Trip Ride

山梨までロングライド

本日は、尾根幹、牧馬峠、雛鶴峠、二十曲峠、山中湖、道志みちを回る230km程度のロングライドを計画して実行しました。色々とトラブルもあったので、それも含めて記載したいと思います。

2015-04-30-7-58-06

往路

2015-04-30-7-57-35

復路

 

自宅〜二十曲峠まで


本当は朝4時ぐらいに出発したかったのですが、寝不足のせいか結局起きたのが4時半で家を出たのが5時半前でした。気持ち向かい風のような風がないような中を進んでまずは稲城市にあるローソンで休憩。今日は先が長いということもあり、あまり脚を使わ無いように尾根幹を走り、津久井湖を経由して道志みちへ。

道志みちを暫く走った後、右折して牧馬峠へのプチヒルクライムを開始しました。牧馬峠は逆から登ることが多いのですが、今回は以前よりも何となく楽に登れたような気がします。
20150429003

その後は一路雛鶴峠へ。今回雛鶴峠へ登るのは初めてですが、それほど斜度が高い訳でも距離が長い訳でもなく、何となくなアップダウンを少し繰り返しつつも快適な道が続いており走りやすかったです。道志みちから山中湖へ続く山伏峠的なイメージを持っていたのですが、少し拍子抜けしつつも無事に雛鶴峠へ到着、トンネルを経てそこからは一気に都留までのダウンヒルが始まりました。

20150429005

都留まではそこそこ車線の幅もあり、走りやすい道を一気にダウンヒル。追い風も手伝って、かなりのスピードで都留バイパスとの交差点にあるセブンイレブンまで来るとができました。セブンイレブンで少し補給し、今度は都留バイパス、富士みちを経て次の目的地である二十曲峠を目指します。

富士みちを左折して二十曲峠を目指しますが、なかなか風情のある道でした。途中で少し道を間違えたっぽいですが、FISH・ON鹿留という釣り場を超えて、いよいよ峠へと入ります。峠道へ入った直後、道路がアスファルトから未舗装へと変わります。さすがに「おっと」と思いましたが、峠までの道が全て未舗装とも限らないので、そのまま走ることに。。その後、”パーン”という音と共に後輪がパンクしてしまいました。未舗装の道路を走ったこともあり、どこがパンクしているのか分からず、チューブレスということもあり傷が見当たらなかったのでリムの何処からタイヤが外れたのか?なとも思いましたが、手持ちのカートリッジで空気を補填しても全然入りません。偶然通りかかったローディーを呼び止め、空気入れを借りて入れても全く入らず。ここでタイヤの横部分に亀裂があって、そこから空気が洩れていることを確認しました。タイヤを外してパッチを貼って空気を入れるも今度は一度リムからタイヤを外したこともあり空気が入りません。カートリッジも使い果たしたので、ここで助けて頂いたローディーにはお礼を行ってお別れし、通りすぎたFISH・ON鹿留まで歩いて戻り空気入れを借りるも英国式用なので使えませんでした。。

20150429014

20150429015

そして、ここで今年から契約した、自転車保険の「あ・う・て」のロードサービスを利用することに。

 

自転車保険「あ・う・て」


自転車保険の「あ・う・て」を契約したのは、過去ディレイラー破損があった際、タクシーで家まで帰宅せざるを得なかった際の反省です。今回は林道でのパンクもあって、まさにこのような時の為に契約したようなものなので、早速とスマホからアプリを起動し、GPSで自分の位置を知らせつつロードサービス支援を行います。電話せずにアプリで呼べるところが素晴らしい。暫くすると先方の担当者から電話がかかってきて、詳しい場所などを聞かれてレッカーを手配してくれました。最初は空気入れさえあれば何とかなると思っていたのですが、レッカーの方は自転車には詳しくないとのことで、あくまで運ぶことしか出来ないとのこと。

その後レッカー業者を手配頂き、待っている間に無料で運んでくれる20km以内の自転車店を探して富士吉田にあるコバリンという店が一番良さげだったので、そこまで運んでもらうことに。契約をちゃんと読んでいなかったですが、無料で運んでくれるのは年2回まででした。20kmを超過した場合、年2回以上からは有料でのレッカーとなるようです。まぁ店も何もない山道だったので、今回の利用は間違えてなかったでしょう。

20150429016

その後コバリンまで運んで頂いて、チューブレスタイヤの中にチューブを購入して空気を入れてみると、チューブが亀裂から飛び出します。しかもタイヤの横なので、これでは走るのは無理と判断してその場で安いクリンチャータイヤを購入。再度タイヤを嵌めると今度はチューブが傷ついていたようで、空気が入らず。結局予備のチューブを含めて3本購入、カートリッジも含めて結構痛い出費に。。。本来であればすでに帰路途中のはずですが、14時過ぎにようやくと富士吉田を出発することとなりました。

 

富士吉田〜自宅


富士吉田から山中湖までは緩い勾配の坂を延々と登る感じでした。やたらと向かい風が強くて時間がかかりましたし、雲で富士山も見えずでしたが、山中湖畔の店でせっかくなので山梨名物「ほうとう」を頂きました。

20150429017

その後は山中湖畔をぐるりと走り、道志みちへ。山中湖から山伏峠までは直ぐですし、勾配も緩いので走りやすいです。山伏峠から津久井までは長い距離ですが、下り基調なので飛ばして1時間もかからずに到着。脚は疲れていますが、ある程度のパワーで踏めるので尾根幹をへて夜8時前には自宅へ到着できました。今回はひょんなことから、保険のロードサービスを体験することとなりましたし、改めてチューブレスタイヤの弱点をまざまざと見せつけられましたね。チューブを持っていても恐らく今回はダメでしたけど・・・・ ホイールが2way-fitなので今後は今回の経験を活かしてクリンチャーになりそうな予感です。

20150429019

 

今回の走行データはこちらから

往路

復路

 

ピックアップ記事

  1. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 2017 Spinneys Dubai 92 Cycle Challenge
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  5. さぁ、はじめよう

関連記事

  1. Trip Ride

    チーム練 – 小山田周回

    昨日は久しぶりにチーム練に参加してきました。いつもの通…

  2. Trip Ride

    3度目の秋葉街道縦断ライド

    大夫と前になってしまうが、GW最後は3度目の秋葉街道縦断ライドへ。今回…

  3. Trip Ride

    鯖街道~周山街道と百井峠

    関西に来る用事があったので、ついでにロードバイクも持ってきてしまった。…

  4. Trip Ride

    中房総ロングライド

    12月25日の今日はまたまた房総半島へロングライドへ出かけることに。一…

  5. Trip Ride

    伊豆半島1周ロングライド

    2014年12月26日、遂に念願の伊豆半島1周のロングライドに挑戦して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. 2018 JBCF宇都宮ロードレース
  2. 2018 JBCF宇都宮クリテリウム
  3. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  4. ゴールデンウィークに東北を巡る旅@秋田&青森
  5. 2018 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day…
PAGE TOP