Trip Ride

憧れの阿蘇へ

大分と前の話になるが、椿ヶ鼻ヒルクライムに参加する前日に、憧れであった阿蘇を巡ってきたので、その時のレポートを記載したいと思う。

7月27日に福岡入りしてそのままの足で大分県の日田市へ。1泊して翌日は熊本は阿蘇へ自転車ツーリングへと出かけた。

阿蘇山と言うと1つの山のようだが、実際には阿蘇五岳(高岳(1,592m)を最高峰に根子岳(1,433m)、中岳(1,506m)、烏帽子岳(1,337m)、杵島岳(1,321m)の連なった山々)と外輪山を合わせた呼称だ。阿蘇市のHPによると、外輪山は南北25km、東西18km、周囲128㎞もあり、世界最大級の火山とのこと。昔からテレビでも度々阿蘇山の噴火に関しては報じられてきたこともあり、馴染みの深い火山である。

いざ出発

車で日田市から1時間少しで阿蘇外輪山の大観峰(標高約900m)へ到着。まずは自身の足で大観峰 展望所と行ってみる。少し雲がかかっているものの、雄大な阿蘇の景色が飛び込んできた。まだ店も開いていないが、周りからは日本語以外の言葉が聞こえて来るが、一番多いのが中国人なのだろうか。ともかく皆記念撮影に夢中なようだ。少しばかり景色を堪能した後、駐車場で自転車を組み立てて、阿蘇山を中心として反時計回りにぐるりと一周するライドへと走り出す。今回のコースだが、大観峰を起点として反時計回りに走る。距離にして110km程度だが、獲得標高は2,000mを超える中々の山岳コースである。

今回のコース

話をライドに戻すと阿蘇外輪山には阿蘇スカイラインと呼ばれる尾根沿いに走る県道がある。まずはこの阿蘇スカイライン沿いを走り、カルデラ内部にある火口原へと向かう。このコースでは適度なアップダウンあり、至る所で阿蘇五岳を眺めることが出来るので飽きなく走ることが出来た。途中、まるで天空へと続く道があるかのような景観で有名になった”天空の道”への分岐があるのだが、残念ながら熊本の震災後は土豪で道が完全に塞がれて今は入れなくなっていた。(今後復旧の予定はない模様)

阿蘇スカイラインを快調に走り、途中でミルクロードへと入って火口原へと向かう。900mの標高があった外輪山から火口原は標高500mと約400m程の高低差があった。

火口へは行けず

次に火口原から目指したのが阿蘇中岳火口。”Ride with GPS”で予めルートを設定して走ったのだが、どうも道無き道を選んでいたようで、途中でゴルフ場の中の道へ迷い込んだり、結局行き止まりだったりと時間を浪費しながら、ようやくと火口方面へと向かう県道298号線へと入ることができた。

阿蘇中岳火口へと繋がる阿蘇山ロープウェイは標高が1,100m以上あるので約500mちょいのヒルクライム開始。最初こそ勾配の緩い区間が多く、周りにも阿蘇ファームランドや阿蘇みつばち牧場などもあったが、そこからいよいよ勾配も7%以上と本格的なヒルクライムが始まった。一方で森林に覆われていた区間から牧草地に入ることもあり景色は抜群。今度は阿蘇中岳への中腹から外輪山や火口原を眺めながら走る。

一旦ピークとなる場所を過ぎると少しダウンヒル。草千里展望所で少し立ち寄ってから阿蘇火山博物館のある場所がレストハウス的なものもあってそこでしばしの休憩。ここからは中岳から上がる噴煙も見えていよいよ火口が近づいてきたと心も高鳴った。

レストハウスから阿蘇山ロープウェイまではさほど時間もかからず到着。いよいよ火口へと自転車で向かうのだが、登っている途中で前から来る車が。。何と火山ガスの影響で今全員下りるよう避難命令が出たとのことで、今からは登れないとのことだった。せっかくだがこればかりはしょうがないので、折り返して白水方面へと向かうことに。

今度は標高1,000m以上の地点から一気に500mのダウンヒル。気持ちよく走って阿蘇五岳の南側を高森方面へと走る。

高森からは再度北上を開始するのだが、標高900m地点まで登る必要があってまたヒルクライム開始。阿蘇の南側は視界が開けているというよりは、木々も多いので景色的にはそれほどだが、道路は良いし、何よりいつも走ったことのない場所を走っている楽しさが補ってくれた。その後は再度火口原へ下り、外輪山へまたクライムして無事に阿蘇山1周を達成。距離こそ110kmちょいだが、獲得標高は2,000mを超える中々走りごたえのあるコースだった。

ピックアップ記事

  1. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…
  2. 2018 ツール・ド・ビンタン参戦記 2/2
  3. ゴールデンウィークに東北を巡る旅@秋田&青森
  4. さぁ、はじめよう
  5. 2017 UCI Gran Fondo World Championship参戦…

関連記事

  1. Trip Ride

    Bicycle Ride 2015 in TOKYO

    本日は都内で開催された、バイシクルライド2015 in 東京へ参加して…

  2. Trip Ride

    国東半島1周ロングライド

    昨日は"JBCF おおいたサイクルロードレース"へ参加しました。E1や…

  3. Trip Ride

    中房総ロングライド

    12月25日の今日はまたまた房総半島へロングライドへ出かけることに。一…

  4. Trip Ride

    小川郷からプチヒルクライム

    先週土曜日の話になりますが、JBCFいわきクリテリウムの予選後に小川郷…

  5. Trip Ride

    山梨までロングライド

    本日は、尾根幹、牧馬峠、雛鶴峠、二十曲峠、山中湖、道志みちを回る230…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

最近の記事

  1. ツール・ド・はなわ(LE TOUR DE HANAWA)
  2. 第 13 回 セオサイクル・サイクルフェスティバル(セオフェ…
  3. ツール・ド・おきなわ 2018
  4. 2018 JBCF しゅうなんクリテリウム
  5. 2018 JBCF 大星山ヒルクライム
PAGE TOP