JBCF

2015 JBCF いわきクリテリウム

10月3日、4日と福島県いわき市で開催された、第21回 JBCF いわきクリテリウムに参戦してきたのでレポートです。

【レース情報&形式】


大会  :第21回 JBCF いわきクリテリウム
距離  :予選:18.2km (0.91km*20) | 決勝:29.12km (0.91km*32)
クラス :E3

※予選は最終着順で競うマスドレース方式
※決勝は7周回毎の中間スプリントポイント、最終ゴールスプリントポイントの合計で競うポイントレース方式

 

【コース】


21世紀の森公園(Sコース0.91km)

※スタジアム外壁を補修⼯事中の為、昨年よりコースが短かくなっています。
2015-10-05-6-37-11

 

【予選リザルト】


順位  :8位(出走:33名、完走:30名)
Time       :27:12
平均速度:40.13km/h
TOP差  : 00:02

走行データはこちら

 

【決勝リザルト】


順位  :14位(出走:40名、完走:40名)

走行データはこちら

 

【レースレポート(予選)】


 

朝5自前に出発し、9時前に現地到着。着替えて直ぐにアップがてら今回の周回コースを走ります。昨年度と違ってスタジアムを周るコースではありませんが、直角コーナーが無くなった事で、クリテリウムとしては走りやすくなりました。注意しないといけないのは、所々の石畳的な箇所。タイヤの空気圧が高いとここで自転車が跳ねる、またはちょっと跳ねただけで滑ります。20周程アップで走り、空気圧は少し低めに設定の上予選に臨むことに。予選は2組に分かれており、自分は1組目に出場。各組の上位15位とその後行われる敗者復活戦での上位10位までが、翌日の決勝に進めます。

予選がスタートするもペースはそれほど上がらず。決勝でも無いのでそれほど皆踏むという感じでは無かったです。自分は意識的には前目で極力展開出来るように心がけて走ります。走って感じたのは、ポイントはスタジアムから抜けるコーナー(上のコース図Cのポイント)。ここはある程度の速度で進入、しっかりとラインをキープして曲がらないと芝生に突っ込むか落車するかのどちらかです。そういう意味では予選は誰も落車することも無く、淡々と進みました。

最終周になり、前から10番手以内をキープして最終コーナー後は前から3番手。前の2人は少し距離が離れていて追いつくのは困難ですが、ラストのゴールスプリントで少し差されるも8位で無事に予選通過できました。

20151005006

 

【レースレポート(決勝)】


前日に日帰り温泉とセルフマッサージで疲労を抜く努力をしたせいか、脚は前日の予選の時よりもかなり軽くなりました。ホテルをチェックアウトするのが遅れ、到着するのが遅れました。アップはコースが使えずに近場の道を10km近く走る程度です。

決勝は7周回毎とゴール時の1-3位に与えられるポイントで競うポイントレース。周回数から計算すると計5回ポイント獲得のチャンスがあります。予選勝ち上がりの40名で競い合います。スタート直後はそれほどペースも上がらずに淡々と走りますが、予選時と違って位置どりに関しては激しくなりました。まずは最初のポイント周回ですが、自分は位置どりが悪くてスプリントに絡むことすらできずに見送りで次のスプリント周回へ。

そのまま淡々と周回をこなして、次のスプリント周回に備えますが、ゴールスプリントへ向かう最終コーナー(上のコース図Dのポイント)で落車が発生。自分は何とか前で落車した人をギリギリ回避できたのですが、後続から突っ込んで来た自転車等にもぶつかられて、今シーズン初めての落車となりました。身体的なダメージはほぼ無く、バイクも無事だったので、即時ニュートラルを申請。その後無事に集団復帰を果たすことが出来ましたが、2回目のスプリント周回も絡めずでした。

次のスプリント周回では、位置取りもまぁまぁでしたが、またもや同じ箇所で落車が発生。今度は無事に回避出来たもののフルブレーキでほぼ一旦停止状態。単独?で集団から20-30m遅れたので、その後集団へ復帰するのが結構辛かったです。ということで3回目のスプリントにも絡めずでした。

落車で少しバタつきましたが、その後もペースはそれほど崩さず、また周りのペースもある程度落ち着いていたのもあって無事に次のスプリント周回へ備えます。後2回しか無かったのですが、今度は無事にスプリント周回は落車もせずに最終コーナーを抜けるも位置どりが悪くて10番手以内でゴールラインを超える程度でポイント取れずでした。

最終ゴールの周回が32周目なので、その前のスプリント周回から4周しかありませんが、最終周はかなり前目で展開しました。10番手以内をキープして各コーナーを無事にこなして、最終コーナーを回った時点で4-5番手でした。最後のスプリントで1名を交わすも3名程度に差されて7位でゴール。今回もまたポイントは取れませんでしたが、最終着順の結果で14位となりました。

20151005012

 

レースを終えて


スプリント力の無さは相変わらずですが、予選、決勝共に分析するとNPは大体290-300W程度のパワーでした。予選時は脚が重くて少し辛かったですが、決勝は脚もそこそこ回っていたので、まぁまぁです。ただしケイデンスが少し低めなのでもう少し回していっても良かったかもですね。

予選

2015-10-05-7-30-01

 

決勝

心拍が途中で切れているのは落車時にハートレートモニターが外れたからです。途中で止まっている箇所が落車時でニュートラルを待っているところです。

2015-10-05-7-29-26

ピックアップ記事

  1. 宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  2. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  5. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. JBCF

    2016 JBCFみやだクリテリウム

    前日のみやだ高原ヒルクライムに続き、翌日はクリテリウムにも参加したので…

  2. JBCF

    2015 JBCF輪島ロードレース

    昨日は石川県輪島市で開催された"第8回 JBCF 輪島ロードレース"に…

  3. JBCF

    2018 JBCF3day’s Road 熊野

    大会名称/リザルト大会名:第10回 JBCF 3d…

  4. JBCF

    2018 JBCF那須塩原クリテリウム

    大会名称/リザルト大会名:第2回 JBCF 那須塩…

  5. JBCF

    2017 JBCFおおいた いこいの道クリテリウム

    10月14日、15日と「OITAサイクルフェス!!! 2017」が大分…

  6. JBCF

    2016 JBCFいわきクリテリウム

    9月17日、18日は福島県いわき市で開催された、第22回 JBCF い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 09日
  2. 2015年 10月 12日

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. 2018 JBCF 椿ヶ鼻ヒルクライム
  2. 2018 サロベツ100マイルロード大会
  3. 2018 JBCF 石川サイクルロードレース
  4. NISEKO CLASSIC 2018
  5. UCI GRAN FONDO WORLD SERIES – …
PAGE TOP