高機能ライト:MOON(ムーン) X-POWER 1300 LT-MO-050

8

価格

6.0/10

ライトの明るさ

10.0/10

機能

10.0/10

重量

6.0/10

Pros

  • 非常に明るいライト
  • 長時間利用可能
  • USBパワー出力機能搭載
  • 付属リモートスイッチ

Cons

  • 外付バッテリー
  • バッテリー重量
  • バッテリー取付

これまで利用していたDOSUN AERO AF500のライトのブラケット部分が折れてしまい、且つライト自体の販売が終了していることもあるようで、ブラケット部分のみ購入できない事が発覚しました。まだまだ使えるだけに勿体無いのですが、新たなライトとしてMOON(ムーン) X-POWER 1300 LT-MO-050を購入し、暫く利用したのでこちらのレビューとなります。

 

購入にあたって


今回こちらのライトを購入するに当たり、これまで利用していたDosunのライトと比較して最低限次にあげるポイントを満たしている事が念頭に置いて新たなライトを探しました。こちらの機能を満たすようなライトを色々と物色したところ、今回のMOON(ムーン) X-POWER 1300 LT-MO-050に辿り着いた訳です。

  • ライトの明るさ&最長点灯時間
    DOSUN AERO AF500は最大500ルーメンでしたが、普段はローモードでの利用(恐らく100-200ルーメン前後?)しており、街中を走る分には問題なかったこと、ローモードだと約8時間利用可能であり、早朝から夜間走行にかけてのライドでもほぼ利用可能であったことから、同様な機能が欲しかった。
  • USB出力機能
    DOSUN AERO AF500はライトにUSB出力ポートがあり、こちらからサイコンや携帯への充電が可能でした。この機能はかなり便利で、特に長距離ライドの際にはサイコンのバッテリー切れを防ぐ意味でも重要だったので、こちらの機能も欲しかった。
  • ブラケットがしっかりしている
    DOSUN AERO AF500はブラケットの接合部分が弱いことで有名だったようで、かなりブラケット部分が折れたというレビューを見ました。自分のも例外では無かったのですが、折れた後に瞬間接着剤で固めてこれまで利用していたのですが、もう少しこの辺が改善されているライトが欲しかった。

 

主な仕様と機能


  • ライトの明るさ&最長点灯時間
    詳細はMoon Sportのサイトを確認してもらえると記載されています。幾つか抜粋&画像を転用させて頂きますが、こちらのライトの特徴は何と言っても最大13,00ルーメン、最低でも300ルーメンという明るさを誇るライトであること、そしてローモードでも約10時間近くも点灯が可能という最長点灯時間が魅力でした。これまでのDOSUN AERO AF500以上の明るさと最長点灯時間を満たしているという素晴らしいライトです。また朝練や時間制限のある夜だけ乗るという場合にもモードを切り替えて使えるのでとても便利です。これより、元々満たしたかった自分のニーズの1つはあっさりと満たされました。
Mode Lumen Runtime
Over drive 1300 1 hour 40 mins
High 850 2 hours 30 mins
Standard 550 3 hours 40 mins
Low 300 9 hours 40 mins
Flashing 7 hours 30 mins
Strobe 6 hours 20 mins
    ※ライトは80g、外付バッテリーは196gです。
  • USB出力機能
    こちらの機能も充実していました。バッテリーが外付けということもありますが、ライトへの電源供給とUSBへの出力両方が同時にできます。これによって走りながらでもスマホやサイコンへ電源を供給できて不意なバッテリー切れを防ぐことができます。

product_357

  • ブラケット
    ブラケットに関しては、バンド式でライトを着脱する形で主にはCATEYE製品のライトで利用されるようなパターンでした。ライト自体は80gしかないのでとても軽くてこちらのブラケットでも全く問題ない感じです。

ということで、当初自身が欲しかった機能を全て満たせることが判明し、高いライトですが購入に踏み切ることができました。

 

その他の便利機能


  • リモートスイッチ機能
    今回購入して一番良かったのは何と言ってもこちらのリモートスイッチです。普段ライトを利用する際には本体の押しにくいスイッチを押すことになるのですが、冬など厚手のグローブをしていると中々操作に手こずります。しかしこちらのリモートスイッチをハンドルバーに装着するとボタンひとつでライトのON/OFFやモードの切り替えが可能です。またダブルクリックでフラッシングモードへの切り替え、長押しでライトOFFなど全て手元で出来るのが最高でした。

product_355

  • LEDインディケーター機能
    こちらはバッテリーの残量を確認するのに可視化できるので良かったです。特にサイコンへの電源供給などを行うことがある場合、どれぐらいバッテリーの残量があるかでライトへの電源確保を優先するのか?このままサイコンへ電源を供給するのかを判断する材料になりますし、ライドの時間や夕暮れや朝などの状況に応じた判断が非常に行いやすくなりました。

product_356

 

実際利用してみて


実際に自転車に装着した写真は以下の通りです。ライト自体は小型ですが外付バッテリーが結構大きいので、自分はトップチューブに装着。ストラップでしっかり止めないとずり落ちるので、この辺は問題が出るようであれば考えたいと思います。後ダンシング時に足が脚が当たることも。。

20160106004

20160106006

20160106008

リモートスイッチは大変便利で助かっています。これがあると無いとでは使い勝手が全く別物になりそうです。実際にライトを点灯してみると写真の通りで結構明るいですね。こちらは確かHighな状態だったと思うので尚更ですが、300ルーメンで長時間持つということは本当に助かります。

20160106001

価格はAmazonで2万円オーバーなので安くはありません。ただし、機能性や自分のライドを考えるとこれ以上のライトは現時点では無かったですね。この上にもX-POWER 1800や2500もあったのですが、バッテリーの持ち時間や価格を考えると1300がベストチョイスでした。

関連記事

  1. ELITE V-ARION Parabolic Inertial ローラー

  2. 色々とお買い物

  3. TANITA インナースキャン50V 体組織計

  4. Fast Forward – F6R Carbon チューブラー 240s ホイールセット到着

  5. 自転車用ナンバープレートを作ってみた

  6. ベネクス リカバリーウェア購入後のレビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。