2016 JBCF西日本ロードクラシック 広島大会 Day-2

7月2日、3日と広島県の広島中央森林公園で開催された、西日本ロードクラシックへ出場してきたので、レポートです。

【レース情報&形式】


大会  :第50回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会 Day-2
距離  :49.2km (12.3km×4 laps)
クラス :E2

【コース】


広島県中央森林公園サイクリングコース(12.3km周回コース)

2016-07-04-7-45-02

【リザルト】


順位     :15位/112名出走
Time       :1:18:07
平均速度:37.78 km/h
TOP差   : +00:07

走行データはこちら

【レースレポート】


20160704077

前日の落車もあって、肩と肘が痛いですが脚は至って問題もなく、出走をすることに。レースは午後1:25からとうことで、時間もあるのでホテルのチェックアウトはギリギリの11時。輪行バッグを預け、空港のコンビニで少しパンを買って会場に移動すると、J Pro Tourのレースで大落車事故が起きたようでレースが中断、まさに今から再開というところでした。

聞く話によると骨折など結構大きな事故だったと聞きました。さて、自分達のレースはJ Pro Tour側のレースの距離が短くなったこともあり、そのまま開催されることに。森林公園内の坂で適度にアップダウンを行い、前日と打って変わって1時間前近くから最前列に陣取りました。後ろからのスタートでも良いのですが、レース開始直後のダウンヒルひ入る際、後ろだと相当前に上るのに苦労するのと、やはり落車を避けたいという意向もあって最初から前にいてやり過ごす作戦です。

午後1時25分定刻どうりにレースが開始。作戦通り前方20番手以内でレースを進めることが出来ました。この辺だと前の動きもわかるし、何かあっても反応できるので良い位置です。レース自体は前日よりもペースが遅かったのですが、何故か前日よりも疲労度は高かった。。。

S字コーナーを無事に切り抜け、三段坂、展望台への坂も無難にこなして、2周回、3周回目へと突入。一度逃げを追ってハイペースで先頭で牽きましたが、それほど長い時間ではないのに前日よりもやっぱり疲れる感じ。。。

登りのセレクションで生き残り、最終周も無難に先頭集団で。この辺りまで来ると周りは前日とほぼ同様の顔ぶればかりです。三段坂まではまぁ普通に走って、そこから最後のセレクション。インナーギア+ダンシングが効果的で爆発的な加速はないですが、負荷もそれほどかからず前方に付いていけるので、自分の新たな武器になった感じがします。

三段坂後、展望台への勾配10%オーバーの坂で本当に最後のセレクション。ここも踏ん張って先頭16名の集団に生き残って、いよいよ最後のスプリントへ。

最終コーナーを回った時、アウターでしたがギアが少し重すぎて、軽くした瞬間に少し上手くいかず、若干の遅れ。後はスプリントの弱さを露呈して、最後は集団のほぼ最後尾でゴールで15位でした。

前日もあのまま行けば、良い順位だったのでポイントが勿体無いところもありますが、今回は無事に完走、そこそこの順位だったので、次につながるレースになりました。また来週のニセコに向けても良いシミュレーションになったかなと。

その後は飛行機の時間もあって、バタバタと準備して空港で一杯。空弁を頂きながら無事に帰宅しました。

20160704102

【総括】


前日と比較するとアップも十分でしたが、暑さのせいか自分で思っている以上に出力や速度は出てなかったようです。落車はしっかりと回避できたので良かったですが、改めてスプリント力の無さを思い知ることに。自分の脚質的にはやはりスプリント勝負だと分が悪すぎるので、そこに至るまでの過程で勝負を決めれる力が必要です。まぁまだまだということですね。。。

関連記事

  1. ツール・ド・北海道2014 第1ステージ

  2. 2017 JBCF 石川サイクルロードレース

  3. 2017 JBCFおおいた いこいの道クリテリウム

  4. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦記 1 – ピレネーでヒルクライム三昧

  5. 2015 浮城のまち行田クリテリウム 第4戦

  6. 2018 JCRCロードシリーズ第2戦 in 群馬CSC 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。