2016 浮城のまち行田クリテリウム 第2戦

毎年出場している行田クリテリウムの季節がやってきた。昨年度は第1戦が私用で出場できず。今年は4戦全てにエントリーしたので皆勤賞を目指したい。

大会名称/リザルト

大会名: 2016 浮城のまち行田クリテリウム 第2戦
レースカテゴリ: クリテリウム
距離: 21.6 km (2.7km*8周回)
クラス: 上級
コース:

古代蓮の里近辺の公道 / 1周2.7km

順位: 14位 (出走:54名)
Time: 33:02.740
Top差: +00:02.860
平均速度: 39.22 km/h
 走行データ: Pioneer Cyclo Sphere

レースレポート

天気予報では雨または雪になりそうな雰囲気だったが、何とか曇り空でレースを迎えることが出来た。ただし今日の気温はマイナス2度とかなり寒い中でのレースである。今日のテーマはずばり「逃げてみる」である。チームメイトと3周目または4周目ぐらいで飛び出して行けるところまで行こうと話をし、ゆるい雰囲気の中今日もレーススタート。

最初のローリング走行時に前から10番手ぐらいまで位置を上げておいたので、リアルスタート後も特に問題なくまずは快調にレースを運ぶ。狭い田んぼ区間でのインターバルもそれほどかからず、何より風が弱かったのもあり結構楽だった。

レースの方は2周回または3周回めで2名の逃げが発生。1名は程なく吸収するももう一人は結構長い間逃げていた。その間、今日のミッションを遂行すべく、一度バックストレートで緩やかにアタックしてチームメイトと二人で逃げてみるも、ぴったりと後ろにくっ付かれてるので、これは無理とそのままペースを落として田んぼ区間へ。直角コーナーを幾つかこなし、後ろを見ると、コーナーで少し後ろと距離が開いていたので、「もう一回」と踏んでいくも直ぐに後ろに付かれたので、集団に戻ることに。

その後、一度単独でホームストレート前から逃げている前の選手にブリッジをかけてみるものの、簡単には追いつけなかった。このまま踏んでも集団で追いつくだろうと思い、踏むのをやめて後ろの集団に吸収される。

後は集団の前目で位置をキープして流れでレースをこなした感じ。最終周は少し位置どりが後ろで20番手近くで田んぼ区間へ。そのままの順位で最後のホームストレートに入るも、前はすでにスプリントなので、追いつけるはずもなく結局腰も上げずに流してゴール。

今回のミッションである「逃げ」を実行することは出来たが結果的には逃げれなかった。練習レースの位置付けなので、順位に拘らずにもっと単独でもオールアウトするまで行くべきだった?気もする。幸いに次のレースは2週間後なので、今度は別のテーマを持ってまた走りたいと思う。

今日もレース後は四方吉うどんへ。美味しいうどんを食べた後は、雨に降られる前にと自走で帰宅を試みるも東京駅近辺でついに雨にふられてしまった。

今日も四方吉うどん

 

 

関連記事

  1. 2017 JBCF 石川サイクルロードレース

  2. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦記 2 – チームリレー

  3. 2014(第7回) JBCF 輪島ロードレース

  4. Mt.富士ヒルクライムのシュミレーション

  5. 2012 第9回Mt.富士ヒルクライム申し込み

  6. 2015 JBCF おおいたサイクルロードレース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。