General Race

東京ワンダーレース 〜味の素スタジアムステージ〜

12月27日は年内最後のレースとして、東京の味の素スタジアムを舞台としたクリテリウムとエンデューロの2本立てで参加してきたのでレポートです。

【レース情報&形式】


大会  :東京ワンダーレース 〜東京クリテリウムチャレンジ〜
距離  :27.5km (1.1km*25周回)
クラス :キスパート


大会  :東京ワンダーレース 〜イヤーエンドショートエンデューロ〜
時間  :120分
クラス :ソロ

【コース】


味の素スタジアム(スタジアム外周特設コース)/ 1周1.1km

2015Ajinomoto-course

【リザルト -東京クリテリウムチャレンジ】


順位     :28位 (出走:42名)
Time       :0:25:08
周回  :14 (DNF)
平均速度:37.8 km/h
TOP差   : –

走行データはこちら

【リザルト -イヤーエンドショートエンデューロ】


順位     :3位(出走:112組 )
Time       :02:01:03.698
周回  :67
平均速度:37.7 km/h
TOP差   : -1 Laps

走行データはこちら

【レースレポート】


今年最後のレースとして臨んだ今回のレース。2日前に東京湾一周のロングライドに出掛けたものの、次の日は完全レストと針治療で脚はすごくフレッシュな状態で臨めました。

朝レンタカーを借りて現地へ向かいますが、首都高を走っている最中に電話が鳴ったので折り返すと何と車に自転車を積み込む際に外した前輪のホイールを忘れていたようです。一旦レンタカー会社まで戻り、その後ホイールを受け取って再度現地へ向かいました。

天気は晴れ、自身の出番は昼の12時過ぎなので現地では知り合いの方々と談笑し、来るレースに備えてたっぷり補給。チームメイトの応援をしたりと時間があっという間に過ぎていきました。11時になりコースを試走し、その後はローラーで30分ほどアップ。最初はエキスパートクラスのレースです。

20151228003

キスパートクラス

最初の周回はローリングということで、並ぶ順番は後方。スタート後はまずまずのペースで周回をこなしていよいよレース開始。早速とスピードが上がるものの、まだまだ余裕な感じで一周目は終了。二周目に入り、スタート地点後のヘアピンカーブをこなして、その後スタジアムの周回コースへ入るところで、前の方が少しふらつき、急ブレーキするもタイヤロックでそのまま網に突っ込んでコースアウト。落車等はしていないのですが、この時点で一番後ろのバイクにも抜かれて最後尾へ。たった5-10秒ぐらいの差でしょうが、単独で走るのと集団で走るのは大違いで、ここからは個人インターバルの開始です。

最後尾から猛追して落ちてきた選手を抜き、前方に見える小集団へのドッキングを試みて周回をこなして、何とか追いつくものの先頭との差は結構開いていました。集団でかなり回せば追いつけるかも的な距離でしたが、ローテーションは回せるのですが、自分の意図している速度が出ずにやきもき。ちょっとペースを上げて引っ張ると少し離れるのですが、そのまま単独で行かせてもらえるわけでもなく、また追いつかれる感じです、その繰り返し。先頭をかなり牽いたのですが、残念ながら25周回中の14周回で降ろされてDNFでした。

脚は余裕があった中で臨んだレースで、まさかの単独インターバルで脚を使う羽目になるとは。。。個人的にはかなり不完全燃焼なレースでしたが、1時間後にあるエンデューロに向けて気を取り直します。逆にエンデューロが無かったら相当悔いの残るレースでした。

20151228008

ヤーエンドショートエンデューロ

クリテリウムの鬱憤を晴らすべく、エンデューロに臨みました。最初の周回は同じくパレード走行。エンデューロは様々な脚力の方が沢山走るので、クリテリウムとは別の意味で難しさがありました。。。

