Road Ride

2016 GW Series No.2 – ビワイチ(北湖のみ)

GWライド、次のターゲットはビワイチです。前々日に会陰部の痛みもあって1日自転車には全く乗らず。こちらの痛みはサドルを前下がりにすることで緩和されるということだったので、調整を行って痛くなったら直ぐ帰宅できるよう準備をして出発しました。

2016-05-07-6-58-19

自転車乗りの間では一度は実施してみたいという声も多いビワイチですが、自分としては2回目。ただし本当に琵琶湖を一周するコースは、琵琶湖大橋より南の交通量が多い区間を通らなければならないので、今回もパスして琵琶湖大橋以北の北湖のみをグルリと回ることに。

出発して会陰部の痛みを確認すると、痛みは少しあるもののサドルを前下がりにしたことで大幅に緩和され、これなら100km以上は走れると確信し、まずは琵琶湖までウォーミングアップがてら走ります。

琵琶湖岸に到着後、早速とビワイチを開始します。今回のビワイチは湖岸東側を北上し、反時計回りに周回するコースです。というのも道路が左側通行なので、琵琶湖を眺めるには反時計回りの方が見易いという理由だけですが・・・・・

 

野洲〜湖北水鳥ステーション


出発地点である、琵琶湖マイアミランド近辺から早速とライドを開始、北上します。通称「さざなみ街道」と呼ばれる琵琶湖岸をグルリとほぼ一周する道はとても走りやすくて良いのですが、結構車も飛ばしているので注意が必要です。今回は南から強烈な風が吹いており、序盤は相当な追い風。ペダルを踏まなくてもスピードに乗ります。琵琶湖対岸の比良山脈を眺め、長命寺を超えて彦根、長浜を超えて湖北にある自転車乗りの拠点でらう、道の駅水鳥ステーションまで60km程を一気に駆け抜けました。この間信号はほとんど無く、若干彦根市街で止まった程度でほぼノンストップで走ることができるのは関東では考えらないですね。水鳥ステーションでは大好きな大福やらを頬張り、湖北方面へ向けていそいそと出発しました。

IMG_001420160507

 

湖北水鳥ステーション〜海津大崎


出発して直ぐに奥琵琶湖方面へ突入。トンネルを抜けてからは琵琶湖最北端近くを走りますが、この辺りでは琵琶湖から若干道路が外れます。とはいえ、のどかな田園風景を眺めながら木之本、余呉へと進んでいくと羽柴秀吉と織田家最古参の重臣柴田勝家との戦いのあった、賤ケ岳へ到着します。

IMG_004720160507

ここは奥琵琶湖へ抜けるトンネルがあるのですが、距離が長いこと、結構車の速度も速くて危険なことで有名です。ということで、自分は旧道の峠越えを選択。距離も勾配も大したことは無いので、自分的には余裕でしたが峠を越える際には交通量は少ないとはいえ奥琵琶湖へ抜けるトンネルが。。。このトンネルでは内部のライトが点灯している位置が離れていることもあり、真っ暗でした。。。IMG_005220160507

幸運なことに車は一切走っていなかったので、安全に越えることができました。トンネルを抜けると奥琵琶湖の絶景が出迎えてくれます。竹生島も見えますし、何より少し高台から琵琶湖を眺めると、また湖東方面から見られる琵琶湖とは違いますね。

IMG_005620160507

ここからは、奥琵琶湖パークウェイと呼ばれる琵琶湖岸の道路を走りたかったのですが、逆側からの一方通行で走ることが叶わず。琵琶湖を離れて永原まで向かいます。その後は春は桜で有名な海津大崎まで琵琶湖岸を走りますが、湖北は水も綺麗ですし天気が良かったこともあり、湖岸でキャンプやバーベキューをする家族連れを多数見ることができました。あとお祭りも多かったですね。

IMG_007320160507

海津大崎に到着すると、結構な数のローディー、そして休日を利用してサイクリングしている多数の中高生や家族連れが。。ロードバイクだけではなく、クロスバイクやいつも乗り慣れた自転車で散策するのも楽しいでしょうね。

IMG_008520160507

そして今回走っていて思ったのが女性や女性グループで走っている人も相当多かったです。このように年代、性別問わず皆が思うがまま楽しんでいる姿はとても良いですね。関東では信号がやたらと多く、車のドライバーやロードバイクに乗っている人も何となく余裕がない気がします。その点、田舎というのもあるのでしょうが何となく走るのも気分も余裕があるというのでしょうか、お互いが譲り合いながらうまく走れる道や環境がある気がしました。。(個人的な感覚です。。)

IMG_009020160507

 

海津大崎〜琵琶湖大橋


海津大崎で暫く休憩し、いよいよ最北地点から南下開始です。ここまでは追い風の恩恵をフルに受けて走ってきましたが、一変今度は向かい風の中を走らなければなりません。出発してマキノを抜け、近江今津に入った所ぐらいから風がキツイ、キツイ。そんな中、ペダルを踏んで前に前に進みますが、琵琶湖から吹き付ける風は遮るものが無いのでとっても強烈でした。新旭の風車村、安曇川を超えて琵琶湖の中にそびえる鳥居で有名な白髭神社までは結構大変でした。

IMG_011020160507

神社の写真を撮って、今度は琵琶湖大橋まで一気に駆け抜けます。国道は交通量も多いので裏道を走るのですが風の強さは相変わらずでしたが、何とか道の駅米プラザに到着。ここでトイレ休憩の後、一気に琵琶湖大橋を超えて琵琶湖マイアミランドまで走りきって無事に北湖一周を完遂。

 

IMG_012820160507

今回で2回目のビワイチですが、初回と比べると結構余裕もあって走りきることができました。会陰部の痛みさえなければもっと楽しいライドだったと思いましたが、こればっかりはしょうがない。。南湖はまだ制覇していませんが、どこか機会のある時にでもチャレンジしてみたいと思います。距離こそトータルで170km走りましたが、ほとんど登りがないので多くの人にチャレンジしやすいコースですね。

IMG_013320160507

 

今回の走行ログはこちらから

関連記事

  1. 小山田周回ライド
  2. チーム練 – 写真撮影と小山田周回
  3. 東京桜巡りポタリング
  4. 三浦半島一周ロングライド
  5. 三浦半島一周ポタリング
  6. 相模湖周遊ロングライド
  7. 三浦半島1周ロングライド
  8. 横浜までポタリング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top Products

AQUADROP GLASS COAT PREMIUM

98.75

Buy NowRead Review

XeNTiS SQUAD 4.2 Tubular Carbon Silver Line, Standard / BLACK MATT

94

Buy NowRead Review

ギザ ナノ ブレーキライト ブレーキ連動リアライト

93.333333333333

Buy NowRead Review

BikND Helium Bike Case

90

Buy NowRead Review

UVEX sportstyle 104 vario

88

Buy NowRead Review

PAGE TOP