レポート

第11回 セオサイクル・サイクルフェスティバル(セオフェス)

本日は千葉県の袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで開催されたセオサイクル・サイクルフェスティバル(通称セオフェス)の4時間エンデューロに参加。

大会名称/リザルト

大会名: 第11回セオサイクルサイクルフェスティバル
レースカテゴリ: エンデューロ
距離:
クラス: 4時間エンデューロ ソロ男子
コース: Course Map

袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ

Sodegaura-coursemap

コース長: 1周2,436km
コース幅員最大: 18m
コース幅員最小: 15m
コーナー数 :14
最大R: 220m
最小R :25m
最大斜度 :4.2%
メインスタンド直線 :400m

順位: 7位(99人出走)
Time: 4.03.19:969 (66周)
Top差:
平均速度: 39.64 km/h
 走行データ: Pioneer Cyclo Sphere

レースレポート

20161126009前日の忘年会でコース料理を頂き、ビールを沢山飲んで帰宅したのが23時。そこからレースに向けて少し自転車の整備をしていると、あっという間に深夜1時で睡眠時間がそれほど取れずに現地へ向かう羽目に。

まだアルコールが抜けきった感じがせず、頭が痛い。お腹は膨満感があるものの4時間もの長丁場なのでグラノーラやらパンやら1,500calぐらいを無理くり詰め込んだ。現地に到着したのが朝7時過ぎ、その後受付を済ませて準備をしていると、食べ過ぎのせいか軽量化のサインが。。。トイレは結構長蛇の列だったものの、取り急ぎの難は逃れることができたが。既に開会式が始まって皆が整列している状況。バタバタしながら、スポーツ羊羹、Mag-On ジェルなどの補給食をポケットに突っ込み、750ml×2本のボトルでレースに臨む。

20161126023

メーカーのブースが沢山あるのもセオフェスの特徴

レース開始は午前8時半で号砲が鳴るものの、準備ができておらずスタートはやり直し。結局1-2分程遅れて再スタート。最初の1周回はパレード走行ということで、まったりと。エンデューロはソロ、チームなどのカテゴリで2時間、4時間混在でスタートするので、誰が同じカテゴリなのかはゼッケンを見ないと分からない。

いざレースがスタートすると、最初は2時間、4時間のエンデューロが混在するので、集団はかなり大きな状態で進む。様々なレベルの方が一緒に走るので、用心して走らないと落車などが直ぐに発生するような感じ。特にコーナーでの膨らみ、速度の急減速、人によっては斜行など何回か声を出すこともしばしば。またサーキット場での落車もそこそこ見た気が・・・

今回の作戦は何もなく、どちらかというと「160kmを4時間で走れると良い練習になる」のでは的な感覚で参加。結果はあまり気にせず。

結構バタバタで走り始めたけれど、最初のうちこそ補給(水分、補給食含めて)していたものの、気温も低くそこまで必要ではない感じ。そのうち、2時間組を先に行かせて4時間組は後から走るような形になっており、最初は人も多かったサーキットも2時間を超えて半分以上がいなくなると大分と走りやすくなる。

20161126020

4時間エンデューロの入賞者

終始先頭集団の中で走り、たまに先頭に出て牽くこともあッたけど、今日の自分は絶不調。そもそも前日の忘年会の影響も出まくりで、体は重い、体調は微妙な感じだったので、極力は集団の中程で走ることに。一度アタックでかなり強度が上がって自分的に追い込まれて千切れかけましたが、これは前日の影響がもろに出た感じだなと。。

レースの方は淡々と進み、強い選手が強度を上げたりとアタック的な要素が無かった訳でも無いけど、何とかついて行けた感じ。いよいよ時間も4時間近くになってきて、スタート地点の時計を見ると後1周でフィニッシュになりそうな微妙な感じでレースが進む。最終ホームストレートに戻ってくる前には落車も発生。スプリントには参加する気が無いので、前を見送って淡々とゴール地点を超えると、実はスタート時間が遅れたせいでもう1周あるという事態に。。。

ラスト1周はスプリントが入って疲れていたという選手も多く、まったりペースで進む。最終コーナー前でまた落車があるものの、無事に回避してホームストレートへ。先ほど既にスプリントで疲弊している選手も多かったのと、そこまで強度的には高くなく、自分も前目にいたのでそこそこもがいてゴール。ソロの中では10番以内には入ってるだろうと思ってたけど結果は7位。最後右と左から上がってくる選手が目に入り、右にいた選手にはギリギリ抜かされたのは確認済みだったけど、入賞という明暗を分けるとは。。セオフェスの入賞商品は豪華なので、もう少し頑張れば良かったと後悔(笑)

ともあれ、前日の状況と今日のレースの位置づけ的を考えれば、結果オーライで良い練習になったかなと。以前もてぎの7時間のエンデューロに出たことがあるけれど、あれは長すぎなので4時間ぐらいが丁度良いと感じた。

20161126014

沢山試乗車に乗らせて頂きました

今回補給はほとんど摂らずに終わり、750mlのボトル2本積んだのに、1本全て飲まなかった。補給食もスポーツ羊羹を4個、mag-onジェル1個、ザバスのピットインゼリーを1本で終了で摂取カロリーは700calぐらい。冬でこの程度の距離、朝食をしっかり摂っていれば補給は最小限でも何とかなる気がした。

レース後は試乗コーナーでメーカーの試乗車を乗り比べしながらウォームダウン(笑)メーカーが違うと走りも違うので、興味深いがダウンに使うという術は今後も利用しよう。

 

関連記事

  1. 2017 Niseko Classic
  2. 2017 JBCF ⻄日本ロードクラシック 広島大会 Day-2…
  3. 2013 Mt.富士ヒルクライム(考察編)
  4. 第28回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
  5. 第26回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
  6. 2016 浮城のまち行田クリテリウム 第3戦 
  7. 2014年度結果と2015年度の予定
  8. 2016 JBCF 南魚沼ロード&タイムトライアル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top Products

AQUADROP GLASS COAT PREMIUM

98.75

Buy NowRead Review

XeNTiS SQUAD 4.2 Tubular Carbon Silver Line, Standard / BLACK MATT

94

Buy NowRead Review

ギザ ナノ ブレーキライト ブレーキ連動リアライト

93.333333333333

Buy NowRead Review

BikND Helium Bike Case

90

Buy NowRead Review

UVEX sportstyle 104 vario

88

Buy NowRead Review

PAGE TOP