JBCF

2016 JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム

週末は岐阜県関ケ原で開催されたJBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライムに参加してきたのでレポートです。

【レース情報&形式】


大会  :第7回 JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム
距離  :全⻑14.9km/標⾼差1035m/平均勾配6.9%
クラス :E2

【コース】


岐阜県不破郡関ヶ原関ケ原1586 伊吹山ドライブウェイ

2016-04-11-19-50-05

【リザルト】


順位     :34位/76名出走
Time       :52:45
平均速度:17.06 km/h
TOP差   : +7:06

走行データはこちら

【レースレポート】


今年のJBCF参戦2戦目は岐阜県関ケ原で開催された伊吹山ドライブウェイヒルクライムへ参加。受付が前日のみということで、朝から新幹線で輪行して名古屋まで移動。本来の受付時間は午後からなので、時間的には十分余裕があるのですが、名古屋から関ケ原まで自走を試みたので、朝早く出たという背景があります。

2016_JBCF_Ibukiyama_007

名古屋から関ケ原までは距離的には50km少しなので、名古屋駅から早速と出発。天気が良く、暖かな土曜日だったこともあり、観光がてら写真を撮りながらの移動です。途中で養老の滝へ寄ったのですが、駐車場から滝まで約2km近く登るったのもあり脚がかなり疲れました(笑) 桜は散り始めていたものの、まだ少し余韻もあり十分に楽しむことができました。

2016_JBCF_Ibukiyama_024

2016_JBCF_Ibukiyama_093

その後は会場である関ケ原町の役場へ。受付を済ませて監督会議に出席し、チームメイトの宿が滋賀県にあるということで、一緒に乗せて行ってもらって長浜市にある有名なのっぺいうどんの店、茂美志屋(もみじや)へ夕食に。あんかけ風のうどんで美味しかったです。

2016_JBCF_Ibukiyama_112

夕食後は近くの長浜城へ少し観光。ここでは桜が満開で長浜城や琵琶湖をバックにとても綺麗な夜桜を堪能できました。観光後はチームメイトと別れて実家に帰り、翌日のレースに向けて早めに就寝。

2016_JBCF_Ibukiyama_140

2016_JBCF_Ibukiyama_122

レース当日は朝から会場入りしてレースに備えます。朝御飯を食べ過ぎたので、昼食は抜きでゼリーを頂きました。今回のレースは元から入賞できる脚もないので、練習と割り切っての参加。レースだからと言って万全な脚で臨もうとは考えていなかったので、金曜日の筋トレや前日のライドなど疲労も残った状態で臨みました。自分はヒルクライム専門ではないので、極力疲労した状態でも最低限のパフォーマンスを出せる方が特に何日か続くレースには必要であり、そちらに向けた練習という感じで。。。

レース自体は前に行われた市民レースでの下りでの落車事故の影響もあってスタートが遅れました。JPT、E1, Fそして自分たちのE2のスタート順で号砲を待ちます。今回運良く前から2列目に位置することができたので、スタートに関しては問題なく前方で展開。早速登りが始まりますが、かなりの強度で登っていきます。

2016_JBCF_Ibukiyama_181

集団のままハイペース(自分には)を維持して、なんとか2kmぐらいは付いていけたのですが、ここで切れてしまいました。本当はもっと軽いギアでケイデンス重視で登るべきだった気もしますが、少々重いギアで踏んでいたようで、そこで追いつけずに少しバテた感じ。その後はマイペースで登りますが、後ろからも抜かされてふと振り返るとほとんど誰もいないような感じで、「かなりドンケツかも」と焦りました。

伊吹山のヒルクライムはコースの試走もできず、ぶっつけ本番でしたが、勾配は大体が7-9%ぐらいの間で推移し、10%超えの箇所も多数ありました。一方で勾配が緩んで平坦や下りな区間もあるので、平均勾配が約7%ぐらいという中々アップダウンもあってペースが取りづらい感覚でした。

淡々と登りをこなしますが、全体的にはダンシングとシッティングを織り交ぜながら良い感じで走れたのではと思います。途中で脚の合う方々と暫く走ることもありましたが、最終的には自分より先行する一人の選手がペースメーカー的な役割になって、その方に付いていくような形で最後まで走ることに。頂上付近では風も強くて中々自転車が前に進まない感覚もありましたが、何とか無事にゴール。脚がフレッシュであれば2-3分程度は縮められそうな感じですが、まぁ実力的にはこんなものでしょう。

2016_JBCF_Ibukiyama_177

ゴール地点は曇って風も強く体感的にはかなり寒かったです。預けた荷物からウィンドブレーカー等を着込んでチームメイトと下山、表彰式を見て名古屋まで自走して新幹線輪行で無事に家まで帰宅。ヒルクライム後に走るのは少し疲れましたが、充実した2日間のレースとなりました。

次戦は群馬CSCで開催される2日間のレースへ出走予定です。得意なコースだけに着に絡めるような走りが出来ればと思います。

【総括】


家に帰って、パワーメーターのログを見るとNPが大体293Wでした。体重が64kgぐらいあるので、パワーウェイトレシオは4.5w/kgぐらいでのヒルクライムレースでした。トップは45分台とかなりの差をつけられましたが、体重を60kgまで落としてNPを300W、5w/kgのパワーウェイトレシオが無いと上位には行けないですね。この辺は今年最大の目標であるニセコクラシックまでに達成できるようトレーニングを組み立てることができると良いかなと思っていますが、中々大変そうです。。

ピックアップ記事

  1. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  3. 2019 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  4. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. JBCF

    2017 JBCFやいた片岡ロードレース

    7月30日は前日のクリテリウムに続いて、栃木県矢板市の片岡駅前で開催さ…

  2. JBCF

    2015 JBCF 舞洲クリテリウム

    昨日は2015年度の実業団レースの第2戦として、大阪舞洲で開催された舞…

  3. JBCF

    2018 JBCF那須塩原クリテリウム

    大会名称/リザルト大会名:第2回 JBCF 那須塩…

  4. JBCF

    2015 JBCF 群馬CSCロードレース Day-1

    週末に群馬県のサイクルスポーツセンターで行われた、群馬CSCロードレー…

  5. JBCF

    2017 JBCF ⻄日本ロードクラシック 広島大会 Day-1

    広島県立中央森林公園で開催された、JBCF ⻄日本ロードクラシック 広…

  6. JBCF

    2014(第6回) JBCF みやだクリテリウム

    8月31日に長野県宮田村で開催された、JBCFの実業団レースに参加して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. 2019 ツール・ド・ブリスベン参戦記
  2. 2019 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  3. 2019 ツール・ド・ビンタン参戦記 1/2
  4. 2019 JBCF 修善寺ロードレース
  5. 3泊4日 五島列島 – 潜伏キリシタンの島を巡る…
PAGE TOP