JBCF

2016 JBCFいわきクリテリウム

9月17日、18日は福島県いわき市で開催された、第22回 JBCF いわきクリテリウムに参戦してきたのでレポートです。

【レース情報&形式】


大会  :第22回 JBCF いわきクリテリウム
距離  :予選:24.45km (1.63km*15) | 決勝:42.38km (1.63km*26)
クラス :E2

※予選:30名勝ち上がり

【コース】


福島県いわき市常磐湯本町上浅貝110-3
21世紀の森公園(Lコース1.63km、最終周のみSコース1.23km)

2016-09-21-7-53-28

【予選リザルト】


順位  :8位(出走:34名、完走:27名)
Time       :24:32
平均速度:39.85km/h
TOP差  : 00:01

走行データはこちら

【決勝リザルト】


順位  :DNF (出走:27名、完走:14名)

走行データはこちら

【レースレポート(予選)】


9月16日(金)の業後に即帰宅して品川まで自走、特急いわきに乗車して現地には前日入りしました。

レース予選当日は、ライセンスコントロール、監督会議、試走等もあって早めに会場入り。当日入りした他のチームメイトと共にレースに備えて試走を兼ねたアップを実施。いわきクリテリウムは今年からJPTが参戦しないこと、かつ秩父宮杯と日程が重なったせいか参加者は少なめ。本来はE2予選も2組に分かれて、15名ずつの勝ち上がりが、人数が少なくて34名参加者全員でレースを実施し、30名勝ち上がりという方式に変更となりました。(来年の開催が怪しい気がしています。。。)

E3のレースでチームメイトが逃げをかまして、かなり盛り上がったのですが、最後は捕まってゴールスプリント、且つ予選敗退で敗者復活戦へと回る羽目に。そんな中、私ともう1人のチームメイトはE2へ参戦。人数が少ないこともあり、スタート前は和気藹々。レースは誰かが溢れて、DNFとなり30名が確定した時点で周回数が残っていても打ち切りとのことでスタート。

20160921217

最初は先頭付近の良い位置に付けることができたので、そのままの位置をキープして順調に周回をこなします。たまにふるい落としのペースアップが入るものの、特に問題なく、たまに先頭に出て牽くことも。

どうも後ろの方は早速と千切れた選手もいるらしく、それほどレース自体は長くならないだろうと予想。そのまま走っているとゴール地点でレースストップの合図。30名が確定してレースは15kmちょい走って終了となりました。走っていた位置もありますが、無事に予選を通過して翌日の決勝へと駒を進めることができました。

その後はE1に参加するチームメイトを応援。E1は10名が勝ち上がりなので、かなり厳しい戦いが予想されたのですが、チームメイトは終始余裕な感じで無事に予選通過で流石な走りでした。そして朝1番にまさかの予選敗退で敗者復活戦へ回ったメンバーの応援。一度は先頭から千切れかけたものの、最後はしっかりと集団でゴールして無事に予選通過を果たすことができ、チーム全員が予選通過となりました。

ちなみに自分の予選後に、いわき市の名物である白土屋菓子店の超特大シュークリームをゲットして、レース参戦選手と応援に駆けつけてくれたチームメイト全員で頂きました。甘くてとっても美味しかったです。

夜は地元に美味しい焼き鳥屋さんがあるとチームメイトが紹介してくれ、そちらでこれでもかというぐらい美味しい食事とお酒を頂きました。こちらも3日間焼いているという鶏皮、締めに食べた丼が美味しかったですね。

 

【レースレポート(決勝)】


レース決勝はE3の後、朝の10時前からスタート予定。ホテルを他メンバーよりも遅く出て会場入りしましたが、朝からの雨が結構降っていてすでにびしょ濡れ。

気温も低めでE3に参戦したメンバーに聞くと、スタート後、スタジアムに向かって下る際にある石畳っぽい区間が非常に滑りやすいとのことで、空気圧をかなり下げてレースに臨むことに。昨日のレースで余裕だったこと、雨も降っていたのでそれほどペースは上がらないだろうということで、アップも試走もほぼしていない状況でスタートを迎えます。

