第4回スズカウインターエンデューロ

大会名称/リザルト
大会名:第4回スズカウインターエンデューロ
レースカテゴリ: エンデューロ
クラス: ソロ3時間
順位: 4位
Time: 3:04:36.989 (21周)
Top差: 1:17.507
平均速度: 39.63 km/h

令和2年のスタートは鈴鹿サーキットで開催された、「第4回スズカウインターエンデューロ」。

レース開始時間が午後からというのもあって、実家をゆっくりと出発し、昼前に鈴鹿市に到着。その後は昼食を食べて会場に到着。着替えて少しだけアップ用のコースを走ってスタート地点へと並ぶ。

3時間のエンデューロが始まり、最初の周はほぼパレード走行。初めて走るコースなので、どのような場所がポイントになるかを気にしながら走るのだが、登り、下りはあるもののそれほどキツイところはなく、これまで走ったことのある茂木サーキットや富士スピードウェイよりは走りやすそうと言うのが率直な感想。

レースはマトリックスの選手が入り乱れてペースを上げたりするものの、大きく集団が割れるようなこともなく周回を重ねる展開に。自分自身もそれ程万全な体調ではないので、集団中程〜たまに先頭近辺を走るような感じで。それにしても風が結構強く、ホームストレートではかなりの向かい風で中々辛い。ラップタイムは大体8分20〜40秒ぐらいかな。個人的には風の影響が強かったので、タイムにも影響していると感じていた。

レースに動きがあったのが、9周目ぐらい。ホームストレートで右手から今回優勝した選手がペースを上げる。暫く誰も追わなかったので、自分もそのまま集団にいたのが失敗で、その後のブリッジで7名程度が飛び出す。自分も追いかけて登りのシケイン後に何とか行けそうだったが、正月で増加した体重のおかげで、追いつけず。。。そのまま1人単独で追うも強風のため、一旦集団に下がることを選択した。

結果、これが判断ミスで集団の速度も上がらずに毎週回10秒程度ずつ先頭からタイムを離される。「回して行こう」と声がかかり、ペースが上がることもあるが、結局は誰かがペースダウン、または先頭交代できないと言う集団あるあるで失速していく。

個人的にはペースが緩いので、たまに1名で先行しそのままペースを維持。その後集団に追いつかれることを暫く繰り返しながら、遂に他2名と抜け出し成功。この3名、途中からマトリックスの選手も入ってからは良いペースで周回を重ねることができて、後ろの集団とも少しタイム差を広げることに成功。とはいえ、前の先頭集団に追い付くにはほぼ絶望的な1分差が付いていたので、このまま3名で最後まで行くことに。

途中で1名がいなくなり、別の1名が入ってきた。同じカテゴリなのかよくわからないが、そのまま最終回へ。色々と集団も入り乱れる中、飛び出しが早くて同じカテゴリの選手に先行される。

最後のスプリント前に追いついたが、ゴール前で少し離されて3時間無事に走り終える。7名程度先行している選手がいることも知っていたので、入賞はしていないと思い、帰宅の準備を終えて貼り出されたリザルトの用紙を見ると4位だった。。スプリント頑張ってれば3位になれたかもだが、まぁ自分らしい順位だろうし、冬のトレーニングレースとしてはまぁまぁの結果だった。

最後は日が暮れた会場で賞状と粗品を受け取って鈴鹿サーキットを後にした。

関連記事

  1. 2015 JBCF いわきクリテリウム

  2. 2014(第13回) JBCF 石川サイクルロードレース

  3. 第7回サイクリング・フェスティバルあさま 車坂峠ヒルクライム大会

  4. ツール・ド・北海道2013 – 出発編

  5. 「第26回ツール・ド・八ヶ岳」申し込み開始

  6. ツール・ド・北海道2014 第3ステージ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。