2015 浮城のまち行田クリテリウム 第4戦

本日は、行田クリテリウムの最終戦ということで、レポートです。

【レース情報&形式】


大会  :2015 浮城のまち行田クリテリウム 第4戦
距離  :21.6 km (2.7km*8周回)
クラス :上級者

【コース】


古代蓮の里近辺の公道 / 1周2.7km

2016-01-10-19-47-50

 

【リザルト 】


順位     :DNF
Time       :-
TOP差 :-
周回  :-
平均速度:-

走行データはこちら

 

【レースレポート】


今日のレース、正直レースに関して書くことはほぼ無しですが自戒の念を込め、そして今後同じ過ちを繰り返さないための備忘録として残しておきたいと思います。

今回も最寄りの駅まで輪行、そこから現地まで自走してチームメイトと合流。今日は風がいつもにも増して強いので、40mmのホイールは横風で結構煽られました。無事に完走を目指してスタートラインに並んで号砲。ここまではいつも通りですが、この後でした。左足のクリートがペダルに嵌りません。何回も何回も繰り返して嵌めようとするも全く嵌る気配無し。集合場所で田んぼのあぜ道に突っ立っていたので、雨上がりの泥がクリートの中に完全に詰まった感じです。

20160221004

左足のクリートが嵌らないので、ペダルの上に乗せて取りあえずは最後尾で集団に付いて行き、ペダルで叩いたり色々と試すも全くもって嵌る気配も無く、走ろうにも走れない感じで最後尾で1周回目を終えました。

2周回目に入り、バックストレートでクリートをひたすら叩いていると、集団は先に行ってしまい、しょうがないので道路際に停止して、クリートを見ると泥が完全に詰まってました。その辺に落ちている石や小枝でなんとか泥をかき出し、走り始めるとすでに上級者の先頭集団は結構近くまで迫っている感じ。そのまま走り出し、2周回目を終えてバックストレートに入った時点でタイムアップでDNF。

「何しに来たんや」という非常に虚しい形での第4戦終了となりました。

 

【反省】


レースでは機材トラブル、パンク、落車など色々な事が起こりますが、クリートに泥が入ってペダルに装着できないと言うことは、今までに経験があっても、なんとか嵌っていたので、完全に想定外でした。とはいえ、レースに出場してレースに参加することも無く終了してしまったのも事実であり、このような細かい所にこそ、もっと気を使わないといけないと改めて思い知ることになりました。特に長距離系のロングレースでは、ちょっとしたことが原因でDNFになることも多いので、次回からはクリートは必ず嵌るかをスタートラインに並んだ時に確認します。。

 

【四方吉うどん→自宅まで自走】


レース後、前回と同様に四方吉うどんへ。今回は並(600g)と天ぷらを頂きましたが、やっぱり美味しかったです。

20160221005

その後は追い風の荒川サイクリングロードを経由して、自宅まで80km程自走。レースで走れなかった分はここで走りましたが、実際には前日のチーム練で相当疲れており、余裕なしでした。

2016-02-21-21-01-24

20160221008

今回の走行ログはこちらから

関連記事

  1. 第27回全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍 – レース編

  2. 2016 浮城のまち行田クリテリウム 第2戦

  3. ツール・ド・北海道 市民レースA 1st Stage速報

  4. 第25回 ツール・ド・八ヶ岳

  5. ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース2012はDNS

  6. 【秋のしもふさクリテ in フレンドリーパーク下総】申込完了

  1. しばらくぶりにブログを読ませていただいたら、残念なことになっていたんですね。僕ならともかく、Snufkinさんは決してそういう失敗をしない人だと思っていました。
    焦ったでしょうね。それ以上に走らずして退く無念さはレースに無縁の僕にもよくわかります。
    今年の2月、知り合い(まだ会ったことはなく今年はご一緒する予定)が行田クリテリウムの50歳以上のカテゴリーに参戦しました。動画を見せてもらいましたが、走る速度にびっくり! Snufkinさんのクラスはどれほど速いのかと想像します。
    これからも怪我や事故がないように愉しんでくださいね。

      • Snufkin

      Shimaさん

      ご無沙汰しています。私も人間ですから、失敗は沢山していますよ(笑)
      こちらのレースはあくまで練習的な位置付けなので、悔しさはあんまり無いのですが、準備不足でしたね。

      こちらの大会は終わった後のうどんを楽しみに走っています。レースはレースで良いのですが、それ以外の楽しみ守る方が良いので。。。
      Shimaさんも結構走られているようですし、お互い事故や怪我のないように楽しみたいですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。