20160921220

2列目からスタートするも、前走者がクリートキャッチミスでいきなり詰まってほぼ最後尾に。そのまま坂を登りきって、スタジアムに向かう下りに入るといきなり後輪が少し滑ります。ハンドルをここで曲げると確実にコケそうな感覚もあって、かなり慎重に走るとすでに集団の一番最後。下りで速度が乗った後に前に移動するのはかなり消耗するのですが、しょうがないので先頭付近まで横から上がるも細い直角コーナー手前で減速、集団の後ろに再度付く形に。

この日は路面で滑ったこともあって、2周目以降もスタジアム前の下りで慎重になって遅れ、その後猛ダッシュで追いつくということを繰り返していました。そのうち前の集団が中切れを起こし、先頭集団まで後5mも無いという微妙な位置で単独的な走行となりました。ここで一度でも思いっきり漕いで追いついておけば問題なかったのでしょうが、この日はまぁペースは遅くなるだろうという事で、特に何もせずに走りカーブの度に追いつくも、その後のインターバルで離される、そして遂にタイヤがすべった地点で距離が空いてしまって千切れて単独走行に。暫くは微妙な距離を保っていたのですが、集団と1人では中々難しい。しかもこれまでに少し足を使っていたので、更に厳しく、前から落ちてきた数人をパスして走るもずっと単独TT 状態。そんな中、後ろから一人だけ私を抜かした選手がいたのですが、ここからはもう追いつけないだろうと思っていたら、なんと後から見るとその選手は単独で集団に追いついていました。すごい脚力です。。。。

自分はレースも半分ぐらいの20kmちょいを走った時点でDNF。自分の前は先頭集団しかいない状況でしたが、非常にやるせないレースになってしまいました。過去実業団レースでDNF(落車や機材トラブルを除く)になったのは、思えば2年前のいわきクリテリウム。何か縁が無い感じです。

cw_iwaki-1

今回はそもそも完走者が14名しかおらず、ポイントをゲットするにはもってこいだったのが更に悔やまれますが、しょうがないですね。。

その後はE1、Fに出場したチームメイトを応援。特にE1では集団ゴールのスプリントを奪ったシーンを目撃してテンションが上がりまくりでした。私を除く選手が皆良い成績だったのが何よりでした。

レースを終えて


 

他メンバーはいわきクリテリウムだけの参加ですが、自分は翌日の仙台クリテリウムへ参加するので自走でいわきから郡山まで移動。雨の中、峠越えもあって結構消耗してしまい、かつ時間も結構かかってしまいました。その後は新幹線で仙台へ移動、自転車を組み立ててホテルに移動してようやくとお風呂と洗濯でホッと一息。餃子の王将でたんまりと食事をして疲れている中で就寝です。

20160921214

※ 写真の一部はCyclowired様のものを利用させて頂いています。

ピックアップ記事

  1. Niseko Classic 2019
  2. 秋葉街道縦断ライド
  3. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  4. 3度目の秋葉街道縦断ライド
  5. さぁ、はじめよう

関連記事

  1. JBCF

    2015 JBCF いわきクリテリウム

    10月3日、4日と福島県いわき市で開催された、第21回 JBCF いわ…

  2. JBCF

    2018 JBCF 修善寺ロードレース Day-1

    JBCFの3戦目は第1回 JBCF 修善寺ロードレースへ。日本サイクル…

  3. JBCF

    2015 JBCF東日本ロードクラシック 南魚沼大会

    9月19日、20日と新潟県の南魚沼市で開催された、南魚沼タイムトライア…

  4. JBCF

    2018 JBCF那須ロードレース

    大会名称/リザルト大会名:第2回 JBCF 那須ロ…

  5. JBCF

    2018 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-2

    大会名称/リザルト大会名:第52回 JBCF 東日…

  6. JBCF

    2016 JBCF 群馬CSCロードレース Day-1

    群馬サイクルスポーツセンターにて4月23日から2日間開催された、JBC…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

最近の記事

  1. ツール・ド・おきなわ 2019
  2. 2019 JBCF 石川サイクルロードレース
  3. 2019 サロベツ100マイルロード大会
  4. Niseko Classic 2019
  5. 信州〜会津へ絶景ライド
PAGE TOP