2019 JBCF 那須塩原クリテリウム

6月8日は栃木県で開催された那須塩原クリテリウムへ参加。

大会名称/リザルト

大会名: 第3回 JBCF 那須塩原クリテリウム
レースカテゴリ: クリテリウム
距離: 42km(2.1km×20周)
クラス: E1
順位: 37
Time: 1:02:07
Top差: 00:06
平均速度: 40.56km/h

レースレポート

前日の金曜日に輪行で那須塩原入りし、会場近くのホテルに宿泊。朝から受付を済ませて朝食、試走を行ってレースに備える。

毎年那須塩原クリテリウム並びに一緒に行われるレースは梅雨時という時もあって天候に恵まれないケースも多い。今年も天気予報は小雨予想だったが、ポツポツと雨が降るなかでレースが開催された。

E1のレースで去年は逃げが出来てラップされるのでは?というぐらいメイン集団とも差が出たが、今年はコースレイアウトが変わったこともありどうなるのか。。。

クリテリウムということもあり、位置どりでスタート時点ではかなり前の方。レーススタート後からヘアピンカーブに突入するのだが、その後の長い直線でのインターバルが辛い。加速してしまえば問題ないが、増えた体重のせいで初速が遅くて、毎回ヘアピンカーブの度に遅れる始末。今回のコースレイアウトでは1周回で3回のヘアピンをこなさないといけないのでかなり辛かった。

レース自体は動かせるほどの脚は無くて前方の集団にて淡々と。数回先頭に出たこともあったが、心肺の方が全然ついてこない。太るということはこれだけ辛いのかと再確認、再自覚した瞬間だった。

一度中切れしてしまい、怒られながらも先頭集団でレースを進める。最終周回では前目に位置したかったが、思うことは皆同じで速度も上がって思うような場所で最終カーブを超えてゴールに向かうことは出来なかった。

それでも無事にゴールで何とかDNFにならずには済んだので最低限の結果かなと。話を聞くとそれなりに落車もあったようで、巻き込まれずに良かった。

その後はE3のレースまで時間があるので、屋台やらで美味しい食べ物を物色。ホテルも近かったので、シャワーを浴びて洗濯などもこの時間帯に出来たのが幸いだった。

駅前のマルシェでは美味しいイタリアンが頂けました。

E3のレースではチームメイトが素晴らしいファイトを見せてくれて応援の方も熱が入った。結果は残念だったが、その過程が素晴らしかったので見習いたい。

関連記事

  1. 2018 JBCF大井埠頭ロードレース

  2. ツール・ド・北海道2013 – 市民A 第2ステージ

  3. ツール・ド・宮古島2016参戦記

  4. 2016 JBCF西日本ロードクラシック 広島大会 Day-2

  5. 2014 – 第2回もてぎ7時間エンデューロ GW

  6. 乗鞍ヒルクライムはDNS

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。