JCRC

2015 JCRCロードシリーズ最終戦 in 日本CSC

12月5日は”2015 JCRCロードシリーズ最終戦” へ参戦してきたのでレポートです。今回はロードレースとエンデユーロとダブルでの参加をしてきました。

【レース情報&形式】


大会  :2015 JCRCロードシリーズ最終戦 in 日本CSC
距離  :15.0km (5.00km*3/反時計回り)
クラス :D


大会  :2015 JCRCロードシリーズ最終戦 in 日本CSC
時間  :90分
クラス :個人エンデューロ

【コース】


日本サイクルスポーツセンター(日本CSC)/ 1周5km

Japan-CSC-course-mapJapan-CSC-course-map2

【リザルト – ロードレース】


順位     :5位(出走:33名)
Time       :0:28:03.562
平均速度:32.07km/h
TOP差   : 00:17.877

走行データはこちら

【リザルト – 個人エンデューロ】


順位     :4位(出走:26名)
Time       :1:32:26.802
周回  :9
平均速度:29.21km/h
TOP差   : -1Laps

走行データはこちら

 

【レースレポート】


朝6時半にレンタカーを借り、箱根、伊豆スカイライン経由で修善寺にある日本CSCへ。過去1度だけJCRCで走ったことがありますが、修善寺のコースは当時凄く苦しい思いをしたので、「キツイ」というイメージだけが残っていました。

20151206029

20151206052

到着後、お知り合いの方と少しお話して、受付の後は早速と試走を開始。幸いにも天気が良くて気温は思ったよりも低くはないけどやっぱり寒い。2周回ほどゆっくりとコースを下見して、数ある坂を確認します。その後は実際のレースが始まるまでに1時間以上もあるので、WAKO’sでチェーン周りの掃除と注油をしていただきました。

実際のレースですが、まずはDクラスから。Dクラスは3周回なのでそれほど距離は長くはないですが、その分インターバルになりそうで怖い。そんな中スタート後は直後の下りから登りになるまではニュートラル走行、その後リアルスタートですが、まずは様子見的な感じで集団で1つ目の登り(距離:700m/平均勾配:6%)を走ります。ここは大体327W程度で無事に終えて今度は長い下り、そして2号橋を超えて2つ目の登り(距離:800m/平均勾配:7%)へ。ここは330Wで無事に走り終えます。最初から若い子達がアタックを散発しますが、そのうち垂れてくるだろうということで、ほとんど追わず。そのせいもあってか、大体は直ぐに吸収されていました。そして3つ目の登り(距離:500m/平均勾配:5%)も330Wで無難にこなして下りへ突入、無事にホームストレートに入り、4番手ぐらいで1周回目を終えました。初めからかなりインターバル的にも脚的にもキツイコースレイアウトだと改めて実感。

2周回目も集団で走ります。最初の坂からアタックがかかりますが、暫くすると垂れてきたので吸収、その後は下りで2号橋を超えて次の登りへ。ここで自分でアタックを仕掛けると「マジかよー」という悲痛な声が聞こえたので、集団を絞れるかな?と少し揺さぶってみた結果、後ろからしっかりとマークされてアタック終了。いつも皇居練習で一緒になる方がペース的にも脚的にも余裕そうで、スイスイ登っていきます。ただし、後から聞いたらこのアタックで結構集団は割れたとようなので、やって良かったです。その後はアタックした足を休めながら最後の登りを超えてホームストレートの計測地点は6番手ぐらいで。

最終周回は10人ぐらい?の集団で黙々と進んでいく感じです。そして勝負の2つ目の坂ぐらいでアタックがかかり、4人が抜け出す形になりました。自分は5番手を走っていたのですが、追いつきそうで追いつけないという微妙な距離で最後の登りをアウター、ダンシングで走ってもう少しで届くかな?という所で脚の方が先に終わって終了。その後は単独で下ってホームストレートへ。後ろを見ると2人程迫ってきていたので、もがいて5番手のままゴール。

もう少し粘っていれば切れずに済んだと思われるので、少し残念ですが入賞したので次回はCクラスへ昇格です。

 

Dクラスのレース後30分で今度は個人エンデューロが始まりますが、かなり脚を使って疲労していたので、激しく申し込んだのをその時は後悔。そんなことも言ってられないので、重い脚ですが何とか90分走りきろうと心に誓い、いざスタート。

スタート直後にペースが上がり、最初の坂で既に先を見据えて見送り状態にしたかったのですが、先頭に食らいついてそのまま2つ目の登りへ突入。その後はズルズルとペースが上がらずに先頭集団からは落ちて第2集団で走ります。自分がいたこの集団は4人ぐらいがパックで進むのですが、登りはほとんど自分が牽いていたような(笑)

そのまま黙々と周回を重ねていきますが、ペース的にも人的にも変わらずに90分を過ぎて最後の周回へ。ここで一緒に走っていた1人がいなくなっている事に気がつきます。2つ目の坂前で1人がアタックしたので、ダンシングで追いかけてほどなく吸収。その後は1人牽きでいよいよ勝負どころの3つ目の坂へ。ここでアウターのままアタックを仕掛けて登りを超え、下りと最後のホームストレートへ。1人は削れましたが、もう1人が後ろにベタ付き状況でスプリント的には厳しい感じ。その後最後のスプリントで戦いましたが、叶わずに負けてしまいました。

エンデューロは6-7番手ぐらいだと思っていたのですが、最終順位は4位でした。最後のスプリントで勝っていれば3位だっただけに残念ですが、2つ掛け持ちでの結果からするとオーライでしょうか。。。最後は表彰式を終え、知り合いに挨拶した後に近くにある日帰り温泉で汗を流して無事に帰宅できました。

 

【総括】


 

データ的には登りは300W以上なので、大きな問題はないのですが、パワーウェイトレシオ的には5.5-6.0kg/wぐらいは欲しいところです。今回のDクラスではNPが303Wとかなりキツかった。。。

ピックアップ記事

  1. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  5. 2017 Spinneys Dubai 92 Cycle Challenge

関連記事

  1. JCRC

    2015JCRCロードシリーズ特別戦兼クラブ対抗戦

    本日は久しぶりにJCRCのレースへ参加してきました。昨年の落車、骨折以…

  2. JCRC

    2014 JCRCロードシリーズ第3戦 in 群馬CSC

    本日はJCRCロードシリーズ第3戦 in 群馬CSCに参加するため、朝…

  3. JCRC

    2014 JCRCロードシリーズ特別戦兼クラブ対抗戦 in 群馬CSC

    2014年7月12日、13日と群馬県のサイクルスポーツセンターで行われ…

  4. JCRC

    JCRCシリーズ第6戦in群馬CSC – 前日編

    この土日は、JCRCシリーズ第6戦in群馬CSCに参戦してきました。…

  5. JCRC

    2013 JCRCロードシリーズ第2戦 in 日本CSC(伊豆修善寺)

    本日、2013 JCRCロードシリーズ第2戦 in 日本CSC(伊豆修…

  6. JCRC

    2014 JCRCロードシリーズ第7戦 in 群馬CSC

    2014年10月19日に群馬県のサイクルスポーツセンターで行われた大会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

最近の記事

  1. 2018 JBCF 椿ヶ鼻ヒルクライム
  2. 2018 サロベツ100マイルロード大会
  3. 2018 JBCF 石川サイクルロードレース
  4. NISEKO CLASSIC 2018
  5. UCI GRAN FONDO WORLD SERIES – …
PAGE TOP