リアルスタート後にチームメイトがいきなりのアタック。後方に位置していた自分は追いかけたくても周りの人の多さもあって前に出れずにやきもき。結局ある程度の人混みから抜け出せた時には、追いつけるような距離ではなかったです。その後は前にそこそこのペースで回す集団を発見してドッキング。この中でローテをしながら前半の大半を過ごします。ペースは遅すぎず速すぎずでしたが、先頭を牽く人によってペースが変わりますね(笑) 途中からはKINANジャージのゲストの方がローテに加わりますが、彼が牽くと少しペースが上がります(笑) 結局は大体1人一周を先頭で牽く的な構図が出来上がってひたすらと回していると、右横から先頭がラップして抜き去って行きました。チームメイトだったこともあり、この慣れていた集団から一気に先頭集団へ乗り移ります。ここではチームメイトと今回のエンデューロで優勝した高校生が2人で回している感じ。ここにローテで加わって暫く走りますが、高校生の牽きの強いこと、強いこと。その後チームメイトは交代して次のメンバーへ。またそこから追いついてきて一緒に走るのですが、高校生の強さは一切垂れることがなくて凄かったです。自分はというと、最初は積極的にローテを回していたのですが、1時間以上経過していたのもあり、脚は少しお疲れ気味でした。他メンバーが集団に入ってきてからは、少しローテに加わらずに後ろで休ませて頂いたりしましたが、残りも30分を切ってまたローテに参加したりと頑張ります。

結果的には最後までこの集団で進み、ラスト一周手前からは1人飛び出した選手にブリッジをかけたり、先頭を牽いて疲れて最後はスプリントにちょっとだけ参加して120分間のレースが終了しました。

20151228028

終わった後に、一緒に走ったメンバーを労をねぎらい、着替えや後片付けを始めるとどうも名前が呼ばれているようだと。。。急いでテントに向かって行くと、なんと3位に入賞していたようです。1Lapされていたので、着外だと思っていたのですが、これは嬉しい誤算でした。

年内最後のレースで3位入賞、クリテリウムのリベンジもできたので、最後の最後に良い結果となりました。

夜はチームでの忘年会で美味しい食事を頂き、ビンゴゲームで良い品もゲットできたので良かったです。もうすぐ今年も終わりですが、残りも楽しく走りたいと思います。

 

【総括】


今回のレースを通して、クリテリウムのNPが282W、エンデューロが242Wでしたので、強度的にはまずまずですが、IFが1を超えていない時点で、自身のキャパ的には若干の余裕があることが分かります。実際に心拍的には全然苦しくなかったので、長距離を走ったことによる脚の疲労はありましたが、もう少し強度のあるレースでもまだ何とかなりそうですね。

ピックアップ記事

  1. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 1/2
  2. 2018 サロベツ100マイルロード大会
  3. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  4. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. さぁ、はじめよう

関連記事

  1. General Race

    2013 古代蓮の里サイクルロードレース

    【レース情報&形式】大会  :2013古代蓮の里サイクルロードレース…

  2. General Race

    日本の蔵王ヒルクライム・エコ2012

    【レース情報】大会  :日本の蔵王ヒルクライム・エコ2012距離 …

  3. General Race

    Mt.富士ヒルクライムのシュミレーション

     Mt.富士ヒルクライムも明後日に迫りました。天気も当初の雨…

  4. General Race

    「キングオブヒルクライム富士山」前々日

    日曜日「キングオブヒルクライム富士山」の大会に向けて、準備してきました…

  5. General Race

    第3回まえばし赤城山ヒルクライム大会

     2013年9月29日に開催された「 第3回まえば…

  6. General Race

    ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会2010

    【レース情報】大会  :ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会2010…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

最近の記事

  1. 2018 JBCF 椿ヶ鼻ヒルクライム
  2. 2018 サロベツ100マイルロード大会
  3. 2018 JBCF 石川サイクルロードレース
  4. NISEKO CLASSIC 2018
  5. UCI GRAN FONDO WORLD SERIES – …
PAGE TOP