藤野+裏和田峠周遊ロングライド

昨日は藤野並びに裏和田峠方面へのロングライド。

2016-05-15-6-05-24

先週は3回飲み会があって、もう体のコンディションを保つのは結構無理と諦め気味。お酒の席でお酒を抑えるのは出来るけれど、出てくる美味しそうなおつまみや食事はコースだったりもするので、美味しく頂いてしまいます。そんな飲み上がりの中、日の出に近い朝4時半に出発。

IMG_001720160515

サドルを変えてから、どうも自転車が重い。特に坂では重力で後ろから引っ張られているような感覚とダンシングでの自転車の振りにくさが非常に気になります。(サドル自体はとっても良いです)

そんな中、平地主体で稲城までは普通に。その後尾根幹に入って少しの登りが入ると踏んでいるつもりがペースは遅い。そして脚の筋肉が辛そうで、前日の筋力トレーニングで相当ダメージを負っているような。。

高尾を超えて大垂水峠に入ると、そこそこのペースで登るも思ったよりも速くなかった。やはり感覚では頑張っていても実際はそうでもないという矛盾が起きているので、サドルのセッティングか筋トレの何れか、または両方が起因しているのかも。

IMG_001920160515

大垂水を超えて、少しコンビニ休憩。その後は藤野、上野原と甲州街道を進んで小菅村方面への分岐から鶴峠方面へ進みます。斜度はそれほどキツくない登りが続きますが、体感的にはいつもよりもギアを落として進む感じです。その後は鶴峠、甲武トンネルへの分かれ道より、和田峠方面へとUターン。ここからのアップダウンもそんな感じですが、10%を超えてくる斜度だとどうしてもダンシング頼みになってきているので脚はかなり疲弊している模様。

IMG_002220160515

裏和田峠に入って、キツイ勾配の坂を登って行くも脚は何とか持ったものの思うような走りでもなく、ただ登ったという感じ。これでは練習にならないなぁと感じて和田峠から陣馬街道へ下り、後は流して帰宅。平均速度だけ見ても過去最低なぐらいで相当ダメっぽかった。

IMG_002520160515

ここ1週間程、感覚と走りの差が大きいのが気になります。次の1週間は出張で自転車に乗れずなので良いリカバリーになることを期待。

今回の走行ログはこちらから

関連記事

  1. 憧れの阿蘇へ

  2. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦記 4 – オフを楽しむ

  3. 初上陸!石垣島と西表島

  4. 3泊4日で巡った島原半島・雲仙と天草の旅

  5. 和田峠+甲武トンネル周遊ロングライド

  6. 中房総ロングライド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。