JBCF

2015 JBCF 舞洲クリテリウム

昨日は2015年度の実業団レースの第2戦として、大阪舞洲で開催された舞洲クリテリウムに参加してきましたので、レポートです。

【レース情報&形式】


大会  :第22回 JBCF 舞洲クリテリウム
距離  :17km (850m×20aps)
クラス :E3

【コース】


2015-04-06-6-33-47

【舞洲へ】


今回は輪行だったのもあり、最寄り駅の桜島までは電車で移動。ただし桜島駅の手前はかの有名な「ユニバーサルスタジオ・ジャパン」があるので、大阪から西九条までの環状線は激混みで輪行の身としては辛かった。九条から更に混むのでは?と予測していましたが、空いていたので良かった。。

2015-04-05 10.06.15

桜島駅からは自転車を組み立てて、レース会場のある舞洲へ移動。ここで何故かリアの変速がしないというトラブルに襲われて直らないので、そのまま舞洲へ繋がる巨大な橋を渡る羽目に。何故か橋の降り際の振動のせいか、その後は無事に変速するようになって一安心でした。

今日は一番最後のレースに出場するので、それまでの間、他のレースを見たり、チームメイトの応援を行いますが、雨が一番キツかった。。気温はそれほど低くは無いとは思うのですが、雨のおかげで寒かったです。カッパは持ってきていたのですが、現地に雨を凌げる所があるだろうとタカをくくっていたら、そのような場所は皆無。そういう意味でも傘を持って来ていなかったのも失敗だったかも。

2015-04-05 14.07.04

コースは試走した感じではフラットでコーナーもそれほどタイトでは無い感じ。ただし砂利が浮いており、雨の影響もあって空気圧はかなり低めで設定しました。近くで10km程走ってアップして16時過ぎのスタートに備えました。

2015-04-05 13.14.47
【レース】


JBCF E3ですが、850mのコースを20周で争われ、最終着順で順位を決定します。8周回毎にスプリント賞もあるレースです。アップ後直ぐに並んだこともあり、最前列をゲット。クリテリウムは結構ポジションが大事ですが、今回はローリングスタートでした。。コース上のコーナーは4箇所ですが、最後のコーナーが外側にバンクしているので、要注意ポイントでした。

スタート直後から、集団の先頭付近をキープして走ります。番手を落としても20番手ぐらいまでとして、とにかく前目で走ることを意識。雨のレースなので特に落車は怖いですから。。。

途中で先頭に立って軽く逃げてみるも直ぐに追いつかれました。これまでのレースでも完全な逃げは無理と思っていたのでまぁ予想通りです。

その後もハイペースを維持しながら走っており、スプリント賞のある8周回目に。ここのバックストレートで結構良い位置をキープできていたので、ここは行くしかないっしょ!という感じで第3コーナーに4番手ぐらいで入った記憶がありますが、目の前の方が第4コーナーで落車して、なんとかドリフト回避。今度は回避した先にいた方がまた落車して、これもなんとか回避。大外に膨らんでかなり速度が落ちましたが、自分より後ろの方も落車に巻き込まれた感じもあり、前には3人しかいなかったので、ここで踏んで1人抜かして3着でスプリント賞を頂きました。。。

その後も前目で展開して、2回目のスプリント賞はポジションが悪くて諦めました。集団も最終周回に向けて少し牽制モードも入り、残り2周回。ホームストレートのスタート/ゴール地点で牽制の為速度が緩み、大外から一人抜けてしまいました。。。あぁやってしまったと心の中で思いながらも、ここで速度を落としてもレースを台無しにするので、そのまま先頭を牽きましたよ。。最終周に備えて少し温存しながら走ったのは内緒ですが、そのまま1周を先頭で走って最終周のホームストレートで周りが一気に抜かして行きます。ここで追いつこうと企んでいたのですが、思いの外脚は動かずに20番手以降で走るはめに。。。バックストレート、最終コーナー含めて少し盛り返しましたが、結果は集団ゴールになってしまいました。

