大正ロマン〜銀山温泉を巡るライド

大正ロマン〜銀山温泉を巡るライド

8月の連休に仙台まで輪行してライドにやってきました。初日の天気は雨模様。早速仙台市を抜けて目指すは山形の銀山温泉。

市内の交通量は仙台は大都市なだけあって結構なもの。国道347号線に入り、宮城県と山形県境の鍋越峠を目指して緩いヒルクライム。トンネルを抜けると山形県は尾花沢市に入り、そこからは自然豊かな道を一路銀山温泉へ。

銀山温泉は思ったよりも、小ぢんまりしていたけれど、やっぱり写真で見た風景が広がっているとテンションが上がります。大正ロマン溢れる建物など何故か古き良き日本という感じがとてもするのは自分だけだろうか。銀山温泉では名物のカリーパンや団子を頂いて、今度は山形県を南下。天童市を抜けて宮城には知らずに二口林道を通るコースだった模様。

距離もそこそこあったけれど、雨に打たれて標高1,000mは少し寒かった。路面も舗装されているとはいえ、そこまで良くもなかった。

仙台に戻ってからの晩御飯は久しぶりにピザ。ジャンキーな食事はたまに食べると最高に美味しい!翌日の三陸ライドに向けてこの日は就寝。

コース紹介

コース

走行記録

走行距離196.46km
獲得標高2,138m
平均速度26.8km/h
経過時間09:58:56
ルートのダウンロード
難易度
4.5/5
走行距離
4/5
ヒルクライム
5/5

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

コース上の見どころ

銀山温泉

銀山温泉といえば「大正ロマン」の雰囲気が未だに残る、日本でも有数の温泉地である。特に冬の銀山温泉は多くの写真家が訪れるぐらい、情緒ある姿を見せてくれ、自分はここにいつかは行ってみたいと思っていました。

今回、縁あって自転車で銀山温泉へ行くことが出来たのはとってもラッキー。天気だけが残念ながら雨でしたが、それはそれで歴史ある温泉街の姿もまた良かったです。

銀山温泉は江戸時代初期の大銀山として栄えた「延沢銀山」の名称に由来しています。大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べ、昔ながらの独特な景観を味わうことができるのが一番の特徴。温泉街から延びている散策コースを回ってみるのも良いでしょう。

鷹島汽船

二口峠越え

仙台市太白区秋保町と山形市山寺を結ぶ林道「二口線」(二口林道、約19kmキ)は、奥羽山脈越えのルートで、平均勾配が7.1%、約700mのヒルクライムだが、最高地点は標高934mなので奥羽山脈越えとはいえ、そこそこ登る羽目に。

この二口線は、蔵王国定公園や宮城県立自然公園二口渓谷を貫いています。ただし景観そのものはあまり良くはなかったというのが正直な感想。沿道には二口番所跡や奇岩「磐司岩」などがあり、山形側の起点は立石寺(山寺)であったが、舗装されているとはいえ、雨の場合は結構スリッピー。九十九折れもあるので、通行には十分に注意する必要があります。

Restaurant, Cafe, Meals

はいからさんのカリーパン

銀山温泉街の中でも南奥の方に位置する「はいからさん通り」にあるお店。こちらでは名前の通りカリーパンが売りなのですが、くぢら餅、ずんだん餅、ごまかりんとうなども販売しており、店内でコーヒーなども頂くことが出来ます。

散策の小休止に少し立ち寄ると良いかも知れません。

PIZZA&CAFE BIRD

ボリュームたっぷりのピザ、パスタ、そしてサイドディッシュなどお腹も大満足なお店です。ランチやディナーでの利用も出来ますが、今回はテイクアウトしてホテルでピザとナゲット、ポテトを頂きました。

住所
〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺2−1−1 サンシャイン菊平ビル1F−4
営業時間

◇ランチ◇
<月曜~金曜>11:30~14:00(L.o13:45)
<土曜・日曜・祝日>11:30~15:00(L.o14:30)

◆ディナー◆
<日曜~木曜>17:00~23:00(L.o22:00(F) 22:30(D))
<金曜・土曜・祝日>17:00~24:00(L.o23:00(F) 23:30(D))

※定休日 月曜日(月曜祝日の際は火曜休み)

Accommodation

ANA ホリデイ・イン 仙台

ANAホリデイ・イン仙台は仙台駅からは少し距離がある場所にありますが、仙台における観光やビジネスの拠点として利用するにはお勧めです。

IHGグループの中でも、ホリデイ・イン系列のホテルは少なく、特にリーズナブルに宿泊できる点も見逃せません。朝食はコロナウイルスの影響もあって、ビュッフェスタイルではなくてプレートとして洋食、和食から選択する形でした。自分の好みに合った方をチョイスしましょう。部屋も清潔で良いですね。

関連記事

  1. 2020年、夏 – 庄内〜出羽三山を巡る旅

  2. 都井岬の「御崎馬」を訪ねて

  3. 1泊2日絶景の信越横断の旅(千曲川〜魚沼〜只見〜福島)

  4. 2020 夏の北海道スペシャル Part 4 – 大雪山国立公園

  5. 霧島連山をぐるっと周遊

  6. 紅葉の季節に訪れたい『八甲田と奥入瀬渓谷​』

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA