レポート

2017 JBCF 宇都宮ロードレース

初戦となる宇都宮クリテリウムの翌日はジャパンカップのコースでも利用される鶴カントリークラブの登りを含むロードレースへ参加。

大会名称/リザルト

大会名: 第1回 JBCF 宇都宮ロードレース
レースカテゴリ: ロードレース
距離: 38.4km (6.4km × 6 Lap)
クラス: E1
コース: Course Map

順位: 95位(141人中)
Time: 59:35
Top差: 05:38
平均速度: 38.66km/h
 走行データ: Pioneer Cyclo Sphere

レースレポート

前日の クリテリウムに続き、大会2日目はジャパンカップでも過去コースとして組み込まれていた鶴CCの激坂を6回登る周回コースでのレース。

朝ホテルから現地まで自走し、コースを1周だけ試走。鶴CCの登りは最初短めの坂の後に平坦が少し、その後ガツンと登って一旦勾配が緩むものの、ゴール地点である峠の頂上まで残り100mから勾配16%近くの激坂である。試走でこの坂を登った際には、脚もそれほど重くなく何とかなるのでは?と思っていた。

今回のレースは昨日同様にE2が先陣を切ってスタート。チームメイトも終始先頭集団で周回をこなして最後の坂まで粘ったが、着には絡めなかったようで残念。その後は自分の出場するE1のレース。今回も良い位置でスタートすることが出来て集団前方でまずは走ることに成功。鶴CCへの登りがとにかくポイントになることは間違いなく、そこまでで千切れたらレース終了である。比較的速いペースでレースは進み、まずは最初の鶴CCへの登りへ。ここではダインシング等を織り交ぜながら、先頭集団で無事に頂上を越えることが出来てまずは一安心。

鶴CCから下って直ぐに左カーブとなるのだが、ここでのインターバルがキツイ。初っ端から中切れ気味だった前の選手を追い越して集団にブリッジし、ことなきをえた。その後は細かなアップダウンを含めてのコースであるが、特に問題もなく無事に1周目を終えることが出来た。

2周目も集団で展開してそのまま鶴CCへの登りへ。特に問題もなく登れていたつもりだったが、ダンシングを多用していると脚が重くてオールアウト気味に。そうなるといつも以上に脚が動かずに早々に集団から千切れる結果となってしまった。

その後集団の最後尾は見えてはいるものの、単独で追いつくには厳しいと判断して後ろから来る2名の選手とドッキング。ローテションしながら周回をこなしていく。3回目の登りでは足の筋肉が悲鳴をあげているが、なんとかクリア。その後前方に集団からこぼれた数名の選手が見えたので、追いつくべく追走。残り2周回になる時点では、無事に前の選手に追いついて7名前後のグルペットが完成。すでに勝負からは脱落しているため、次は足切りに合わないように全力でペダルを漕ぐ。そのおかげもあり、関門を無事に通過して最後の周へ突入。

6周回目の鶴CCの登りでは最後の力を振り絞ってなんとか完走を果たすことが出来たが、前日のクリテリウム以上に体が出来上がっていない(というよりは外食が重なってコンディショニング失敗)ことを実感。特に体重に関してはかなりヤバい。

今回も完走ポイントだけをゲットした形になったが、前日のレースも含めて個人的な課題も盛りだくさんの結果となった。次のレースは4月の群馬CSCでの2日間のレースの予定であるが、そこまでに体重を落として戦える身体にすべく心に誓うことに。

2日間を通して学びの多いレースだった。個人的には落車もなくまずは最低限のレースが出来たのではと思う。一方でE1でのレースがどのようなものかを肌身で知れたのが一番の収穫である。次に活かして一つでもレベルを上げれるよう次の1ヶ月を過ごしていきたい。

関連記事

  1. 第9回明治神宮外苑大学クリテリウム
  2. 「第26回ツール・ド・八ヶ岳」申し込み開始
  3. 2014年度結果と2015年度の予定
  4. 日本の蔵王ヒルクライム・エコ2013に参戦
  5. 2016 UCI Gran Fondo World Champi…
  6. 2014 – 第2回もてぎ7時間エンデューロ GW
  7. 全日本ヒルクライムシリーズ戦申込完了
  8. 春のしもふさクリテ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top Products

AQUADROP GLASS COAT PREMIUM

98.75

Buy NowRead Review

XeNTiS SQUAD 4.2 Tubular Carbon Silver Line, Standard / BLACK MATT

94

Buy NowRead Review

ギザ ナノ ブレーキライト ブレーキ連動リアライト

93.333333333333

Buy NowRead Review

BikND Helium Bike Case

90

Buy NowRead Review

UVEX sportstyle 104 vario

88

Buy NowRead Review

PAGE TOP