レース・イベントの種類

どんなレースがあるの?

ロードレースと言っても様々な種類のレースが開催されています。ここでは日本で主に行われている、ホビーレースやイベントの種類に関して簡単に紹介したいと思います。実際にどのようなレース、イベントがあるのかを知っておきましょう。(すべての競技を紹介しているわけではありません。)

レース

ロードレース

皆さんもツール・ド・フランスの名前ぐらいは聞いたことがあると思いますが、特別に閉鎖又は交通規制した公道や、サーキット、自転車専用施設などを利用して主に開催されています。距離などはレースによって異なりますが、平地、山岳、下りなどの要素が含まれているコースが多く、プロ選手などは長いレースだと300km近くを走ります。競技方式は、参加選手全員が一斉にスタート(マスドスタート)し、予め決められたフィニッシュ線での着順で争う方法がほとんどです。ただ、複数日渡って開催されるレースの場合、全てのレースの総合計時間が一番少ない選手が総合優勝となるものなどがあります。ちなみに1日で開催、終了するとレースをワンデイレースと呼び、2日間以上で総合優勝を争うレースはステージレースと呼ばれます。日本の場合、ほぼワンデイレースで、ステージレース形式のレースはほとんどありません。

主なロードレース

  • ツール・ド・おきなわ(ワンデイレース)
  • ツール・ド・宮古島(ワンデイレース)
  • ニセコクラシック(ワンデイレース)
  • ツール・ド・北海道(ステージレース)
  • 2days race in 木祖村(ステージレース)

エンデューロ(耐久レース)

日本の場合、主には鈴鹿や茂木などのサーキットで開催されることが多いのですが、周回のできるコースで制限時間の間に走った距離(ゴール地点があるので、厳密には制限時間を超えた後は一番早くゴールした人が優勝)を競うレースです。大体90分ぐらいからスタートし、長いものだと7時間もあります。この際には補給や休憩は基本的に自由になっていますので、自分の状態に合わせて走ることが可能です。また、1人で走るソロ、複数人で交代しながら走るチームでの参加が一般的です。サーキットなどは比較的道幅も広く、閉鎖空間なので初めてレースに出る人にもうってつけです。

主なエンデューロ

  • もてぎ7時間エンデューロ
  • スズカ8時間エンデューロ
  • 富士チャレンジ 200

クリテリウム

閉鎖又は交通規制した公道や、サーキット、自転車専用施設などを利用して開催されますが、比較的短い周回コース(主には平坦)で開催され、参加選手全員が一斉にスタート(マスドスタート)し、予め決められたフィニッシュ線での着順で争われる場合がほとんどです。イメージとしては日本の競輪みたいな感じですね。他にも特定の周回毎にフィニッシュ線を超えた順番にポイントを付与し、最終的にポイント取得が一番多かった人が優勝するポイント形式のレースもあります。走っているコースにもよりますが、集団、かつ高速走行、体の接触も多いので、初心者は参加の前に十分な練習をしておく必要があります。

主なクリテリウム

  • 大磯クリテリウム
  • 行田クリテリウム
  • 東京クリテリウムチャレンジ

ヒルクライム

閉鎖又は交通規制した公道で登坂をメインとしたレースで日本は一番盛んかも知れません。ほとんどのレースが山の峠、とある位置をゴールとしてひたすら登る形式で開催されますが、実業団などのレースでは同時スタートで、フィニッシュ線の着順で争うケースがほとんどです。ただし、ホビーレースの場合は、自転車や足に付けた測定器を利用し、スタートラインからフィニッシュラインを超えた実タイム(ネット計測)で勝敗を争う場合がほとんどです。ほとんど自分自身との戦いなので、エンデューロと併せて初めてレースに出るにはうってつけだと思います。

主なヒルクライム

  • 乗鞍ヒルクライム
  • Mt.富士ヒルクライム
  • 赤城山ヒルクライム

 

イベント

ロングライド/センチュリーライド

交通規制されていない公道で決められたコースを通って制限時間内までにゴールを目指すイベントです。レースでは無いので、タイムや着順等を争うものではありませんし、公道を走るので交通ルールを守って走る必要があります。ロングライド、センチュリーライドは大体100kmぐらいの距離(それ以上の場合もあります)を走りますが、エイドステーションと呼ばれる、給水や補給を提供してくれる場所がコース上に幾つか設けられており、ここでは産地の品を頂けることも多く、走ることよりもエイドステーションで頂ける食事などの方がメインになっているケースも多いです。

主なロングライド/センチュリーライド

  • やんばるセンチュリーライド
  • ツール・ド・東北
  • スポニチ佐渡ロングライド210

グランフォンド

海外ではグランフォンドはアマチュアの為のロードレースも兼ねているケースがほとんどですが、日本の場合は主には山岳地帯を走るロングライド、センチュリーライドと思ってもらえれば良いかと。内容も特に変わりませんが、山岳地帯を走ることから登り、下りも多く制限時間内に完走する敷居はロングライドやセンチュリーライドよりも高いと言えそうです。

主なグランフォンド

  • グランフォンド軽井沢
  • グランフォンド八ヶ岳
  • 北アルプス山麓グランフォンド

ポタリング/グルメライド/その他

その他にも50km未満でゆっくりと景色を楽しんで走るポタリング、各地の美味しいレストランやベーカリー、カフェなどを回って楽しむグルメライド、チャリティーをメインとしたイベントなど様々なイベントが開催されています。

 

ブルベ

ブルベは、タイムや順位には拘らず、制限時間内での完走を認定するロングライド(200km以上がほとんど)のサイクリングイベントです。日本の場合はオダックス・クラブ・パリジャンからの委任によりオダックス・ジャパン(Audax Japan)が日本でのブルベを統括しています。参加者は事前に公表されているルートに従って走行し、指定されたチェックポイントを通過してゴールを目指すします。制限時間内にゴールできれば途中で休憩したり、宿泊したり、観光したり、寄り道をするのも自由ですが、それほど余力のある制限時間設定にはなっていないようです。またブルベへ参加するには予め規定された事項を遵守(ライトの数、反射ベスト等)する必要があり、日本全国で開催されています。

 

レースに申し込むには?

日本各地では上述したレース等が通年開催されています。一方でどのようなレースああるのか?申し込みはどうすればという疑問もありますね。通常各大会毎のホームページが毎年作られるケースがほとんどですが、申し込みは第三者機関を通すことが多いです。日本のレースはほとんど以下のサイトから申し込みが可能ですので、ぜひお気に入りにブックマークしておきましょう。

スポーツエントリー:このサイトで日本各地で開催されるほとんどのレースが網羅されています。
JTBスポーツステーション:一部のレースはこちらからの申し込みが必要です。
RUNNET:Mt.富士ヒルクライムなど一部のレースはこちらからの申し込みが必要です。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top Products

AQUADROP GLASS COAT PREMIUM

98.75

Buy NowRead Review

XeNTiS SQUAD 4.2 Tubular Carbon Silver Line, Standard / BLACK MATT

94

Buy NowRead Review

ギザ ナノ ブレーキライト ブレーキ連動リアライト

93.333333333333

Buy NowRead Review

BikND Helium Bike Case

90

Buy NowRead Review

UVEX sportstyle 104 vario

88

Buy NowRead Review

PAGE TOP