レポート

2016 JBCF 宇都宮クリテリウム

2016年度のJBCFがいよいよ開幕となり、初戦となる宇都宮へ行ってきましたのでレポートです。ちなみに写真と自分のレースは全く関係ないので悪しからず(笑)

【レース情報&形式】


大会  :第3回 JBCF 宇都宮クリテリウム
距離  :24.0km (3.00km*8)
クラス :E2

【コース】


栃⽊県 宇都宮清原工業団地内 周回3.0km

2016-03-14-23-24-54

【リザルト】


順位     :20位/100名出走
Time       :34:21
平均速度:41.92 km/h
TOP差   : +0:02

走行データはこちら

【レースレポート】


今年の初戦は3年目となる宇都宮クリテリウム。メンバーの受付を行う必要もあり、前日に宇都宮へ移動する必要があるも、あいにくの雨で輪行するのをためらってしまった。結果、前日入りする他のチームメイトが受付してくれることとなり、まずは宇都宮へ新幹線で移動。自由席は3連休のおかげもあり、非常に混雑していた。到着後すぐに受付をお願いし、ホテルのチェックイン、夜になってチームメイトとお約束の餃子を夕食で頂き、その後は1時間2,980円と格安のマッサージ店で疲労を抜いて翌日に備えました。

20160321001

レース当日、朝からグラノーラ、ヨーグルト、おはぎと1,000calぐらい詰め込んで自走で会場入り。すでにチームメイトは集合済みで少し話をした時点で、朝一のレースでもあるので早速と試走へ。今年から右回りに変更になったけれど、試走する感じだとそれほど危険な箇所は見当たらず。出走サインを行い、前から2列目でレーススタートを迎えることに。

20160321002

E2のレースは3kmを8周の24kmで行われ、昨年度と違って周回毎のスプリントポイントでの合算ではなくて最終着順へと変更になっていた。コースの右回り化もそうだけれど、最後の直線が長いと落車が起きた時に結構ダメージがでかいので安全性を優先したのかな。

2016年度JBCF開幕の初陣でのスタートが切られ、最初は前方へ飛び出す。被されて抜かれることは織り込み済みでまずは先頭付近で定位置を確保して安全にレースを進めることに専念。クリテという特質もあるけれど、ホームストレートが長いので、結構左右から上がってきてそのままだと後方にあっという間に追いやられるので、コーナーの度に加速して少しずつ抜き返して位置を確保。一周目は無事に集団の中で走れました。

20160321004

二周目、同様の展開が続くもヘアピンのコーナーでは少しスリップしている人もおり、危険な匂いが。その他のコーナーはある程度減速すれば曲がれるし、特に最終コーナー、その手前のコーナーはそれほどブレーキングしなくても良い感じ。ただ二周目の最終コーナーを曲がった時点で前が結構な加速をしていたのもあり、自分の前で中切れ寸前。ホームストレートを55km/hで踏んで無事にドッキングで一安心。

20160321005

3周目以降も同様の展開が続くけれど、前から30番手以内はキープで集団の中で走ることに。本当は先頭を牽くことも考えたけれど、意外に散発的な逃げがいたりと脚を使うところが難しいし、多くのメンバーを備えているWCUな方々が前方を常に維持して何となくコントロールしながら走っているようにも見えました。

20160321007

そんなこんなであっという間に最終周へ突入。位置取りは同じぐらいでホームストレートからバックストレートまで無難にこなし、バックストレート最後のコーナー手前で牽制が入ったこともあり、ここで一気に先頭へ。自分の脚ではスプリントは絶対に勝てないし、かといって後ろの位置だとズルズルと後退または最終コーナー後のスプリントには絡めないと判断して飛び出した。本当はコーナーを回るところまで先頭で走りたかったけど、追いつかれて3番手ぐらいで曲がり、最終コーナーは6番手ぐらい?
最後のスプリントは150m程だったけれど、ここからはごぼう抜きされて最後は20位。せめて15位以内でポイントを稼ぎたかった。。。

ということで、初戦は落車もせずに無事に完走しE2でも問題なく走れることも分かりました。E3と違ってある程度場数をこなしている方ばかりなので、レース自体は安全だったと思いますし、無茶する人もいなかったような。。

自分のレース後はフェミニン、JPTそしてE3へ出走するチームメイトや知り合いの応援で丸一日楽しく過ごせました。次につながるレースだったのが何よりでした。

20160321003

【総括】


今回の走行データを振り返ると思いの外パワーは出ていなかったし、途中で緩むところも多かったので比較的楽な部類だった気がします。皇居練の方がよっぽどキツイ(笑) 最終周の位置取りは自分の中でも上手くいったし、あれ以上の位置もないと思うのでやはりもう少しスプリント力を付けないと着には絡めないなと。ヒルクライムも中途半端だし、やはりロングライド系の耐久レースが一番自分には向いていますが、自分の特徴を生かしてアップダウンのあるレースで入賞できるよう練習を頑張れればと思います。

20160321008

関連記事

  1. 2014 春のとりでクリテ
  2. 【第7回セオサイクル・サイクルフェスティバル】申込完了
  3. 2015 JBCF 群馬CSCロードレース Day-1
  4. ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会2013
  5. 2016 UCI Gran Fondo World Champi…
  6. 2014 (第29回) 全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍…
  7. 2014 JBCF 宇都宮クリテリウム
  8. ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会2010

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top Products

AQUADROP GLASS COAT PREMIUM

98.75

Buy NowRead Review

XeNTiS SQUAD 4.2 Tubular Carbon Silver Line, Standard / BLACK MATT

94

Buy NowRead Review

ギザ ナノ ブレーキライト ブレーキ連動リアライト

93.333333333333

Buy NowRead Review

BikND Helium Bike Case

90

Buy NowRead Review

UVEX sportstyle 104 vario

88

Buy NowRead Review

PAGE TOP