それまでの展開が結構良かったので、最終周まで飛び出さずに集団にいれば、今日の出来だと入賞は出来たのでは?と思ってしまいますが、タラレバですね。結果としては、スプリント賞をもらえたのもありますが、2回あった落車を無事に捌いて無事故で終えれたのが一番でした。

リザルト


第22回 JBCF 舞洲クリテリウム
クラス  :E3-3組
順位   :16位(出走58人、完走37人)
距離   :17km
TOP差  :00:05
平均時速 :41.14km/h

 

Garmin記録

Summary Data
Distance 16.29 km
Time 24:46
Work 392 kJ
Avg Temperature 13.0 °C
Avg Speed 39.5 km/h
Max Speed 51.8 km/h
Elevation Gain 6 m
Elevation Loss 4 m
Min Elevation 19 m
Max Elevation 25 m
Avg HR 159 bpm
Max HR 173 bpm
Avg Cadence 96 rpm
Max Cadence 120 rpm
Avg Power 317 W
Max Power 842 W
Left/Right Balance 53/47 %
Left/Right Torque Effectiveness 89/88 %
Left/Right Pedal Smoothness 27/27 %
Normalized Power (NP) 305 W
Intensity Factor (IF) 1.33
Training Stress Score 72.4

 

Lap Time Distance Avg Speed NP Avg Power Max Power Remarks
1 01:30.2 0.82 33.4 354 250 744
2 01:15.5 0.80 38.6 363 226 746
3 01:12.5 0.80 40.9 371 250 813
4 01:10.6 0.81 42.1 401 329 700
5 01:15.5 0.79 38.7 347 311 616
6 01:19.7 0.80 36.9 365 235 735
7 01:16.6 0.80 37.9 412 232 821
8 01:10.6 0.79 40.8 463 321 776
9 01:17.7 0.80 37.8 246 226 555
10 01:13.6 0.80 39.7 381 231 727
11 01:12.6 0.80 40.7 397 298 663
12 01:13.5 0.79 39.6 366 270 707
13 01:14.6 0.79 39.1 376 206 776
14 01:13.6 0.78 39.4 393 246 813
15 01:14.6 0.79 39.5 309 211 755
16 02:25.4 1.60 40.1 375 269 833 2周分
17 01:09.6 0.81 42.9 356 254 712
18 01:12.7 0.80 40.2 324 317 577
19 01:06.9 0.79 43.5 479 360 842

ピックアップ記事

  1. 2017 サロベツ100マイルロード大会
  2. さぁ、はじめよう
  3. 宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  4. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  5. ゴールデンウィークに東北を巡る旅@秋田&青森

関連記事

  1. JBCF

    2016 JBCF 群馬CSCロードレース Day-2

    群馬サイクルスポーツセンターにて4月23日から2日間開催された、JBC…

  2. JBCF

    2018 JBCF 秋吉台カルストロードレース

    少し前になるが、2018年9月15日に山口県で開催された、秋吉台カル…

  3. JBCF

    2018 JBCF宇都宮クリテリウム

    大会名称/リザルト大会名:第5回 JBCF 宇都宮…

  4. JBCF

    2015 JBCF おおいたサイクルロードレース

    10月31日は大分県大分市で開催された、”第2回 JBCFおおいたサイ…

  5. JBCF

    2014年度結果と2015年度の予定

    2014年度のシーズンは最終的に落車で鎖骨骨折という結果で幕を閉じてし…

  6. JBCF

    2017 JBCF おおいたサイクルロードレース

    10月14日、15日と「OITAサイクルフェス!!! 2017」が大分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. 2018 JBCF しゅうなんクリテリウム
  2. 2018 JBCF 大星山ヒルクライム
  3. 2018 JBCF おおいたサイクルロードレース
  4. 2018 JBCF おおいた いこいの道クリテリウム
  5. 2018 JBCF 南魚沼ロードレース – Da…
PAGE TOP