JBCF

2018 JBCF3day’s Road 熊野

大会名称/リザルト

大会名: 第10回 JBCF 3day’s Road 熊野
レースカテゴリ: ロードレース
距離: 6⽉1⽇(⾦) 新宮市⼤会/⾚⽊川清流コース – 65.2km (16.3㎞ × 4Lap)

6⽉2⽇(土) 熊野市⼤会/熊野⼭岳コース – 45.8km

6⽉3⽇(⽇) 太地町⼤会/太地半島周回コース – 42km (10.5㎞ × 4Lap)

クラス: Elite
コース: Course Map

⾚⽊川清流コース

熊野⼭岳コース

太地半島周回コース

順位: DNF
Time:
Top差:
平均速度:

レースレポート

ツール・ド・熊野はステージレース、且つ平日の金曜日から開催されることから働いている身としては中々辛い。そしてチーム戦でもあることから、最低3人以上のメンバーで出場する必要がある。今回は幸いにして自分を含めて5名のチームメイトが参戦表明をしたことから、初の参戦となった。

開催場所が和歌山県の新宮市ということで、移動に非常に時間がかかる。自身は木曜日仕事が終わってから実家に新幹線で移動し、予め送っていた自転車を組み立てて、実家の車で現地へと向かう。幸いにして朝の受付時間前までに到着し、早速と準備。

試走の時間になったので、今回のコースを1周回ったが、トンネルが2ヶ所あり、特に2つ目のトンネルには灯りがなくかなり暗かった。また片車線を利用することからトンネル内の中央にはフェンスやコーンが並べてあり、危険な雰囲気を感じる。KOMのある激坂は距離が短いので何とかなるかなという感じであるが、道の端には苔が生えているのでここも危険ポイントかなと。。

今回のレースは普段は別々に走っているエリートツアーの選手がMIXされた形でチーム構成されて走るレースだ。最大5名まで同一チームで走ることが出来て、完走した3名の着順がポイントや順位に影響する。3名以下に減ったチームはチームとしてのポイントは付かなくなるので要注意である。自身のチームはE1が中心で構成されて5名だったのだが、3日間の完走は固いと余裕を持って参戦。

初日のレースが始まり、パレード区間が終わるとペースアップでローテをしながら折り返 し地点を目指して走る。周りは前に上がって行く選手が多数いるものの、比較的前目に位置どりをして最初のトンネルへ。中央にフェンスがあることは事前に把握しており、前方とのマージンを取って無難に走るがちょっとしたブレーキなどが引き金となって、少し急ブレーキとなるような局面も目にした。

その後、2つ目のトンネルへと入るが、自身が左端を走ってそのままの位置をキープしていたのだが、歩道と車道の間にあるちょっとした側溝があったようでそこに落ちてしまい、その後車道に戻るに戻れずタイヤがスリップする形でまさかの落車。トンネル内の一番安全に走るべき所で自分が起因しての落車となり、かなりの人数を巻き込む結果に。この落車でバイクのホイールが割れ、リアディレイラー自体も外れてしまいまさかのDNFに。レースを走れなくなった事よりも、自身が起因して他の選手に迷惑を掛けてしまった事自体が腹立たしかった。

今回のレースはDNFになると翌日以降に走る権利が無いので実質3日間のレースがたったこれだけのことで終わってしまった。回収車で本部に戻り、レースを見守っているとその後も散発的に落車があったようで、怪我をして手当てを受けている選手も見受けられた。そして最終周ではかなり大きな落車が発生したと聞いたが、意識不明になるような重体な選手が2名もいたと後から聞いた。ある意味今回の落車で自身が他の選手に大きな怪我を与えることが無かったのは唯一の救いではあるが、自身の落車に巻き込まれて機材に影響したり、DNFになった選手もいたと思うので自身が覚えのあるチームの選手には謝罪して回った。レースなので落車は付き物なのだが、個人的にはしょうがないものとそうで無いものがあると思っている。今回のはしてはいけない落車。だからこそ、深く反省すべきだし、覚えている範囲ではあるが謝って回った。

こうして熊野のレースは3日間どころか1日で終わるという結果に。その後はホテルなど予約していたが、自転車もなくいてもしょうがないのでキャセル料を払って実家に帰り、そのまま関東へ戻ってきた。残りのメンバーには自分の分まで頑張って欲しかったが、翌日にはチームメイトが落車に巻き込まれてDNF。最終日はタイムアウトで降ろされてDNFになり5名いた選手の内、3名がDNFという結果でチームポイントすら得ることが出来なかった。ステージレースの難しさはあるだろうが、来年度は必ずリベンジしたい。

ピックアップ記事

  1. 宮崎最南端の都井岬へ御崎馬に会いに行く
  2. 2017 Spinneys Dubai 92 Cycle Challenge
  3. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  4. 2018 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  5. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2

関連記事

  1. JBCF

    2018 JBCF 石川サイクルロードレース

    先週末は福島県石川町で開催された石川サイクルロードレースへ参加したので…

  2. JBCF

    2018 JBCF 南魚沼ロードレース – Day 1

    JPTの下位5チームとJETの上位5チームによる2019年度のJPT…

  3. JBCF

    2018 JBCF おきなわロードレース Day-1

    2018年度のJBCF開幕戦は2月24日、25日に沖縄県で初開催となる…

  4. JBCF

    2017 JBCFやいた片岡ロードレース

    7月30日は前日のクリテリウムに続いて、栃木県矢板市の片岡駅前で開催さ…

  5. JBCF

    2016 JBCF西日本ロードクラシック 広島大会 Day-2

    7月2日、3日と広島県の広島中央森林公園で開催された、西日本ロードクラ…

  6. JBCF

    2016 JBCF 東日本ロードクラシック 南魚沼大会

    10月15日、16日と新潟県の南魚沼市で開催された、第2回 JBCF …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の記事

  1. ツール・ド・はなわ(LE TOUR DE HANAWA)
  2. 第 13 回 セオサイクル・サイクルフェスティバル(セオフェ…
  3. ツール・ド・おきなわ 2018
  4. 2018 JBCF しゅうなんクリテリウム
  5. 2018 JBCF 大星山ヒルクライム
PAGE TOP