2015 JBCF知多半島・美浜クリテリウム

10月25日は愛知県知多郡美浜町で開催された、第5回 JBCF 知多半島・美浜クリテリウムに参戦してきたのでレポートです。

【レース情報&形式】


大会  :第5回 JBCF 知多半島・美浜クリテリウム
距離  :22.5km (3.75km*6)
クラス :E3

※2周回毎の中間スプリントポイント、最終ゴールスプリントポイントの合計で競うポイントレース方式

【コース】


愛知県知多郡美浜町 周回3.75km
2015-10-27-23-43-00

 

【リザルト】


順位  :15位(出走:69名、完走:61名)

走行データはこちら

【レースレポート】


 

受付が前日だったこともあり、新横浜から三河安城までのんびりとこだま号で輪行。その後は自走で現地へ向かうも早すぎたので、知多半島の師崎までぐるっと周遊、ホテルにチェックインしてから受付、監督会議を済ませました。来年度のレースに関する草案が発表されたので、興味深く聞きましたが、2 in 1という形のレース形式が増えそうです。また赤城山ヒルクライムにJBCFも参戦というのが一番大きいかもしれないですね。

2015-10-24-14-25-11

レース当日はスタート時間が2組目ということもあり、少し遅めに宿を出発。今回のレースは2周目、4周目、最終周のスプリントポイントで争われるポイントレースで結構苦手な部類です。現地に到着した際には既に1組目がスタートという段階で、2組目が並び初めていたので、現地ではほとんどアップもせずに並ぶこと。ともかく木枯らしが吹く強風の中でのレース開始となりました。前日試走が出来なかったので、1周目は様子見で良いかと思っていたのですが、まずはスタート直後はローリングスタートでバイクの先導についていきます。緩めの坂が始まり、道路が狭くなってきたところでリアルスタートとなりましたが、集団の中程でアップも兼ねて適度なペースで走ります。その後は長い下りと上り返しをこなして、下り基調でゴールの位置まで向かうのですが、とにかく残り1kmのストレートが完全な向かい風で全く進まない状況でした。1周目は様子見でスプリント賞のある2周目に入ると少し活性化。とは言っても逃げができるような状況では無かったので、ストレートに入ってからは完全に集団が優位ですぐに吸収。一度先頭まで上がってスプリントに備えようとしましたが、あまりにもの強風ですぐに集団中程に。。。結局はスプリントするような位置取りではなく、初回は見送りとなりました。

3周目は無難にこなして、次のスプリント賞がある4周回目では狙って集団の前目で展開。今回は強風のため、スプリントを早駆けしても伸びない、早めの仕掛けも通じないので無難に最後のストレートになるまでは前目で展開し、ストレートに入った時点で一旦集団の前方ですが一番前には出ずにじっと我慢。ポイントが近づくと早めに仕掛ける人も多いですが、全て伸びずに吸収。そんな中で位置を前目に持って行ってスプリントに備えて展開しますが、右斜め前と前の人の位置が邪魔で結局仕掛けることができたのが遅く、最後伸びて全員抜かすも既にスプリントポイントを過ぎており、結局4番手で通過していたようです。非常にもったいないことをしました。

そのまま5周回目は先頭に出たこともあって登りが終わるまではちょっとした逃げで走ります。その後は集団に吸収されていよいよ最後の6周回目。さっきのスプリントで要領は分かっていたので結構いけるかもと思っていたのですが、最終のストレートで右から上がっていく方が落車。結構前の方で起きたので、そのまま巻き込まれる方が多く、自分の前の方も落車。何とか自分は落車を回避しましたが、この落車の際に早駆けしていた人達には追いつける距離でも無く、何人かを捲って13番手でゴール。結局最後のスプリントに絡むことができませんでした。

E2でも大落車でレース自体が不成立となりましたが、今回の落車も本来は起こるような場所でも無かった気がします。リスク回避しているのですが、少し落車が多いのが気になりますね。救護は長蛇の列でした。。。

2015-10-243

【総括】


ポイントレースなので、総合15位に終わりましたが、チャンスがあっただけに勿体ないレースとなりましたが、あそこで飛び込めばよかったと思う反面、社会人として怪我できないという思いもあって中途半端になったのかなと。次回は大分で最終戦。結構得意なコースレイアウトだと思っているので、少し準備を万端にして入賞、あわよくば昇格を狙っていきたいと思います。

 

 

関連記事

  1. 2014 春のとりでクリテ

  2. ツール・ド・北海道2014 第3ステージ

  3. 2016 Boardman Niseko Classic – UCI Gran Fondo World Series

  4. 2013 JCRCロードシリーズ第8戦 in 群馬CSC

  5. 2018 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-2

  6. 2015 JBCF 南魚沼タイムトライアル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。