春のしもふさクリテ

昨日は千葉県で開催された、「春のしもふさクリテ」に参加してきたのでこちらのレポートです。

【レース情報&形式】


大会  :2015 春のしもふさクリテ
距離  :30km (1.5km×20 laps)
クラス :エリート

【コース】


2014_shimofusa-course

【レースレポート】


本日は昨年のリベンジということで、エリートクラスへチャレンジ。レースが午後3時前スタートなので、朝のエンデューロからチームメイトの応援です。今日は暑すぎるぐらいでしたが、天気も良くて良いピクニック日和となりました。

20150503001

昨年度はプロ選手の惹きに付いて行けず、3周回程度で千切れて後は一人旅で結果的には先頭集団にラップされたので、その時点で失格(DNF)となった苦い経験のあるレースです。

そんな中、今回は自分を含めてチームメイトが3人もいるので、安心感が違いました。人数も最終的には20人ちょいとレースを行うにおいては、一番適切?な人数だったと思います。

実際のレースですが、ローリングスタートで火蓋を切りましたが、逃げやアタックというものは適度に発生するものの、本格的な逃げ等になることはありませんでした。ただし、速度差の激しいインターバルがたまにかかることもありましたが、付いていけないこともなく特に問題なしでした。最終コーナーの登りでは結構緩みも出て、かなりの低負荷になることもあったという感じです。途中で前の方が落車になりそうな場面が1つありましたが、無事に全員落車せずにゴールできたのかと思います。

20150503137

さて、肝心の自分の走りはと言うと、高速域でのカーブが連続する所における走り方がまだまだだと実感。今回のしもふさは、車載のビデオカメラに制限が無いので、今回久しぶりに利用しましたが走っている際のブレで良く分かりました。後は他の方々と違ってアタック後に回復できる力がまだまだ弱いのかなぁとこのレベルで走るには実力的にはもう少し欲しいところなのかもです。

逃げやアタックを追ったこともありますし、最後の方2周回程逃げに乗りましたが、自分の脚がいっぱいいっぱいで、他の2人に協調して走れる力が無く、捕まってしまったのが一番残念でした。。。

去年のようなプロの鬼引きは無かったこともあり、集団が最後まで切れなかったですね。とはいえ、1年間で完走できるようになったので何よりでした。

レース自体はそれほどの高速的な内容では無かった気がします。そんな中、偶に先頭に出ることがあっても敢えて惹かずにすぐに先頭交代を依頼。

後半になって、下を利用して1人が逃げたので、これに便乗する形で逃げに。。後ろにも1人いて自分を含めて3人での逃げ体制を確立しました。ただ、こちらの逃げは本当に情けないですが、自分が限界いっぱいだったのもあり、第2集団との差異を埋めるのは難しい状況でした。

なにはともあれ、自分としては前回と違って最後まで走れたことが何よりでしあ。

来年はどうなることやら(笑)

20150503140

リザルト


2015 春のしもふさクリテ
クラス  :エリート
順位   :10位(出走22人、完走19人)
距離   :30km
Time   :43:35.087
TOP差  :00:03
平均時速 :41.29km/h

レース中の走行データはこちらから。

車載ビデオはこちら

関連記事

  1. 第9回サイクリング・フェスティバルあさま「車坂峠ヒルクライム」

  2. NISEKO CLASSIC 2018

  3. ツール・ド・はなわ(LE TOUR DE HANAWA)

  4. 東京ワンダーレース 〜味の素スタジアムステージ〜

  5. 2013 Mt.富士ヒルクライム(前日編)

  6. 2015JCRCロードシリーズ特別戦兼クラブ対抗戦

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。