2015 JBCF おおいたサイクルロードレース

10月31日は大分県大分市で開催された、”第2回 JBCFおおいたサイクルロードレース”に参戦してきたのでレポートです。

【レース情報&形式】


大会  :第2回 JBCFおおいたサイクルロードレース
距離  :36.0km (4.00km*9)
クラス :E3

【コース】


大分県大分市大分スポーツ公園 大銀ドーム周辺 4km/1周

2015-11-01-21-50-55

【リザルト】


順位     :15位(出走:59名、完走:48名)
Time       :53:44
平均速度:40.18km/h
TOP差   : 00:12

走行データはこちら

【レースレポート】


朝6時半のフライトに間に合うよう4時に目覚ましをセットするも、まさかの二度寝で目が覚めたのが5時半前。夜遅くまでレースの準備を行っていたこともあり、相当疲れが溜まっていたのは事実だけどかなり痛い。速攻でタクシーを呼んで何とか羽田空港に到着し、検査を急ぎでしてもらって間に合いました。

大分空港に着いてから現地まではレンタカーで。下道で向かうも意外と50km以上あって1時間半ぐらいかかりました。現地ではチームメイトがお出迎え。一緒にお昼を食べて15時前のレースに備えます。

20151101006

今回のレースは4kmの周回コース。勾配が4%ぐらいで800m程度の登りがありますが、比較的自分が得意とするコースレイアウト。飲み会続きで自転車に乗れずに脚がカーボローディングされてフレッシュなのもあり、個人的には入賞とE2昇格を狙っての参加です。

20151101022

今回は九州開催という事もあり、関東と違って顔見知りの方は少なく、初めて聞くチームが多数。実力も何も分かりませんが、まぁやるしかないのでほとんど最後尾からスタートします。

最初の1周はまずは様子見と言ったところでしょうか。試走していないので自分は中盤ぐらいに位置してコースがどんなものなのかを確認しながら走ります。1周目ゴール手前にある180度ターンの後は800mの登りですが、ここで地元チーム2名が逃げ。最初から逃げれるとも思わないので、そのまま集団は見送ってその後2,3周程度で程なく吸収。今度は別の方がアタック。これも程なくして吸収。

登りではそれほど苦しくて付いていけないという状況では全く無かったので余力はあった方だと思います。頂上後のスピードアップで5周目ぐらいで第1集団と第2集団とで分かれたようでしたが、自分は全く気付かず。残り3周ぐらいは前目で走るように心がけます。ここで逃げた方が結構長い間追いつけなくていつの間にか9周目のジャンが・・・

集団が登りで上げていくものの、まだ余力を残して付いていける状況。10番手以内をキープして下り区間へ。1列棒状になっている所で一度先頭に出るも風が強くて数名にパスされます。

更にカーブを過ぎて180度ターンの際には先頭から4-5番手ぐらいに位置していたので、狙い通りの展開です。ここからダンシングで一気に上げて行きたいところで、踏み込みますが思っていた以上に距離が長くて遂に垂れてしまいました。・・・・最後は全くスピードが出ず、5名以上にパスされて結局15位。今回は入賞を狙っていただけに残念な結果になりました。せめて最後までもがいて勝負できれば良かったのですが、まだまだ実力が足りないということですね。

【総括】


今回のレースはコース的にも得意な方なので、ある程度上手く立ち回れた気がします。先頭を牽くことはあっても、無理せずに途中で下がってしばらく休む。少し消極的な気もしましたが、最後の勝負に備えてという点では思った通りの動きが出来ました。結果は最後の登りで上げて行けずに垂れてしまいました。もう少し勝負どころを見極めることも必要ですが、あの苦しい中でのもう1歩が欲しい。もしくは結果はどうあれ、逃げるというのも考えるべきだったなと思います。今年1年、E3でJBCFのレースを戦ってきましたが、一昨年よりは遥かに成長できていると思いますし、E3の中でも大体上位20%ぐらいの中にはいるので、地力は付いたのではと。。E3のポイント的には50位以内に今は入っていますが、来年ポイントでE2に上がれるかは不明。。上がれなくても今度こそ実力で上がりたいですね。

下のチャートは自分がどれぐらいの閾値で走っているかを示しているものですが、大体FTPぐらいの強度で走っている時間が長かったようです。NPが300W出ていますが全体のアベレージは240wなので大体そんなものですかね。

2015-11-01-22-06-34

反省会は大分料理でw

20151101042

関連記事

  1. 明後日は車坂ヒルクライム

  2. 袖ケ浦チャレンジ2018

  3. JCRCシリーズ第6戦in群馬CSC – レース編

  4. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦記 4 – オフを楽しむ

  5. 2015 JBCF輪島ロードレース

  6. 2014 JBCF群馬CSCロードレース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。