(SiO2)の膜に変化します。塗装表面をガラス膜で覆うことにより水を弾かない親水性ボディに変化させ、ウォータースポットや水玉に巻き込む汚れがつきにくく、汚れは水洗いだけで落としやすくなります。またガラス膜は紫外線劣化がなく、酸にも強いので圧倒的な耐久力も特徴となっています。

 

そして、100%のガラスコーティングに関しては以下のような記載が。。。

商品がガラス容器か、プラスチック容器かで簡単に見分けることが出来ます。なぜなら無機溶剤を容器に密閉するには、ガラス容器しか不可能だからです。 市販品でガラスコート被膜100%の製品は、スーパーピカピカレインとNEWピカピカレインだけです。また、業務用では、クォーツガラスコーティングです。

プラスチック容器だと空気が入り、ガラス成分が固まってしまう為、プラスチック容器を使用している製品は、本物の100%ガラスコーティング剤ではありません。(直ぐにガラスコート被膜がとれます)

つまり、プラスチック容器に入っているガラスコーティングと名乗っている商品は”真のガラスコーティング剤”では無いという結論です。ということで、早速色々と物色したところ、レビューを含めて非常に良さげな商品に出会いました。それがAQUADROP GLASS COAT PREMIUMです。何せ安いし評価も高いし、買わない理由が無かったので。。。

 

 ガラスコーティング剤を塗ってみる


Amazonから早速購入、早速と自転車に塗布をしてみました。まずWAXなど塗り広げる感じではなく、あくまでガラス容器に入った液体です。簡易の説明書を見ると、だいたい50cm四方に塗って直ぐに拭き取れと書いてます。幸いにも自転車に塗布しようということで、この辺は問題ないですね。早速とメンテナンススタンドに自転車を固定し、市販のスポンジを使って塗っては拭き取る作業を繰り返しました。

特に難しいことは無かったですが、自転車は逆に隙間の狭い場所などに塗布、拭き取るのが少し苦労したかなと。。。結果的には20分ぐらいで無事に完了。本当は汚れや油膜などを取り除いた状態で塗布しないといけないらしいですが、新車の恩恵でこの辺は特に気にする必要なし。やっぱり塗布するのは新車時が一番ですね。

説明書を見ると、一度塗布すると2時間は一切触れるなと。。。そしてその後重ね塗りしろと書いていたので、そのまま従って二度目の塗布を終えました。更に完全に硬化するまでに4-5日間ぐらいかかるので、それまでの間、乾拭きもするなと。。。

これは結構辛いものがありそうですね。自転車が1台しか無くて外に出た後に拭けないなんてことになります。自分の場合は、出張が重なったので、自宅放置でこちらもクリアです。

ともかく、硬化した後の状態で自転車を見ると光沢性に関しては「結構あるな!」と感じました。

 

ガラスコーティングの効果は?


実際にガラスコーティングの効果はどれぐらいあるのでしょうか? 小さな傷などにも有効な模様ですが、皮膜の厚さから考えると少しぶつけたりすると、直ぐに傷がつきそうな感じでした。ということで、フレーム保護シールを重要な所にその上から貼ってしまいましたが。。その後、初めてのロングライドを敢行した結果、自分が一番効果を感じたのは

汚れがつきにくい

とういことです。130km以上走って、且つ少し汚れているアスファルト(濡れたアスファルト含む)を走ったにも関わらず、タイヤは汚れがあるものの、フレームにはほとんど汚れがついていませんでした。普通なら泥はねの一つもありそうなもんですが、全然ついてなかったのです。おそらくこれはコーティングの効果で、泥はね等は撥水効果で風に乗って飛んでいったのでは?と思っています。

また、ローラー練習で汗が滴った結果、やはり水を弾いており、且つ息を吹きかけると無くなってしまいました。この効果は自分的には凄く嬉しかったです。(あくまで個人の感想なので、購入や効果は自己判断でお願いします。。)ということで、自分にとってのガラスコーティングの効果は「絶大」というのが率直な感想です。

後はこれがどれぐらいの持続性(5年と書いてますが)があるかがポイントですが、こちらは流石に時間をかけないと分かりませんね。ガラス硬化までに時間がかかるのが難点ですが、それ以外は”自転車に使う”という目的であれば、こちらのコーティング剤は非常に良いものだと思いました。

ピックアップ記事

  1. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  3. 秋葉街道縦断ライド
  4. さぁ、はじめよう
  5. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2

関連記事

  1. Review

    Wiggle商品の返品と関税の払戻について

     Wiggleから間違ったホイールが届いた件で、土曜日に関税…

  2. Review

    BikND Helium Bike Caseを購入

    飛行機輪行用に購入した、Polaris EVA Bike Podですが…

  3. Review

    色々とお買い物

    自転車のレースシーズンも間近なのですが、先週土曜日は雨のためローラー台…

  4. Review

    Castelli – Estremo ウィンターサイクリンググローブ

    前回紹介した、Gore自「Gore Bike Wear – Oxyge…

  5. Review

    XeNTiS Squad 4.2 Tubular Carbon Silver Line

    Fast Forward F6RのディープリムホイールをWiggleか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. NISEKO CLASSIC 2018
  2. UCI GRAN FONDO WORLD SERIES – …
  3. UCI GRAN FONDO WORLD SERIES – …
  4. 2018 JBCF那須ロードレース
  5. 2018 JBCF那須塩原クリテリウム
PAGE TOP