紅葉の季節に訪れたい『八甲田と奥入瀬渓谷​』

東北の秋を欲張って楽しむ

東北の秋は関東と比較するとかなり早い。当然紅葉の時期も早くなるのだが、秋の東北は山々の紅葉はもちろん、奥入瀬渓谷をはじめとした景勝地を巡るにはとても良い季節である。当然秋の味覚も十分に楽しめるという欲張りなライダーには満足度の高い場所だ。

今回のライドは、秋田県の大館市を拠点として弘前、青森、八甲田、奥入瀬渓谷、十和田湖と東北の中でも特に訪れたい場所を中心にライドしたので紹介したい。距離、獲得標高ともに満足度の高いライドだが、秋の季節は夕暮れも早いのでなるべく朝早く出て日が暮れる前に帰ってこれる準備するのが良いだろう。

コース紹介​

コース

走行記録

走行距離210.00km
獲得標高2,222m
平均速度28.2km/h
経過時間9:50:55
ルートのダウンロード
難易度
5/5
走行距離
5/5
ヒルクライム
5/5

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

コース上の見どころ

岩木山

弘前と岩木山

青森県の中でも弘前、岩木山は観光地としても有名だ。岩木山はその姿から津軽富士とも呼ばれているが、岩木山スカイラインではヒルクライム大会が開かれるなど、ライダーにとっても走り甲斐のあるコースがあるので、是非登ってみたい。

弘前市は弘前城を始めとして津軽藩の城下町としての歴史を今も残した街並み、文化が魅力的な場所。岩木山と一緒にグルメ含めて楽しみたい。

八甲田

八甲田連峰自体も有名だが特に紅葉の季節は美しい。車でのドライブはもちろんのこと、ロードバイクでのライドでもヒルクライム、ワインディングロードと走り甲斐がとてもある。道中には展望台、レストハウス、八甲田ロープウェイなど立ち寄れる場所も多く休憩しながら1日かけて満喫するのが良いだろう。

紅葉の八甲田
奥入瀬渓流

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流は十和田湖・子ノ口から焼山までの約14kmにおよぶ渓流だが、紅葉の季節は通常はマイカー規制があるほど大人気な場所である。今年はコロナウイルスの影響もあり、マイカーでの走行が許可されていたが程よいアップダウンで美しい渓流、所々にある滝など紅葉と渓流のコラボレーションが楽しめる。自転車で走るだけでなく、少し小休止して渓流沿いを歩いて散策するのがお勧め。

十和田湖

十和田湖は火山活動によってできたカルデラ湖だが、自転車で訪れるには青森、秋田共に山を越えて辿り着く必要がある。四季毎に美しい風景を湖の様々な場所から楽しむことが出来るが、発荷峠展望台から眺めた夕暮れ時の十和田湖(写真)は本当に奇麗だった。

夕暮れ時の十和田湖

関連記事

  1. 大自然の南阿蘇と神話の里高千穂を巡る

  2. 危険度MAX? 冠山峠と林道ライド

  3. 角館武家屋敷も楽しんだ100 mileライド

  4. 熊本市を起点に鯛生金山まで

  5. Extream 伊豆一

  6. ツール・ド・佐伯のコースをトレースして満喫

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA