安芸・室戸ライド

先週末は愛媛を主に走ったので、今回は高知に初上陸。既に足摺岬には行ったので、今度は室戸岬や仁淀方面を目的として走ってきました。

コース紹介

今回の宿泊地は高知市内なので、ここから室戸岬を目指して走ります。単純な室戸岬往復ではつまらないので、内陸部を抜けて半島をぐるっと周遊できるコースにしてみました。

室戸岬ライド

コース

走行距離、獲得標高、山岳勾配やコースなどによって著者の判断で決定。

距離の目安

  • 星1: >50km
  • 星2: 51-100km
  • 星3: 101-150km
  • 星4: 151-200km
  • 星5: 201km<

獲得標高の目安

  • 星1: >500m
  • 星2: 501-1,000m
  • 星3: 1,001-1,500m
  • 星4: 1,501-2,000m
  • 星5: 2,001m<

走行記録

走行距離178.41km
獲得標高 733m
平均速度28.6km/h
経過時間7:32:57
ルートのダウンロード
難易度
3/5
走行距離
4/5
ヒルクライム
2/5

旅の記録

土佐湾の日の出

朝は6時前に高知市内のホテルを出発して一路東へと向かいます。国道を走っていると比較的楽なんですが、今回は海沿いのサイクリングロードも走ることに。丁度日の出のタイミングで会ったこともあり、綺麗な朝日を拝むことができました。

程なくして野球のキャンプでも有名な安芸市へ到着。ここからは少し南下して奈半利まで走り、国道493号線を走って半島の反対側にある野根を目指します。

 

国道493で野根を目指す
室戸岬への道のり

国道493号線は四郎ヶ野峠まで緩やかな上り基調の道が続きますが、斜度はそれほどでも無いので、ヒルクライムという感じでは無いです。峠を越えると一気に野根までダウンヒルで壮大な太平洋が出迎えてくれます。

野根から室戸岬までは海沿いの景観を楽しみながら、30km越の海沿いライド。途中で奇岩を含めた景観なども楽しめますが、基本的にコンビニなどの店もなく、淡々と南下します。この辺りは鉄道も通っていないので、車やバイク、自転車でしか行けない場所でもあります。

鹿岡の夫婦岩
室戸岬

室戸岬は、太平洋に大きく突き出し、紀伊水道と土佐湾を分けており、サーフィンをする人にとっては有名な場所でもあります。室戸岬灯台は岬の先端ではなく、少し登った高台にありますが、今回は訪れることなく。。ちなみに岬近くには数軒お土産屋さんなどはありますが、それほど店舗などは多くもなかったです。

室戸岬を越えると今度は土佐湾沿いに北上して、再び奈半利町方面を目指しますが、途中には「吉良川の町並み」などちょっとした見どころもありました。

奈半利町を越えれば、来た道を戻るだけなので、国道を通ってそのまま高知市まで戻りました。

吉良川の町並み

コース上の見どころ

ひろめ市場
所在地:〒780-0841 高知市帯屋町二丁目3-1
営業時間: 10:00~23:00
HP: 公式HP

ひろめ市場では、高知の特産物や名産品などの買物はもちろんのこと、多くの飲食店が入っているので、昼夜問わず賑わっています。特に夜には老若男女が集まって見知らぬ人同士でも気軽に食事やお酒を楽しんでいるし、何より活気があってとても楽しいです。高知にきた際には是非訪れたい場所です。

吉良川の町並み
所在地: 〒781-6832 高知県室戸市吉良川町甲2200-1
HP:高知旅ネット

室戸市にある吉良川の町並みは、こじんまりとしているものの、土佐漆喰を使った白壁と、水切り瓦が特徴の町並みを見ることができます。

室戸岬
所在地:〒781-7101  高知県室戸市室戸岬町
HP: 室戸市HP

室戸阿南海岸国立公園にある景勝地でもあり、太平洋に突き出した岬は四国の東南端です。鉄道などは無いので、マイカーやバスなどアクセスは少し悪いのですが、その分中々行ける場所でも無いので、是非機会があれば訪れたい場所でもあります。

Accommodation

リッチモンドホテル高知

高知市の中心街、帯屋町アーケードににあるホテル。過去には顧客満足度が一番高かったので接客、ホテルの内装やベッドなどはとても良いと感じます。これまでも様々な場所で利用させてもらっていますが、高知でも十分な接客、待遇を受けれて満足でした。

リッチモンドホテル高知
所在地:〒780-0841 高知県高知市帯屋町1丁目9-4
TEL: 088(820)1122
HP:公式HP

関連記事

  1. 2022 GWスペシャル Vol.6 – 釧勝周遊ライド

  2. 都井岬の「御崎馬」を訪ねて

  3. 江田島ぐるっと周遊ライド

  4. 男鹿半島再び

  5. 播担周遊ライド

  6. The PEAKSラウンド9 鳥取大山 – 『ド変態増し』

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA