絶景の日本海パークライン

絶景の日本海パークライン

山形の旅、今回は鶴岡市を拠点に一路南へと向かいます。国道345号線は内陸部を暫く走り、新潟県の村上市へと続いていますが、山間部のアップダウン、里山な風景など日本の風景が広がっている感じ。

途中で県道に入り、天蓋山へと続く上り道を進み、村上市へと辿り着いたら折り返し地点。帰路は日本海沿いの日本海パークラインと呼ばれる国道345号戦、7号線を北上します。笹川流しと呼ばれる日本海の荒波が作り出した造形的な海岸を眺め、道の駅で「日本海アイスクリーム」を食して今回のライドは無事完了。

海沿いの道は潮風含めて気持ちが良いですね。

コース紹介

コース

走行記録

走行距離172.40km
獲得標高1,644m
平均速度27.3km/h
経過時間08:32:26
ルートのダウンロード
難易度
4/5
走行距離
4/5
ヒルクライム
4/5

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

コース上の見どころ

日本海パークライン

日本海パークラインからの眺め

日本海パークラインは、新潟県村上市から山形県鶴岡市までの2市を結ぶ国道345号線の名称で日本風景街道のひとつ。日本海沿いに続く道路からは景色の良い風景が広がり、ドライブ、ツーリング、サイクリングそれぞれに楽しむことができる。

主要国道でもあるので、交通量が多いのでくれぐれも事故には注意したい。

日本海ソフトクリーム

道の駅としては規模はそれほど多くは無いものの、日本海パークライン沿いでは貴重な休憩箇所になります。ここでしか食べられない「日本海ソフトクリーム」はカラフルな色が特徴的。

日本海の荒波が作り上げた造形美である”笹川流れ”を見ながら楽しみましょう。

道の駅 笹川流れ夕日会館より引用

道の駅 笹川流れ夕日会館は、日本海の「夕日」をテーマに、村上市山北地区の観光拠点施設として、平成5年にオープンした施設です。また、JR羽越本線桑川駅に隣接し、週末などに運行される観光列車「海里」が停車する駅となっています。

クラゲドリーム館

加茂水族館は庄内浜の 生き物や浜文化を伝えるべく、工夫を凝らし、新たな「クラゲドリーム館」としてオープン。クラゲをはじめ、様々な個性溢れる生き物達を見ることができます。メインはもちろんクラゲですが、他にも庄内の淡水魚・海水魚を展示していたり、アザラシプールがあったりイベント含めて楽しめます。レストランやショップも併設しているので食事やお土産もバッチリです。

  • 開館時間:09:00〜17:00
  • 休館日:年中無休
  • 所在地:山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

関連記事

  1. 丹後半島ロングライド

  2. 2017「日本のチロル」下栗の里と秋葉街道

  3. 三陸グルメと温泉でまったり

  4. 2020年、夏 – 庄内〜出羽三山を巡る旅

  5. 2020 夏の北海道スペシャル Part 2 – 阿寒摩周国立公園

  6. 柿の葉寿司を食べに吉野まで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA